車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

ハイオクとレギュラー、違いはなに?間違えて入れたらどうなるの?

最新情報・レポート

ハイオクとレギュラー、違いはなに?間違えて入れたらどうなるの?

ハイオクとレギュラー、違いはなに?間違えて入れたらどうなるの?

 

最近、セルフガソリンスタンドが増えてきていますね。ハイオク、レギュラー、軽油と3つのラインナップがあり、どれを入れたらいいのか迷ってしまうことや、「節約したいから」といって安い燃料を入れてしまうことはありませんか?

 

間違った燃料を補充することで、最悪の場合エンジンが壊れてしまうおそれがあります。今回の記事では、ハイオクとレギュラーの違いや、もし間違えて入れてしまうとどうなってしまうのか、について説明しています。

 

 

 

 

 

 

ハイオクとレギュラーでは「燃えにくさ」が違う!

セルフガソリンスタンドには、軽油、ハイオク、レギュラーと3種類のガソリンが用意されています。これらは、燃えやすさによって種類が分かれています。

 

簡単に言ってしまうと、レギュラーが燃えやすいガソリンで、ハイオクが燃えにくいガソリンです。では、なぜ燃えにくさによって種類を分けているのでしょうか?それは、エンジンの仕組みによってガソリンの使い方に違いがあるからです。

 

 

まずは、エンジンの仕組みについて説明します。

 

エンジンは、ガソリンと空気を混ぜた「混合気」とよばれるものを圧縮します。圧縮した混合気を適切なタイミングで点火することで爆発させ、大きなエネルギーを生み出して車を動かすのです。

 

混合気は圧縮させればさせるほど大きなエネルギーを得ることができるようになりますが、圧縮しすぎてしまうと突然燃えてしまいます。

 

もともと、気体は圧縮することで気体自体の温度が上がってしまうので、圧縮過多の状態になってしまうと自然燃焼してしまうのです。

 

この混合気は、ガソリンの質によっても自然燃焼する圧縮の度合いが変わってしまいます。このため、対応するガソリンの種類によってエンジンのつくりを変えなくてはいけません。

 

レギュラーとハイオクで性質が異なるために、種類を分ける必要があるのです。

 

 

 

ハイオク仕様車にレギュラーを入れたら?レギュラー仕様車にハイオクを入れたら?

ハイオク仕様車にレギュラーを入れたら?レギュラー仕様車にハイオクを入れたら?

 

ハイオク仕様車にレギュラーを入れること、または逆にレギュラー仕様車にハイオクを入れることで、どのようなことが起きてしまうのでしょうか。

 

 

ハイオク仕様車にレギュラーを入れてしまった場合

まず、ハイオク仕様車にレギュラーを入れるとどうなってしまうのかについて説明します。

 

ハイオク仕様車は、燃えにくいハイオクに適したエンジンのつくりとなっています。そのため混合気の圧縮度が高く、より大きなエネルギーで走行することが得意な車です。

 

このハイオク仕様車にレギュラーのガソリンを入れてしまうと、混合気をうまく圧縮できないまま点火することになるため、小さなエネルギーしか生み出すことができません。

 

さらには燃費が悪くなるうえ、圧縮のしすぎが原因となって混合気が勝手に燃えてしまい、エンジンが不調になるノッキングが連続して発生してしまいます。最悪の場合、エンジンが壊れてしまうおそれもあります。

 

車によってはレギュラーを入れることを想定してエンジンをつくっている車もありますが、基本的にはハイオクを入れるようにしましょう。

 

 

レギュラー仕様車にハイオクを入れてしまった場合

次は、レギュラー仕様車にハイオクを入れるとどうなるのか考えてみましょう。

 

実は、レギュラー仕様車にハイオクを入れることにはそれほど大きな問題ありません。普段通りに走行することができるうえ、高圧縮ができるエンジンを積んだ車であれば、燃費がよりよくなることもあります。

 

また、ハイオクには添加剤が数多く含まれており、エンジン内部をきれいにするための成分や汚れをつきにくくする成分が入っているものもあります。

 

そのため、レギュラー仕様車にハイオクを入れて走行することにより、エンジンの寿命を長持ちさせることができることもあるのです。

 

 

長い間車に乗っていると、エンジンの内部に汚れが発生してしまいます。これはガソリンを燃やしたときの燃えカスや、ススといった汚れがエンジン内部に残ってしまうためです。

 

