車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

車検代が高い…ユーザー車検で費用を抑えたい!いくら節約できる?

最新情報・レポート

車検代が高い…ユーザー車検で費用を抑えたい!いくら節約できる?

車検代が高い…ユーザー車検で費用を抑えたい!いくら節約できる?

 

車検をいつも業者に依頼して通してもらっている方は、一度ユーザー車検で費用削減に挑戦してみませんか?普段、ディーラーや業者に依頼することが多い車検ですが、実は一般の人でも車検を通すことが可能です。

 

 

ユーザー車検に挑戦することで車に詳しくなり、車の修理や部品の取り付けを自分でおこなうことができるようになるので将来のことを考えるとお得です。

 

しかし、ユーザー車検で費用を削減するためにはさまざまな手続きを自分でおこなわなければいけません。そんなユーザー車検のやり方について説明します。

 

 

1.ユーザー車検ってどういうもの?

車を公道で走らせるためには、その車の安全性について確認する必要があります。しっかり点検されていない車が、公道を走っていて事故が起きるといったことを防ぐためです。そのために車検とよばれる2年に一回おこなわなければいけない点検があるのです。

 

 

多くの人は業者やディーラーに依頼をして車検を通してもらいますが、車検は自分でおこなうこともできます。

 

それがユーザー車検とよばれるもので、自動車の所有者が運輸支局などに自動車を持ち込み検査することを指します。業者やディーラーに依頼すると、手数料などのお金がかかってしまいますが、自分の手でおこなうユーザー車検はこの費用を削減できるのです。

 

2.ユーザー車検の大きなメリットは車検費用の節約

ユーザー車検の大きなメリットは車検費用の節約

 

ユーザー車検で費用を削減できるものは、業者に依頼すると発生してしまう点検整備料と車検代行料があり、一般的には2万円ほどかかるといわれています。

 

点検した際に、交換しなければ車検を通ることができない、と判断された部品があった場合にはさらに整備費用がかかりますが、こちらもユーザー車検時に自分でおこなうことで、削減することができます。

 

つまり、ユーザー車検をおこなうことで、点検整備料と車検代行料の2万円と整備費用が必要なくなるのです。

 

また、車検を通すために自分の車に対しての知識を身につけることもひとつのメリットといえるでしょう。

 

検査にはさまざまな項目がありますが、ひとつひとつ知識が必要になります。各検査項目を調べて解決することによって自分の車について詳しくなり、車の調子がおかしくなった際に自分で直すことが可能になります。

 

ユーザー車検は車について勉強しようとするきっかけにもなるのです。

 

 

3.ユーザー車検に必要な書類

ユーザー車検に必要となる書類は以下の通りです。

 

車検証

普段自動車に備え付けているものを使います。

 

 

自動車損害賠償責任保険証明書

こちらは現在使用中のものと新しく契約するものの2つが必要となります。運輸支局内の陸運協会や保険会社で契約をしましょう。

 

 

自動車税納税証明書(継続検査用)

毎年4月1日に自動車税を納税した証明書になり、毎年5月に郵送されるものです。こちらの書類は地域によって必要があったり、なかったりします。あらかじめ連絡して必要の有無を確認するか、わからない場合は持っていきましょう。

 

 

自動車検査票

検査レーンに並ぶ際にこちらの書類が必要になります。こちらの書類に検査項目がかかれており、すべての項目が合格になると車検証の交付が可能になります。

 

 

自動車重量税納付書

こちらの用紙は、各関連サイトでダウンロードができます。ダウンロード、印刷ができない場合はもちろん運輸支局で用紙を配布しているので、こちらを受け取り記入しましょう。

 

記入した用紙に自動車重量税額に相当する金額の印紙を運輸支局内で購入し、納付書に貼り付けてください。

 

 

24ヶ月点検整備記録簿

車両購入した際についてきた書類か各関連サイトで用紙をダウンロードできますのでそちらに記入しましょう。ジャッキで車体の下回りを検査するなどの専門的な知識が少し必要になります。

 

 

継続検査申請書

検査当日に運輸支局内で購入する書類になります。検査をはじめる前に継続検査申請書を購入して記入しましょう。

 

上記のものが必要になります。ユーザー車検は安く済む代わりに、ディーラーや業者に任せていたところを自分でやらなければいけません。

 

4.ユーザー車検の手順

ユーザー車検の手順

 

ユーザー車検の手順について説明します。ユーザー車検は電光掲示板や検査官の指示に従い進めていくことになるので、不安な点やわからない点は検査官に聞いていきましょう。途中、ホイールのハブを棒で叩く検査があるのでホイールカバーをつけている場合は外しておきましょう。

 

検査中は検査官に指示されることがなければ、エンジンを切らないように注意してください。

 

1.書類の確認

ボンネットを開けて車検証などの必要な書類を提示しましょう。検査官が打刻ナンバーや、車検証に記載されているナンバーと同一のものか確認をします。

 

