車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

車の任意保険って必要なの?自賠責保険との違いや必要性とは

最新情報・レポート

車の任意保険って必要なの?自賠責保険との違いや必要性とは

車の任意保険って必要なの?自賠責保険との違いや必要性とは

 

自動車の任意保険は必要なのか?自賠責保険に入っているから他に保険なんて必要ないのでは?と考えている方に読んでいただきたい記事を書かせていただきます。

 

 

任意保険と自賠責保険の違いについて、任意保険は人によって値段が変わるけどどうしてなのか、任意保険以外にもロードサービスといったものがあるけどどういったものなのか、ひとつずつ説明します。

 

 

1.任意保険と自賠責保険の違いとは

まず車の任意保険と自賠責保険の違いから説明します。大きな違いとしてまず強制加入かどうかです。任意保険は文字通り任意で入っていただく保険になりますが、自賠責保険は強制で加入する保険になります。

 

 

自賠責保険とは自動車損害賠償責任保険の略称になります。こちらは加入しないと法律で罰せられてしまうため、強制で加入しなければいけない保険になります。この保険は国が運営、運用している保険になり、運用益については事故防止キャンペーンなどに使用されています。

 

 

任意保険の場合は法律による強制力などはありません。そのため、各個人で保険に加入するかどうか決める必要があります。

 

車の運転は、事故に至るリスクが常にありますので任意保険に入って損はないでしょう。もし事故にあった場合は自賠責保険だけでは損害に対する費用が足りないので、最悪の事態を考え任意保険には加入しておきましょう。

 

 

2.任意保険に入っていないとどうなる?

任意保険に入っていないとどうなる?

 

自動車の任意保険に入っていない状態で事故を引き起こしてしまう、事故に遭遇してしまうと自賠責保険のみが適応されることになります。自賠責保険に入っている補償内容は以下の通りです。

 

 

・障害による損害に対して被害者1名につき、最大120万円

 

・後遺障害による損害は後遺障害の程度に応じた等級によって変わりますが、75万円~4千万円

 

・死亡による損害は被害者1名につき最大3,000万円

 

 

自賠責保険で補償される内容は上記の通りですが、事故の内容によっては保険金が支払われないケースがあります。それは無責事故とよばれる100%被害者の責任で発生した事故になります。

 

例をだしますと、センターラインをオーバーしてしまい対面車両との接触で起きる事故、赤信号無視により起きた事故、脇見運転や居眠り運転による衝突事故があります。

 

 

自分が加害者となってしまった場合は、自賠責保険で保険金が支払われず被害者側に損害賠償金を支払うことができなくなる可能性があります。

 

この場合は被害者側に訴訟されてしまいます。訴訟され、裁判所の判決でお金を支払うことになった場合、損害額に相当する金額をあなたがもっていないときは強制執行がおこなわれます。

 

 

強制執行とは「債権者の債務者に対する私法上の請求権を国家権力をもって強制的に実現する」手続きです。

 

簡単に説明しますと損害賠償金を支払えない加害者の不動産や持ち物を売り、その売ったお金で損害賠償金を賄う、ということになります。自分の家や持ち物を全てうしなってしまうことになるのです。

 

 

事故を起こした車が任意保険に加入しておらず、自分の過失が原因となり交通事故を引き起こしてしまったケースをあげさせていただきました。このようなことが起きないように、事故を引き起こす前に任意保険に加入しておくことをおすすめします。

 

 

3.さまざまなサービスがついた任意保険もある

任意保険には事故に対する補償以外にも便利なサービスが用意されています。それがロードサービスとよばれるものです。バッテリー上がり、パンクときのスペアタイヤ交換、ガソリンが切れた際の燃料補給(無料)、キー閉め込み、落輪といった車両のトラブルに対応するサービスです。

 

こちらのトラブルに遭った際の宿泊費用、帰宅費用、車両搬送費用にも補償がかかるものもあります。

 

一般道路はもちろん、高速道路でこのようなトラブルが起きた際にも使用することのできる保険会社もあります。車の任意保険内容だけでなくロードサービスの内容も踏まえ、保険会社を選択することも良いでしょう。

 

 

上記のロードサービスの他にも保険会社ごとにおこなっているサービスがあります。

 

例えばソニー損保さんでは、もしものトラブルをサポートするトラブルナビの利用、チャイルドシートのレンタルサービスをおこなっています。

 

また、三井ダイレクト損保さんは、2年目からガソリンが切れた際の無料補給量が増える、事故、故障が起きた際のレンタカー会社のご案内からレンタカー代の支払いサービスがあります。

 

このように保険会社によって通常のロードサービス以外のサービスもついていることがあります。

 

4.費用相場はどれくらい?

費用相場はどれくらい?

