車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

タイヤの寿命は何年?走行距離ゼロでも交換は必要!

最新情報・レポート

タイヤの寿命は何年?走行距離ゼロでも交換は必要!

タイヤの寿命は何年?走行距離ゼロでも交換は必要!

 

日頃当たり前のようにエンジンをかけたらすぐに動いてくれる車ですが、その車を支えるタイヤをチェックしてみてください。

 

 

三角のマークやひび割れはありませんか?これらはタイヤが寿命を迎え、危険な状態になっていることを示すサインです。

 

 

また、最後にタイヤを購入したのはいつか覚えていますか?製造年月を確認してみましょう。たとえそのタイヤを使っていなくても、購入から4~5年経過している場合はすぐに買いかえる必要があります。

 

 

古いタイヤをそのまま使用していると、パンクよりも怖い「バースト」や、ハイドロブレーン現象などの危険なトラブルにつながるおそれがあります。

 

 

この記事では、安心安全なカーライフを送るために、タイヤの寿命やその見分け方、タイヤの寿命を延ばす保管方法についてご紹介します。

 

 

1.タイヤにも寿命がある!

毎日当たり前のように使っている車ですが、実はその走りを支えているタイヤにも寿命があるということを知っていましたか?

 

 

タイヤはゴムをはじめとしたさまざまな材料によって作られており、それらの材料が使用に伴って自然劣化することで少しずつ形状が変化していきます。

 

 

タイヤは寿命に近づくにつれ、溝がどんどん浅くなっていきます。そうなるとブレーキをかけたときの制動距離がどんどん長くなってしまうので、人や物にぶつかる事故が起きてしまうおそれがあるのです。

 

 

また、パンクよりも危険だといわれるトラブルに「バースト」というものがあるのですが、これが起こるとタイヤが破裂して走れなくなってしまいます。これもタイヤの寿命を超えて運転することによって起こってしまうトラブルのひとつです。

 

 

車の動きを左右するタイヤが寿命を迎えていると、重大な事故を招きやすくなってしまいます。安全な快適なドライブのために、次の項からご紹介する内容を参考にしてタイヤをチェックしてみましょう。

 

 

2.タイヤの寿命は4~5年!

タイヤの寿命は4~5年!

 

では、タイヤの寿命は一体どれくらいなのでしょうか?

 

 

一般的にいわれている寿命は一般的に4~5年といわれています。しかし、急発進、急ブレーキなどが多いとより劣化しやすくなってしまいます。これは、タイヤの一部にだけ負担がかかるためです。

 

 

同じ理由で、発進と停止と繰り返すことが多い都市部の車はより劣化しやすくなります。毎日高速道路を走っている車と、毎日買い物だけに使われる車とではなんとなく前者のほうが速く劣化しやすい気がしますよね。

 

 

しかし、常にまっすぐな状態で走ることができる高速道路は、曲がり角や車庫入れなどでハンドルを切ることが多い街中よりもタイヤには優しいのです。

 

 

また、車体の小さな軽自動車やミニバンなどは、エンジンやモーターが前輪側に集中しています。そのため、頭側のタイヤに負担がかかりやすく、普通のセダンよりも劣化しやすいという特徴があります。

 

 

小さな車はタイヤへの負担も少ないというわけではなく、少し意外に感じるかもしれませんね。

 

 

定期的に前輪と後輪のタイヤを入れ替えて劣化を均一化すると、新品への交換もしやすいのでおすすめです。

 

 

3.使っていなくてもタイヤは劣化していく

タイヤの寿命は4~5年だと上でご紹介しましたが、これを読んでいる方の中には「うちはあんまり使っていないからもうちょっと持つだろう」と思っている方はいませんか?

 

 

しかし、タイヤというものは、実は使っていなくてもどんどん劣化していきます。古い輪ゴムが新しい輪ゴムに比べてすぐに千切れてしまうのと同じように、タイヤのゴムも経年劣化によって弾力性や柔軟性を失ってしまうのです。

 

 

タイヤの寿命をチェックする方法として「溝が残っているかどうか」というのがひとつのポイントとなっていますが、溝が残っていても経年劣化でゴムにひび割れが入っているおそれがあります。

 

 

このひび割れが亀裂へ変化すると、タイヤのトラブルの原因となってしまいますので、使っても使っていなくても4~5年経ったら交換するようにするのがおすすめです。

 

 

4.愛車のタイヤは大丈夫?タイヤのチェック方法

愛車のタイヤは大丈夫?タイヤのチェック方法

 

では、タイヤの寿命がきているかどうかを調べるチェック方法をご紹介します。

 

 

【まずは製造年をチェック】

タイヤの劣化が目に見えなくても内部で進行しているおそれがあります。また、走行距離にかかわらず4~5年たつと寿命を迎えるので、まずは製造年月日をしらべてみましょう。

 

 

製造年月日はタイヤのサイドウォールに「週/年」で表示されています。「3518」であれば2018年の35週目に製造されたということです。この製造年数から4~5年以上経過しているのであれば、タイヤの状態にかかわらず交換をしたほうがよさそうです。

 

 