 

2.外観検査

こちらではヘッドライトやワイパー、クラクションなどといった項目を確認します。検査官が指示を出しますのでその指示に従って車を操作してください。

 

 

3.サイドスリップ検査

こちらではタイヤの横滑り量について測定します。検査方法は検査コースのラインにタイヤをあわせ、ゆっくりラインの上を通過します。

 

このときにハンドルは切らずにまっすぐ前進してください。こちらの検査では車がまっすぐ走れるかどうか確認するため、不合格になった場合はタイヤの偏摩耗などを再度確認しましょう。

 

 

4.ブレーキ検査

前方の電光掲示板に指示がでるのでそちらにしたがい、停止線で止まりましょう。4輪を検査機械に乗せ、ギアをニュートラルに入れます。

 

しばらくするとテスターが沈み、ブレーキの検査が開始されます。ブレーキを踏むタイミングは前方の電光掲示板にしたがいましょう。パーキングブレーキの検査もおこなわれます。

 

 

5.スピードメーターの検査

電光掲示板に「40キロでパッシング」と表示されるので指示にしたがいましょう。このときゆっくり速度をあげていってください。パッシングとはヘッドライトを瞬間的に数回点灯させることを指します。こちらの検査をおこなう際は、万が一のためハンドルは握っておきましょう。

 

 

6.ヘッドライト検査

電光掲示板の指示にしたがいヘッドライトを点灯させると、ヘッドライトテスタが光量・光の軸の測定を開始します。ヘッドライト検査が終了すると、車を移動させる指示がありますのでそちらの指示にしたがいつぎの検査に向かいましょう。

 

 

7.排ガス検査

電光掲示板で排ガス検査機からでている細い管、プローブとよばれるものをマフラーの出口にさしこむ指示がでますのでそちらにしたがいましょう。排ガス検査では一酸化炭素や炭化水素の濃度を測定します。検査終了後プローブをマフラーから外しましょう。

 

 

8.下回り検査

検査がはじまると、検査官から指示を出されるのでしたがいましょう。こちらではオイル漏れやマフラー、各部品の劣化を検査されます。

 

 

9.書類提出

検査コース出口に書類を提出する場所があるので、こちらに必要書類を提出しましょう。問題がなければ、これで車検終了となります。車検が不合格となってしまった場合は、再度不合格になってしまった箇所を見直しましょう。

 

 

こちらが一連の流れとなりますが、検査の細かいところや順番は変わりますので、わからないことなどがあれば運輸支局や検査官に相談しましょう。運輸支局でおこなう検査が、ユーザー車検で費用を削減するための壁となりますが検査合格までがんばりましょう。

 

 

5.自分でやるのは難しそう……車検費用を抑えるにはほかの方法もある!

車検費用を抑える方法はユーザー車検で費用を抑えるほかに、ディーラーや業者が壊れている部品を交換してしまう前に、自分で交換をしてしまうことも有効です。

 

 

車検時に部品の交換をお願いすると、交換の手数料がかかってしまいます。自分で部品交換することでその手数料を抑えることができるのです。

 

 

では、簡単にできる車検に通らない部品の確認についてみていきましょう。

 

 

タイヤの確認

車検を通るためにはタイヤの溝が1.6mm以上必要です。ほかにも亀裂、ひび割れが発生している、ナットがゆるんでいる場合は不合格となってしまうので先に取り換えておきましょう。

 

 

ワイパー、ウォッシャー液の確認

ワイパーのゴムが割けている場合や、ウォッシャー液が足りなくなっている状態でも車検に通ることができませんのでこちらも確認しましょう。

 

 

ライトの確認

各ライトの電球が切れている、電球を覆っているカバーが割れて光が漏れている状態になっていると不合格になります。こちらも自宅で確認、取り付けはできるので壊れている箇所は交換しておきましょう。

 

 

エコカー減税対象の車に乗ることで車検にかかる費用を安く抑える方法もあります。エコカー減税は新車を購入するときだけではなく、車検時に支払わなければならない自動車重量税にも適応されるのです。

 

 

6.まとめ

車検にかかる費用はユーザー車検で費用を浮かせることができます。業者やディーラーに依頼した際に発生する約2万円の手数料と部品交換費用を節約することができるのです。

 

 

ユーザー車検をおこなうことで車に対する知識が身につき、車が壊れてしまったときに自分で修理ができるようにもなります。

 

 

そのような面を考えるとユーザー車検に挑戦することは将来的にもプラスになるのではないでしょうか?ぜひ車好きの方には挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

また、ディーラーや業者に車検を依頼する場合には、劣化していたり壊れてしまっている部品を探し、自分で交換してからディーラーや業者にだすようにしましょう。

 

 

エコカー減税対象車に乗ることで自動車重量税を安くし、車検にかかる費用を抑えることもできますので、対象の車に乗り換えてみるのもいいかもしれませんね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.