車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

契約後に減額されるのか?

最新情報・レポート

契約後に減額されるのか?

一般的に自動車を売る場合、その流れは自動車の査定、契約、引渡し、振込みという手順になります。自動車の買取価格は「自動車の査定」の段階で決定されますが、実はその後、何らかの理由によっては減額されてしまうおそれがあります。減額の理由としては売り手側に過失がある場合と無い場合とありますので、その具体的な例を見てみましょう。
まず、売り手に過失がある場合です。そのケースで多いのは、自動車の修理履歴を隠しているケースです。自動車が買い取られた場合、それを商品にするために買い手側は整備を行います。その際に修理車であることが判明すると、高い確率で減額請求されてしまいます。もちろん、初めから修理車として申請していればその内容で査定が進められますが、隠していますとトラブルの原因になってしまいます。マイナス査定になってしまいますが、隠さず伝えておくべきでしょう。
次に、売り手に過失が無い場合です。この場合、買い手側のチェックが甘かったことが多いです。この場合売り手に落ち度はないので、一方的に減額請求されても応じる必要はありません。ただし、契約内容によっては応じなければいけないこともあるのです。自動車の買取契約の際には、査定額だけでなく細かい条件についてもよく目を通しておくようにしましょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。