 

自動車の任意保険の費用相場になりますが、こちらは状況や条件によって大きく変化します。賠償制限、年齢、車種、車の使用目的、走行距離、地域、免許証、ノンフリート等級などさまざまなものが保険の費用を変えることがあります。ではひとつずつ説明します。

 

賠償制限

保険には対人賠償と対物賠償の最大金額の制限ができます。こちらの制限を無制限にすることで事故を起こした際、最大の補償を受けることができますが月々の保険料は上がります。金額の制限をすることで保険料を安くする方法があります。

 

 

年齢

こちらは20代のかたと60歳以上のかたの保険費用が高くなることが多いです。理由は事故を起こす可能性が高いためです。代わりに30代~50代のかたは比較すると保険費用は安くなります。

 

 

車種

車種で保険の内容が車種ごとの事故実績によって変化します。事故を多く起こしている車種の保険料が上がってしまうのはこちらが原因となります。

 

 

車の使用目的

車の使用目的には仕事で使用する”業務用”、”通勤・通学”、休日の日や買い物のときのみ使用する”日常・レジャー”があり、値段の順番は一番高いのが”業務用”、つぎに”通勤・通学”、最後に”日常・レジャー”となります。

 

車を使用する頻度によって事故に遭遇する可能性は変わりますので使用目的で値段が変わるのも納得できます。

 

 

走行距離

車の走行距離についても距離が長いほど値段が上がります。走行距離が長いということはそれだけ事故を起こしてしまうリスクが高いため保険料も高くなってしまいます。

 

 

地域

車種と同じで事故が起きやすい地域は保険料が上がります。

 

 

免許証

免許証の色によって保険料が変化します。免許証の色はグリーン、ブルー、ゴールドとあります。

 

運転免許を取得して3年の間はグリーン、3年たつと免許証の更新がおこなわれブルーになります。ゴールドは免許を更新して5年間無事故無違反のドライバーに与えられます。保険料はゴールド免許の場合に割引されることがあります。

 

 

ノンフリート等級

ノンフリート等級とは事故歴に応じて保険料の割引や割り増しを適応する制度になっており、1~20まで等級が分かれています。

 

はじめて保険に加入する人は6級か7級からはじまります。1年ごとに事故を起こさなければ翌年に1つずつ等級が上がっていき20等級まであります。こちらの等級が高いほど保険料の値下がりが適応されるため普段から事故を起こさないことで保険料を下げることができます。

 

 

事故を起こしてしまい、保険を使うことになると等級は下がってしまいますが、契約した人が落ち度のない事故であれば等級が下がることはないので安心してください。

 

 

ノンフリート等級ははじめて保険に加入するとき、同居している親族のノンフリート等級と同じ等級からはじめることができます。もし、これから保険に加入しようと考えている人は等級の引継ぎ手続きをしましょう。

 

 

上記の条件により保険料の値段は変わりますが、21歳以上の場合だと10万円から20万円の間で変動します。

 

 

5.保険料を安く抑える方法とは

保険料を安く抑えるためには契約者のノンフリート等級、所有している自動車の事故割合、自動車の年間走行距離と利用目的、運転者の年齢を見直してみることが重要です。

 

 

まずはノンフリート等級を家族で引き継ぐことです。「記名被保険者の配偶者」、「記名被保険者の同居親族」「配偶者の同居親族」が対象となります。記名被保険者が20等級を維持していた場合に、子どもも20等級からはじめることができます。

 

 

つぎに車両保険の補償範囲を限定することで保険料を安くする方法です。保険料は若い人と、老いている人が割高に設定されております。その場合は、被保険者を限定しましょう。

 

 

代理店型自動車保険で保険を組まれている方は、通販型自動車保険に乗り換えることでも保険料を安くすることができます。代理店型の自動車保険では保険会社の運営費用がかからないためこちらの料金を削ることができます。そのおかげで保険料を下げることができるのです。

 

 

自動車の任意保険に入る、保険会社を乗り換える際は一括見積りをおこないましょう。

 

6.まとめ

自動車の任意保険に入らない場合、運転をおこなうときにさまざまなリスクを背負うことになります。

 

 

そのリスクを少しでも軽減するために任意保険には加入するべきです。任意保険に加入する際には自分の条件でいろんな保険会社から見積りをだしてもらいましょう。そのなかで自分にあったサービスを受けられ、保険料が安い会社を選択しましょう。

 

 

はじめて任意保険に入る場合は同居している親族がいる場合、ノンフリート等級の引継ぎをおこないましょう。保険会社ごとに任意保険以外のロードサービスといったサービスを参考にして選択してみることもいいかもしれません。

 

 

保険料はさまざまな条件で値段が変化します。年齢や仕様目的などによって変わるため、保険料が高くなってしまう人については保険対象から外しておきましょう。車種によっても事故実績で変化してしまうので、保険料の安い車を選択することで保険料の節約につながります。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.