車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

カーエアコンが動かない…おもな原因と今スグできる対処法!

最新情報・レポート

カーエアコンが動かない…おもな原因と今スグできる対処法!

カーエアコンが動かない…おもな原因と今スグできる対処法!

 

炎天下や真冬の中の車内ライフを快適にするものの中に「カーエアコン」があります。そのカーエアコンが、ドライブ中に突然効きが悪くなったりした経験はありませんか?

 

 

車は人間の生活において、なくてはならない移動手段のひとつです。エアコンが使えなくなっても、車が動かなくなってしまうことはありません。

 

 

しかし、車内の温度が保てなくなると、不快感を感じてしまうだけではなく、体調が悪くなってしまったりなど、非常に困ってしまうものです。エアコンが稼働しなくなったときは、できうるかぎり早く対処したいところですが、どのような原因が考えられるのでしょうか?

 

 

今回は「カーエアコン」について、フォーカスを当てていきます。

 

 

「エアコンの効きが悪くて困っている」「今すぐ何とかしたい!」そんなときは、ぜひ当コラムをご一読ください。カーエアコンの故障原因から、簡単にできる対処方法まで、カーエアコンのことがギュッとつまっていますよ。

 

 

1.カーエアコンの調子が悪い……考えられる原因は?

カーエアコンの調子が悪い場合、以下の原因に当てはまることが大半です。

 

エアコンの故障は冷房を使用したときと、暖房を使用したときとでは、原因が異なります。「故障してしまった!」と感じたら、まずは“冷房”か“暖房”かどちらを使用しようとして起こったのか確認し、以下の原因に当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

 

 

冷房が効かなくなったときの原因

・エアコンガスが漏れている

・コンプレッサーやフィルター部分などに問題がある

・冷却水が少なくなっている

 

カーエアコンは家庭にあるエアコンと同じようなしくみで、エアコンガスを使い、気化熱冷却を利用するのが一般的です。

 

エアコンガスはコンプレッサー(圧縮装置)とエバポレーター(減圧装置)などの間を配管を通して巡回しています。コンプレッサーによる圧や、車が走っているときに受ける風をあてて冷却と加熱を繰り返し、この状態で発生した霧状のエアコンガスが、エバポレーターに入ります。

 

 

そうして気化した状態のガスがエバポレータ内に充満して空気に触れ、急速にガスが冷やされます。ガスが冷えたことによってフィルター表面の温度もマイナスまで下がり、冷たくなったフィルターに内気や外気を通らせることによって空気を冷やしているのです。

 

 

冷媒として使用されているガスは、密閉されているので漏れることはありません。しかし、車の製造から年数が経過してパーツが痛んでいたりなど、何らかの要因があって漏れるとガス不足が生じます。

 

ガスが不足していない場合は、カーエアコンの設備自体が故障・目づまりを起こしている可能性がありますので、注意しましょう。

 

 

また、冷却水が少なくなった場合でもエアコンが効かなくなることがあります。ただし、この場合はカーエアコンのシステム自体が故障しているわけではありません。

 

 

冷却水はエンジンを稼働させたときに生じる熱を冷ます役割をしています。

 

その過程で、サーモスタッドと呼ばれるパーツを使用して冷却水の温度を安定させていますが、この冷却水に問題が起こると、 “オーバーヒート”を起こってしまうのですそのため、カーエアコンの効きにも影響を与えてしまいます。

 

 

暖房が効かなくなったときの原因

・サーモスタッドやファンなどがうまく機能していない

・冷却水が少なくなっている

 

カーエアコンの暖房は冷房とは異なり簡単なしくみでできています。冷房はエアコンガスを使用することで空気を冷やしていましたが、 暖房はエンジンの熱を利用して空気を温めます。

 

上記の冷房の部分にてご紹介しましたが、エンジンの熱を冷ますために冷却水を使用します。

 

そのときに冷却水が熱くなります。この暑くなった冷却水を蓄熱できるラジエーターという部分に送り、風を当てて空気をあたためるのです。そのため、ラジエーターやファン、冷却水などに問題が生じていると、暖房が使えなくなってしまいます。

 

2.でも車は使いたい!エアコン故障時にできること

でも車は使いたい!エアコン故障時にできること

 

カーエアコンが急に故障してしまったら一大事です。短時間しか乗らない場合なら、そこまで気にならないのかもしれません。しかし、冷房が効かないことが原因でエンジンが冷やされないということが起こっているならば、話は別になります。

 

エンジンが冷やせていないと突然のエンストをまねき、エンジンを交換するばかりか事故の危険性まで出てきます。エアコンから冷たい風が出てこなくなったら、車内やボンネット内こもってしまった熱 を逃がしましょう。

 

 

車が停車できる場合はボンネットを上げて確認することができますが、走行中となると路肩や駐車場に停車することは難しいです。そんなときは、車内の空調関連の機能を有効活用しましょう。

 

・車内温度 > 外の温度  ……  外気導入ボタンを押す、窓を開ける

 

・車内温度 < 外の温度  ……  内気循環ボタンを押す、窓を閉める

 

 

エアコンから出てくる空気を冷やす、温めるのには、工程がかかる以上どうしても時間がかかってしまいます。

 

故障してかろうじて稼働している場合は、なおさら効きにくくなっています。そのため、走行するときの風を利用して外気を取り入れたり、内気を循環させましょう。

 

 

3.エアコンガスの補充は自分でできる?

