車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

走行距離10万kmは売れない車?

最新情報・レポート

走行距離10万kmは売れない車?

日本では昔から、車は10万kmも走ればかなりの距離を走っていると考えられていました。近年もその考え方はあまり大きく変化しておらず、中古車市場を見ていても、10万km以上走っている車についてはあまり人気がないように見えます。
しかし、同じ走行距離10万kmの車でも、持ち主の使い方次第でコンディションは大きく変わります。きちんとエンジンオイルは交換していたでしょうか、タイヤは定期的に交換していたでしょうか、車内清掃か欠かさず行なっていたでしょうか。そういった面が疎かになると、車というのはあっという間にだめになります。
逆に、10万km走った車でも、大切に手入れをしてあげていれば、新車とまでは行かなくても、きれいな状態で次の持ち主に渡せる文、中古車としての価値は高くなる傾向がアリます。
また、3年で10万kmなのか、10年で10万km走った車なのかを考えてみても、色々車のコンディションが変わってくることが分かります。
一般的に国産車は10万km走ったあとでも十分使えるとして、海外中古車市場に回される例も多いので、悲観的にならず、何社かの査定を見比べて、10万kmを超えていても高く自動車を買取してくれる業者を探してみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.