このとき、ハイオクを入れることで汚れ付着を低減する効果が期待できます。エンジンの調子が悪いと感じた方や、燃費が急に悪くなったと感じたのであれば、ハイオクを入れてみるのもよいかもしれませんね。

 

 

レギュラー車とハイオク車を見分ける際は、給油口を確認しましょう。「R」や「無鉛ガソリン」と書かれている車はレギュラー車、「P」や「無鉛プレミアムガソリン」と書かれている場合はハイオク車となります。

 

給油する燃料を間違えることがないよう、初めて給油する車は必ず給油口を確認するようにしましょう。

 

 

今回の章を簡単に表にまとめますと、このようになります。

 

ガソリン対応表

 

 

 

軽油はディーゼルエンジンで使う燃料!

ガソリンスタンドには、ハイオク、レギュラーのほかにも軽油が用意されています。軽油はディーゼル車に入れるための燃料で、バスやトラックといった大型車で多く用いられているものです。

 

ディーゼルエンジンはガソリン車のように、燃料と空気を混ぜた混合気をつくりません。空気のみを圧縮することで高温状態にし、そこに軽油を噴射させることで着火させ、爆発をおこして動力を得るしくみになっています。

 

圧縮させた空気は600℃近くの高温状態になっており、ここに軽油を噴射して着火させる構造となっています。そのため、同じ成分でできている灯油や、同様のしくみで着火させることのできる燃料でもディーゼル車は走ることができます。

 

しかし、軽油以外の燃料を入れて走行することは違法です。軽油には、軽油引取税とよばれる税金があり、他の燃料を入れて走行することは脱税とみなされてしまいます。灯油のほうが安いからといって、こちらを選ばないようにしましょう。

 

 

 

ガソリン車に軽油を入れたら?軽油車にガソリンを入れたら?

ガソリン車に軽油を入れたら?軽油車にガソリンを入れたら?

 

では、 ガソリン車に軽油を入れてしまった場合や、軽油車にガソリンを入れてしまった場合はどうなってしまうのでしょうか?

 

 

ガソリン車に軽油を入れてしまった場合

まずは、ガソリン車に軽油を入れてしまった場合について説明します。

 

軽油の特徴は、高温で高圧力の場合に、大きなエネルギーを生むという点です。しかし、燃えるために必要な温度を示す引火点は、ガソリンと比べると非常に高く燃えにくいです。

 

ガソリンの引火点が-43度以下であるのに対して、軽油は引火点が40~70度と倍近く差があります。このため、軽油をガソリン車に入れてしまうと、容易に混合気の爆発が起きてしまいエンジンが壊れてしまうおそれがあるのです。

 

ガソリン車は燃料と空気を混ぜた混合気を圧縮し、適当なタイミングで着火をおこなうことで爆発させることによって動力を生み出しています。軽油を入れてしまったときは、この着火をおこなうことができず、動力を確保することができなくなってしまいます。

 

 

ディーゼル車にガソリンを入れてしまった場合

次に、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうとどうなってしまうのかについて説明します。

 

ディーゼル車は、圧縮した空気に軽油を噴射して点火させることによって動力を得ています。そのため、潤滑作用が重要となります。軽油には潤滑作用がありますが、ガソリンにはないものです。

 

そのため、潤滑作用のないガソリンを入れてしまうと噴射装置が壊れてしまい、走ることができなくなってしまいます。

 

 

軽自動車に軽油を入れると……

余談ですが、軽油を「軽油だから」と軽自動車のための燃料だと間違えてしまう方が多いようです。残念ながらそれは違いで、軽自動車もレギュラーやハイオクといったガソリンで動く車です。間違えないようにしましょうね。

 

ガソリンスタンドも入れ間違いの防止のために、燃料ごとに色を分けています。緑色が軽油、黄色がハイオク、赤色がレギュラーとなっています。もしも間違えて給油してしまったときには、ガソリンスタンドのスタッフに燃料の抜き取りをしてもらいましょう。

 

 

 

まとめ

今回の記事では、ハイオクとレギュラーの違いや軽油について説明させていただきました。

 

燃料を間違えて入れてしまうことは、とても危険な行為だということがお分かりいただけましたでしょうか?間違えて補充をおこなわないように、給油口の確認やガソリンスタンドでの色の確認は怠らないようにしましょう。

 

特に軽油は値段が安いことや、「軽」という字をみて軽自動車のための燃料だと勘違いしてしまい、補充をおこなってしまう方も少なくありません。ご自身の車に適した燃料を入れるようにしましょう。

 

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.