カーエアコンのガス補充をすることに資格などは不要なので、自力でも行うことができます。しかしガスを扱う以上、危険な作業になります。失敗するとうまく機能しなくなるばかりか、大きな怪我につながってしまいますので、自信がない場合はプロの力を借りるようにしましょう。

 

カーエアコンのガス補充をするとき、以下の道具が必要になります。交換を行うときはしっかりとした準備を行い、手順をふまえたうえで行ってください。

 

 

【必要な道具】

・カーエアコン専用のガス

・ガスチャージホース(メーターが付いたものを推奨)

 

【動画】

こちらの動画が分かりやすく手順を紹介しています。参考にしてみてください。

 

 

 

4.カーエアコンのガスをクリーニングをしてみよう!

カーエアコンのガスをクリーニングをしてみよう!

 

カーエアコンのガスは、入れたばかりのときはきれいな状態です。しかし、経年劣化やパーツに問題があるとガスに不純物が混ざるようになります。不純物が混入するとエアコンの効きに直結し、いくらエアコンガスを入れても改善されない原因にもなります。

 

 

エアコンガスのクリーニングは、古くなったエアコンガスを外に出し、不純物を取り除いてから再度入れなおします。手間はかかるうえ、自力で行うことは難しい作業ですが、エアコンの効きが長もちするようになります。

 

 

費用は一般的なエアコンガスで1万円前後です。ガスの種類によっては取り扱いがなかったり、金額が高くなる場合がありますので、施工をお願いする前に依頼先に問い合わせることがオススメです。

 

 

5.エアコンが故障しないような使用を

 

カーエアコンを使用するとき、一番大切なのが「気温と大きく差がある温度に設定しない」ことです。ついつい適温にまでいきなり温度を設定してしまいがちですが、気温の上げ下げのはばが大きいと、エアコンのシステム自体に大きな負荷を与えてしまいます。

 

 

そのため、エアコンを使用するときは窓の開け閉めや外気導入・内気循環ボタンも併用して、エアコンに負荷がかかりにくくすることが重要です。

 

 

また、エアコンが効きにくいと感じたり、異臭などがする場合、早めに修理をすることが重要となります。故障がまだ軽度なうちに対処することで、すぐに直るうえ、修理費用も抑えることにもつながります。

 

 

故障の判断は素人目には難しいため、修理先をみつけて点検してもらうと安心です。素人による判断は、一時的な故障なのか、本当に故障してしまったのかの判断がつきにくいです。

 

1社からだけではなく、複数の業者から見積もりをとり、比較することが大切です。ほかにも、公式サイトを確認したり、口コミやウワサをチェックして、自身の条件にマッチした業者を見つけてみましょう。

 

 

6.最新技術!走行距離が短くならないエアコンもある

上記でも取り上げましたが、カーエアコンは暖房時に“エンジンの熱を利用”するのが一般的です。しかし、近年のテクノロジーの発達によって、新しい方法である「ヒートポンプエアコン」システムが開発されています。

 

 

現在主流となっているガソリンを使用した自動車は、エンジンが高温になるのでその熱を利用できます。しかし、ハイブリッド車やEV車(電動輸送機器・電気自動車)など、モーターや電気を動力とする自動車は熱が少なくエアコンへは使用しにくくなっています。

 

 

電気モーターを使用する自動車は暖房をかける際に、ドライヤーのように電力を使用して空気を温めていました。そのため、暖房をかけるときのエネルギー効率は、ガソリンを使用する自動車よりもよくない場合が多かったのです。

 

 

その反面「ヒートポンプエアコン」では、暖かい空気は上に集まり、冷たい空気は下に沈みやすいという空気の流れを利用しています。暖かい空気を集めて熱をためるので、暖房を使用するときにわずかな電力で済むようになるのです。

 

 

この方法ならば、寒冷地法でも暖房が効きやすいというメリットがあります。寒い冬を前に車の買い替えを検討しているならば、EV車も視野に含めて検討してみるとよいのではないでしょうか。

 

 

7.まとめ

カーエアコン部分に不調が見られた場合、ぜひ本コラムを参考に対処をしてみましょう。

 

 

「故障かも」と思っても、一時的に起きた不具合の可能性もあります。走行中にエアコンが効きにくい場合、まずは窓の開閉や外気導入・内気循環を行うと解消できます。何度も不調が繰り返されるようならば、原因を特定して、正しい対処法を行う必要があります。

 

 

原因の特定は、ある程度の知識を持っていないと正確な判断が行えません。費用は発生しますが、その道に明るいプロに依頼したほうが、安心してゆだねることができるでしょう。業者を選ぶときはかならず相見積りをとり、しっかり吟味することが大切です。

 

故障状態が重篤なら、買い替えたほうが早いケースもあります。EV車のなかには最新のエアコンシステムを採用しているものもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.