最新情報・レポート

ご高齢の方の車の処分

高齢者の運転する車による痛ましい交通事故が多発している中、免許証を返納する高齢者も増えているようです。
高齢になると、視力や聴力、判断力や反応速度が低下してしまうのは避けようのない事ですから、自分の運転技術がいくら長期間に渡っていても、危険だと思った時にはすでに取り返しの付かないことになっているということは十分ありえることです。
そこで、免許証を返納して、もう運転しないということを決めてしまわれる方も増えているようで、それに対して何らかの高齢者の運転事故を減らそうとしている自治体も増えています。
例えば、免許証を返納した方に、タクシーの割引券を配ったり、市営交通などを無料で乗れるようにしたりするというのもその一環です。
そしてもう一つ問題になるのが、免許証を返納した後の自動車の処分。
たとえ免許証を持っていなくても、車を持っているのなら毎年毎年、自動車税の納税通知が来ることに変わりはありません。
これではもったいないことこの上ありませんから、免許証を返納されるのであれば、同時に車の処分も出来るように準備しておくと良いでしょう。
ご自分で出来ない方はもちろん、ご両親やお祖父様、お祖母様らが免許証の返納をご検討中なら、お子様やお孫様方で自動車の査定についてご検討されることをおすすめします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.