車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

オートマもエンストすることがあります!原因は機構の不具合?

最新情報・レポート

オートマもエンストすることがあります!原因は機構の不具合?

オートマもエンストすることがあります!原因は機構の不具合?

 

ドライバーの意思とは関係なく起こってしまう、突然のエンスト。クラッチ機構による複雑な操作が原因となる、マニュアル車独特の現象とお思いの方も多いでしょう。しかし、誤った操作や車両の不具合によってオートマ車でもエンストが起こることがあるのです。

 

オートマ車に乗っているドライバーにとっても、エンストは他人事ではありません。今回はオートマ車のエンストについて、発生する原因と対処法について解説します。

 

 

 

 

 

 

オートマ車でもエンストする原因とは

それではオートマ車がエンストする原因として、実際にエンストしてしまったときの様子と合わせて解説していきましょう。

 

 

燃料を送るポンプやホースが詰まっている

燃料系統のトラブルが起こると、エンジンが「ガクガク」として不自然な動きをして最終的に停止してしまいます。このエンストは時間が経つと再び走り出すことが可能になりますが、エンジン周辺のパーツに不具合があるかもしれません。

 

 

必要な空気が漏れ出してしまっている

エンスト時にエンジンルーム付近から空気が抜けるような音がしたのであれば、空気が溜まっているべきホースなどが劣化して空気漏れを起こしている可能性があるでしょう。

 

ホースのようなゴム質の素材は経年劣化が激しいため、注意が必要です。

 

 

制御系統になんらかのトラブルが起きている

坂道発進など、強くアクセルを踏み込んだ際にエンストが起きる場合は、燃料の消費量を調整するセンサーなどの燃料制御機能に異常が起こっているかもしれません。

 

また、逆にアクセルから足を離すとエンストするという場合は、バキュームセンサーのような燃料とは別の制御機能にトラブルがあるかもしれません。

 

 

何の前触れもなく……

走行中に突然エンストを起こした場合は、点火プラグに不具合が起こっている可能性があります。このエンストは、電気系統が原因と考えられます。

 

このように、オートマ車のエンストの原因は実にさまざまです。走行中の自動車が徐々に停止する場合は燃料系統のトラブル、突然停止する場合は電気系統のトラブル、加速・減速時のトラブルは制御系統のトラブルと考えるとわかりやすいかもしれません。

 

 

 

エンストした場合の対処法とは

エンストした場合の対処法とは

 

実際にオートマ車がエンストを起こしてしまったときは、状況に応じて以下のような対応をおこないましょう。

 

 

停車中のエンスト

落ち着いてギアの位置を何度か変更し、最終的に「D」に戻すことでふたたび発進できることがあります。それでも動かない場合は、すみやかにハザードランプを点灯してください。

 

加入している保険会社など、ロードサービスに連絡して専任の業者に対応してもらいましょう。

 

 

走行中のエンスト

周辺の車両や施設を巻き込まないよう、急いでギアを「N」に入れます。このときに無理やりギアを「P」に動かすのは、非常に危険ですから避けてください。

 

ハザードランプをつけ、車両が動いている間の時間を活用して車両を路肩などの邪魔にならない場所に停車しましょう。このとき、エンストの影響でハンドルとブレーキが非常に重くなっていますので注意してください。

 

停車できたらギアを「N」から「P」に動かし、サイドブレーキを引いて完全に停車してください。ロードサービスに連絡し、適切な処置を受けてください。

 

走行中のエンストは重大な事故を引き起こす原因となります。操縦がままならないまま後続車に追突されたり、追突が原因で玉突き事故に発展したりすることで、最悪の場合は死亡事故につながる可能性も……。

 

オートマ車の場合、エンストの原因のほとんどが車両内部の故障にあると考えられます。万が一オートマ車でエンストが起こったら、すぐに車をプロに見てもらったほうがよいでしょう。

 

 

 

ミッション車のエンストとの違い

そもそも、ミッション車とオートマ車ではエンストする理由が異なります。

 

ミッション車のエンストは、半クラッチ時間の不足や不適切なギアの位置などによって引き起こされる「運転者のミス」による場合が多いものです。一方、オートマ車のエンストはエンジンなど車両の機構に何らかの異常がある場合に発生する場合がほとんどです。

 

オートマ車がエンストする可能性は低く、エンストした際には車両のどこかに不具合がみられる可能性もあります。「おかしいな」と感じたら症状が悪化する前に、すみやかに点検してもらうことをおすすめします。

 

最悪の事態を引き起こす可能性があるからこそ、気にかけておくべきポイントですね。

 

 

 

エンジンの修理費は高くつく……

エンジンの修理費は高くつく……

 

オートマ車がエンストする原因の多くは、エンジン系統のトラブルです。つまり、オートマ車のエンストのほとんどはエンジン交換によって解決することができます。

 

必要な部品が揃っていれば1週間ほどで修理してもらうことができますが、問題は時間ではなく費用。工賃だけでも10円以上、エンジンそのものについては最大で100万円かかることもあります。

 

もちろん安いエンジンであれば5万円前後で交換することができますが、特殊な機構の珍しいエンジンが搭載されている場合は大変です。

 

しかし、そもそもエンジン修理費は工賃も含めとても安いものとはいえません。最終的に何十万、何百万円もかかってしまうのであれば、車を買い替えるのと大差ないかもしれません。

 

修理のための費用があまりにも高くついてしまいそうなときは、車の買い替えを検討してもよいかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

マニュアル車だけではないエンストの恐怖。オートマ車を運転しているあなたの身にも、突然起こるかもしれません。しかも、オートマ車がエンストする原因はマニュアル車で起こるときのような人為的なものではなく、ほとんどが車両自体の不具合によるもの。とくにエンジン機構は普段目につかない部分でもあるため、未然に防ぐことは非常にむずかしいものです。

 

 

万が一のエンストの際も、適切な対応を取って身を守りましょう。エンジン交換が必要になりそうな場合は、修理費用によっては車自体を買い替えることも視野に入れた方がよいかもしれません。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.