【溝とスリップサインをチェック】

製造年月日に問題が無ければ、次は溝とスリップサインなどの具体的な状態をチェックします。タイヤの新品時の溝はだいたい8ミリぐらいなのですが、すり減ることによってどんどんこの溝が浅くなっていきます。

 

 

タイヤには寿命の目安となる「スリップサイン」という▲の形のマークがあり、このマークの付近は1.6mmの高さに盛り上がっています。そのため、タイヤのサイドウォールにスリップサインがあらわれていたら、タイヤの溝が1.6mm未満である証拠なのです。

 

 

この状態のタイヤは危険であるばかりでなく、溝の深さが1.6mm未満のタイヤで走行することは法律によって禁止されていますのですぐに交換しましょう。

 

 

溝の浅いタイヤは、ハイドロブレーン現象という、路面とタイヤの間に水が入ってタイヤが浮いてしまう現象の原因のひとつにもなります。ハイドロブレーン現象が起きるとハンドルの自由がきかなくなって大変危険です。雨の日には特にタイヤの状態をチェックしてから運転をはじめましょう。

 

 

【ひび割れや亀裂をチェック】

最後に、タイヤのサイドを確認します。ひび割れがあると亀裂に発展し、さまざまな事故につながりやすくなります。

 

 

買いかえたばかりのタイヤであっても道路上のゴミによってタイヤに傷が入ってしまっていることもありますので、入念に確認しましょう。

 

 

とくに直射日光のあたる駐車場に車を保管している場合は特に亀裂が発生しやすくなります。毎日運転前に日常点検をおこなうように心がけ、深いシワや亀裂があったら寿命の年数を迎えていなくても交換しましょう。

 

 

5.スタッドレスはサマータイヤよりも劣化しやすい!

冬になるとスタッドレスタイヤにはきかえますが、実はこのスタッドレスタイヤの寿命はサマータイヤよりも短いのです。

 

 

スタッドレスタイヤは「スタッド」、つまり「鋲(スパイク)」が「レス」=ないタイヤです。比較的新しい種類のタイヤですが、近年は冬になるとサマータイヤから履き替える人が多く、かなりなじみ深い存在となってきましたね。

 

 

スタッドレスタイヤは雪が積もっていたり凍っていたりする冬の路面でも安全に走行するために柔らかいゴムを使っているのです。柔らかいゴムは劣化しやすく、硬化してしまうのが速いので寿命も夏タイヤよりも短くなります。

 

 

普通のタイヤの寿命は4~5年とご紹介しましたが、スタッドレスタイヤの場合は3年程度が目安のようです。またスタッドレスタイヤで普通の道を走行する場合は、柔らかいゴムにダメージが入らないようにより丁寧に運転しましょう。

 

 

冬道を安全に走るためのゴムの柔らかさが失われてしまっては、せっかくのスタッドレスタイヤも意味がありませんよね。毎年きちんとスタッドレスタイヤの寿命を確認し、安全に運転できる車環境に注意しましょう。

 

 

6.タイヤを長持ちさせる保管方法とは

タイヤの寿命を縮めてしまう要因には、紫外線や熱、油、オゾン、水分などがあげられます。また、街中にあふれている車や工場の排気ガスもゴムを傷める原因となります。

 

 

そのため、タイヤを保管する際にはまずは紫外線とのもととなる日光を避けなければなりません。

 

 

タイヤ保管用シートや防水シートをかぶせ、日光の当たりにくい涼しいところを選んで保管しましょう。特にスタッドレスタイヤは気温の高い夏に保管することになるので、保管場所に陽が当たらないようにすることが大切です。

 

 

保管する際はタイヤラックを使うか、単体なら立てて(タイヤサイドに負担をかけないようにするため)、ホイール付きのものであれば、適正地の半分程度の空気圧に調整したあと横積みにしておきましょう。

 

 

7.まとめ

タイヤの寿命は、一般的には4~5年程度といわれています。しかし、曲がり角が多い街中で使用している場合や、車の前側に重量がある車の場合はタイヤの一部分に負担がかかるため、これより短くなります。

 

 

また、タイヤの材料であるゴムは紫外線、熱、排気ガス、オゾンなどに弱いので、保管場所には注意が必要です。ゴムが軟らかく硬化しやすいスタッドレスタイヤは夏場に保管することになるため、日陰で風通しの良い場所を選びましょう。

 

 

さらに、タイヤは使っていなくても劣化します。購入したまま使っていないタイヤであっても、製造年数から4~5年経過しているのであれば新品に買い替えるのが良いでしょう。

 

 

他にタイヤの寿命を見分ける方法として、「スリップサイン」と「ひび割れや亀裂」などがあげられます。スリップサインがあらわれていると法律で定められているタイヤの溝の深さ1.6mmを下回っていることを示します。

 

 

ひび割れや亀裂が起こっていると、バーストなどの深刻なタイヤトラブルに発展するおそれがあります。たとえ溝や亀裂がなく、やタイヤの製造年数が4~5年前以内であっても、これらの状態を確認したらすぐに買いかえましょう。

 

 

タイヤは車の安全のためにもっとも大事な存在です。安心して運転するためにも、日常点検をおこなうように心がけ、適切なタイミングで買いかえましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.