車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

読んで安心!車を売却する流れと必要な書類【保存版】

最新情報・レポート

読んで安心!車を売却する流れと必要な書類【保存版】

読んで安心!車を売却する流れと必要な書類【保存版】

 

車の売却は買い取ってくれる業者によって金額も差が大きく出てしまったりするため、どのようにするとより愛車を高価に買い取ってもらえるか気になるところです。 また、よほどの車好きでなければ慣れているほど車を買い替えた経験のある方も少なく、そもそも「何から始めたらいいのかがわからない」という方も多いのではないでしょうか。ここでは車を売却する流れから必要な手続き、高値で売るためのポイントなども紹介いたします。今後愛車を売却する予定のある方はぜひ参考にしてみてください。





車を売却する流れ

車を売却するにあたって、まず売却後はどんな車を所有するのか、という点をしっかり決めておく必要があります。それによって売却方法の検討の仕方が変わってくるので、具体的に決めておきましょう。


①売却後、車を所有しない

この場合は非常にシンプルで、単純に今手元にある愛車を高値で買ってくれる業者を探すだけでOKです。


②売却後、新車を購入する

新車を検討している方の多くが新しく購入予定の車のディーラーに下取りをしてもらっているようです。しかし、売却にかかる手間は少ない一方で買取りの金額は安く、満足する方は少ないようです。そのため最近では下取りしてもらわず、ご自身で買取業者を探して売却する方も増えてきています。


③売却後、中古車を購入する

こちらもまずはどの業者でどんな車を購入するかを決めておきます。その後は②と同じように中古車を購入する業者に下取りをしてもらうか、ご自身で買取業者を探して売却するかのどちらかになります。売却予定の車と購入予定の車がどちらもスポーツカー、といった場合などは、購入する業者選びの際にご自身の車の買取りにも力を入れてくれそうな業者を選ぶのも良いかもしれません。


④売却後、知人などから車を譲り受ける

この場合の売却は①と同じように、とにかく高く買ってくれる業者を探すことだけを考えればOKです。譲り受ける予定の車については名義変更をする必要があります。ご自身での名義変更ももちろん可能ですが、ご自身で用意する書類の他に前の所有者に用意してもらう書類や、その他申請書や駐車場に関する書類や地図の準備など大変な作業となります。もしご不安であれば、名義変更をしてくれる業者もあるので調べてみましょう。


このように、車を購入する場合はその業者での下取りも売却方法の手段のひとつになります。あまり買取りの金額を気にしないようであれば、手間の少ない下取りをお願いするのも良い方法です。


ローン支払い中の車は売却できる?

多くの場合はローン支払い中であっても売却可能です。買取価格をローンの残債に充ててしまうからです。もし残債よりも売却額が少なかった場合は不足分を現金で買取り業者に支払うケースが一般的なようです。業者によっては不足分をローンで支払うことができる場合もあります。


車を売却する4つの手段

車を売却する4つの手段

 

売却する方法には4つの手段があります。具体的にひとつずつ見ていきましょう。


①ディーラーで下取りしてもらう

先ほども紹介したように、売却後に車を購入する予定のある場合はこの下取りが一般的です。


②買取業者に依頼する

より高値で買い取ってもらいたい!という場合にはとにかくこの買取業者を上手く活用するに限ります。業者を選定する手間はもちろんありますが、次の車の購入資金に充てたい場合などには非常に役に立つ方法です。


③オークション代行

これは代行業者に依頼してオートオークションで車を売却してもらう方法です。一般人はオークションに参加できないため業者に依頼するのですが、手数料がかかったり料金が明瞭でなくわかりにくいなどでトラブルもあるため、あまり利用する方はいません。


④個人売買

知人に直接売ったり、サイトを通して自分で売却する方法です。適正な価格に設定しないと上手く買い手が見つからなかったり、手続き関連についてもご自身ですべて対応する必要があるため非常に手間がかかります。


4つの手段の中でも①か②の方法で売却をする人がほとんどではないでしょうか。ご自身や知人が車や売却に関する知識が豊富であるなどの場合には、③や④のような方法でかなりの高値で売却ができるケースもあります。


車を売却手続き時に必要な書類

では売却が決まったら手続きに必要な書類を揃えていきます。基本的に買い取ってくれる業者から必要になるものについては事前に案内があるので心配する必要はありませんが、揃えるものの数も多いので基本的な書類を参考としてご紹介します。


・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証
・実印
・印鑑証明書
・自動車納税証明書
・リサイクル券
・譲渡証明書
・委任状

「譲渡証明書」「委任状」については買取業者の方で用意してもらえる書類になるので、ご自身での準備は不要です。あくまで基本的に必要になる書類の一例なので、実際に売却する際は買取業者に確認をして準備するようにしてください。


車を高く売却するためのポイント

車を高く売却するためのポイント

 

・小さな傷は直してから査定へ

査定時にチェックされるポイントはまず傷です。小さい傷はご自身でメンテナンスをしておくのがおすすめですが、大きな傷やへこみとなるとご自身では修理できませんので、そのまま査定に出してしまう方がいいでしょう。


外装、内装の掃除については「ホコリや汚れは取れるので査定には影響しない」「タバコの臭いやヤニの汚れはマイナス」など査定する人の主観になってくるのも実際のところです。ただ、きれいに掃除がしてある方が心象として良いかもしれません。簡単に出来る範囲で砂やホコリなどを取り除いておくだけでも問題はありません。


・年式が新しい場合は下取りの方が高値の場合も

基本的に買取業者の方が買取価格は高いと言われていますが、例外として年式が新しい場合があります。買取業者は市場での需要で金額を付けるのに対し、ディーラーでの下取りは年式と走行距離が評価の基本となります。もし新しい年式の車を売却予定の場合は下取りでも高値がつく可能性があるので、しっかりと候補に入れておきましょう。


・高値で売れる「時期」です。

車が売れる時期というのが年に3度あります。


・3月(決算期)
・9月(中間決算期)
・12月、6月(ボーナス期)

このタイミングに合わせて業者は車のラインナップを揃えたいので、この需要の高まる1か月ほど前に売却すると査定額が相場よりも上がる事が多いようです。また、4月1日時点で所有している車は12か月分の自動車税を前払いで納める必要があります。それより前に売却すると自動車税を支払う必要がなくなるので気にしておくといいかもしれません。


まとめ

簡単ではありますが、車の売却に関するポイントをご紹介しました。調べてみると手続きなど煩わしいように感じますが、基本的には買取りをしてくれる業者から案内があり、書類の準備の仕方などもわかりやすく教えてもらえるので安心してください。


気になる買取り価格の違いなどはネットでも見積りが可能となっているので、思ったよりも業者の比較検討は手間もかからず、利用する方がメリットも多いです。愛車の売却をご検討の際は一括で数社の見積りが可能なサイトを活用してもいいでしょう。


  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。