車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

県外ナンバーの車は売れる?その方法と注意点をご紹介

最新情報・レポート

県外ナンバーの車は売れる?その方法と注意点をご紹介

県外ナンバーの車は売れる?その方法と注意点をご紹介

 

車を売りたいけどナンバープレートはどうすればいい?とお考えの方はいらっしゃいませんか?ナンバープレートは公道を走るために必要なものであるため、どの車にも取り付けられています。ナンバープレートをそのままにしていては、個人の特定がされるのでは・・・と心配になる方もいらっしゃることでしょう。今回は車を売るときのナンバープレートについてご紹介します。

 

 

売却を検討されている方のなかには、引っ越しや転勤が理由で県外から車を持ってきたという方も大勢いらっしゃいます。県外ナンバーのまま車は売れるのか、売るならナンバープレートを外した方がよいのか、よりスムーズに車を売るための方法とともにご紹介します。

 

 

 

 

県外ナンバーでも車は売れます!その理由とは

結論から言わせていただきますと、県外ナンバーの車でも売ることは可能です。ディーラーや中古車買取店で売却したとしても、買取価格がナンバープレートよって安くなるといった心配もありません。余計な手数料も必要としないため、そのままの状態で安心して売却に踏み切ってください。

 

 

なぜ県外ナンバーでも問題なく売ることができるのか気になる方はいらっしゃいませんか?その理由とは業者の流通ネットワークの広さです。業者のほとんどは全国につながりがあるため、買い取った車を県外に運ぶことも容易にできるという訳です。

 

 

ナンバープレートの変更や住所変更などは必要になりますが、これらの手間はすべて業者に委託することができます。在庫として抱えることになっても、業者が一時抹消登録の手続きを進めてくれるため問題ありません。

 

 

一時抹消登録とは、一時的に車の登録を外す手続きのことです。車を長期間使用する予定がない場合によく用いられています。一時抹消登録をすることでナンバープレートが外されるため、自動車税の納税や車検をしなくてもよくなります。そのため、業者にとっても在庫が増えていくというのは重い問題にはならないのです。県外ナンバーであるからといって、余計な手間や心配は必要ないため安心してください。

 

 

ナンバープレートを外した方が不利になることも?

ナンバープレートを外した方が不利になることも?

 

そのままの状態で売ることができたとしても、ナンバープレートは外しておきたいとお考えになる方もいらっしゃることでしょう。もちろん外してから売ることも可能です。しかし、ナンバープレートは外せばよいというものでもありません。外してしまうと公道を走ることができなくなるため、運送費など余計な費用が必要になってしまうのです。この問題以外にも以下のデメリットが考えられます。

 

 

●一時抹消登録が必要になり、手間と費用がかかる
●ナンバーを再度交付してもらうために車検を受けなければいけない
●車検期間が残っていたとしても、一時抹消登録をしてしまうとなくなってしまう

 

 

しかし、ナンバープレートを残していると個人を特定されるかもと心配に感じる方はいらっしゃいませんか?このような心配はほとんどしなくても問題ありません。車のナンバーのみで個人情報を特定することは極めて困難です。

 

 

運輸支局で照会されたとしても、そこには車の売買で必要なレベルの情報しかありません。そのため詳しい情報は開示されず、安心して売ることができるでしょう。総合的に見て、外さない方が手間は少なく済むのではないでしょうか?

 

 

県外ナンバーの車を売るときは必要書類が増える?注意点をご紹介!

県外ナンバーの車を売るときは、必要な書類が増えるため注意してください。まず一般的な車の売却に必要な書類は以下の通りです。

 

 

●自動車検査証(車検証)
●自賠責保険証明証
●自動車納税証明証
●印鑑登録証明証
●リサイクル券

 

 

これらの書類はダッシュボードにまとめて積まれていることが多いので、一度確認してみてください。万が一無いようであれば運輸支局にて再発行してもらわなくてはいけません。印鑑登録証明証は役所に取りに行くことで入手できます。では、県外ナンバーを売るときは他になにが必要になるのか。それは

 

 

●住民票
●戸籍謄本

 

 

のどちらか一点です。これらが必要な理由は、売り手がどこに住んでいるのかを証明するための公的書類であるからです。県外ナンバーであれば車検証に記載されている所有者の住所も県外になっているということがほとんどであるため、現住所が異なっています。車検証の住所から引っ越したことを証明するためには、「住民票」もしくは「戸籍謄本」が必要になるのです。

 

 

引っ越した回数が一度のみで、車検証の所有者欄の住所が現住所のひとつ前しかないのであれば、住民票を持参すれば問題ありません。引っ越しを何度もしているという方は、戸籍謄本が必要になるということを理解しておきましょう。

 

 

個人売買する場合はナンバーと名義の変更が必要

個人売買する場合はナンバーと名義の変更が必要

 

ディーラーや買取業者を通さず、個人で売買する場合はナンバーと名義の変更をしなくてはいけないため注意してください。個人売買としてよく用いられているのはオークションです。まったく知らない相手と取引をするため、とくに注意する必要があります。

 

 

希望通りに売ることができたとしても、買い手が名義変更をおこなわず自動車税の納税通知書が自分に送られてくるといったトラブルが起きる心配があります。知人同士での売買でもこのようなトラブルが起きたという事例があるため、要注意です。

 

 

個人売買をおこなう場合は、一時抹消登録をしてからにすると安心でしょう。しかし、一時抹消登録をしてしまうと再度車検を通す必要があるので、手間や費用が必要になってしまいます。個人売買では必要書類の準備や手続きなども、すべて自分でしなくてはいけないためとても大変です。手間を減らし、スムーズに売りたいとお考えの方は買取店におまかせした方がよいかもしれません。

 

 

まとめ

県外ナンバーの車でも売れるということをご紹介してきました。そのままにして売ることで個人情報が漏れるかもしれないといった心配もほとんどありません。違いも必要書類のみで、手間も比較的かからないため安心して売却することができるでしょう。

 

 

もちろん外してから売ることもできるので、都合や目的によっては外してもよいかもしれません。個人売買で売却を検討されている方は、今回ご紹介した注意点をしっかりと理解しておいてください。しかし手間がかからず、より安心なのは買取のプロにおまかせすることだというのを頭に入れておくとよいでしょう。

 

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.