車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

タイヤ交換の目安は何年?年数やチェックするポイントを解説

最新情報・レポート

タイヤ交換の目安は何年?年数やチェックするポイントを解説

タイヤ交換の目安は何年?年数やチェックするポイントを解説

 

タイヤ交換を最後にしたのはいつか覚えていますか?「ええっと、いつだっけ……?」と、思い出せない方は今すぐ車のタイヤチェックをおこないましょう。

 

 

自動車のタイヤは、使用してもしなくても徐々に劣化していく物であり、またタイヤの劣化はスリップ事故やパンク事故などに直結します。

 

 

したがって、タイヤは定期的に点検を行い、交換時期であればしっかり交換をする必要があるのです。ここではそんなタイヤの交換となる時期やタイヤ交換の目安となるポイントを解説します。

 

 

1.タイヤの状態は定期的にチェックを!

自動車はタイヤにある溝とゴムの摩擦を利用して地面を引っかきながら走るので、タイヤが回転すればするほどタイヤの表面がすり減っていき、溝の深さが浅くなっていきます。

 

 

タイヤの溝が浅くなったまま走行を続けると、スリップ事故などが起こりやすくなります。雨上がりに自転車を漕いでいてブレーキをかけたら滑って転んでしまった記憶はありませんか?あのようなことが自動車で起こる恐れが高まってしまうのです。

 

 

また、車に乗っていなくてもタイヤのゴムは時間と共に自然劣化していきます。ゴムが劣化してしまうと硬くなったり、ゴム特有の伸縮性が失われてしまったりするため、傷や変形に対して弱くなってしまいます。

 

 

タイヤの傷や変形は見ればすぐにわかりますが、溝のすり減りやゴムの自然劣化は目で見て点検しないとわかりません。

 

 

もし事故が起きてから点検を怠っていたことを後悔しても遅いので、定期的な点検が必要です。

 

 

タイヤの溝が1.6mmより小さくなると道路交通法に違反することになり、車検にも通らなくなるのでタイヤの状態には常に気を配る必要があるのです。自分の目でできる範囲のチェックは定期的していきましょう。

 

 

タイヤ交換の目安となるポイントはいくつかあります。次ではタイヤ交換の時期について解説していきます。

 

 

2.タイヤ交換の目安は約4年!

タイヤ交換の目安は約4年!

 

タイヤ交換時期の目安は約4年といわれています。ここではこの【4年】という数字について、2つの理由から説明していきます。

 

 

・ゴムの劣化速度

タイヤは自動車にのりつづけることでゴムが徐々に劣化していきます。タイヤが製造された時期からゴム特有の伸縮性が段々失われていき、タイヤを使用して4年経過した物は交換したうがよいといわれています。

 

 

しかし、タイヤのゴムがどのように劣化していくかによってこの寿命も前後していきます。

 

 

例えば荷物の積みすぎを頻繁におこなった場合はタイヤの外側が早く摩耗していったり、急ブレーキや急ハンドルが多い場合はタイヤ表面の一部が著しく摩耗していったりしていれば、4年よりも早くタイヤ交換の必要に迫らます。

 

 

・走行距離

次に、「走行距離」というポイントから目安の約4年について説明します。私達は平均して年間約6,000km走行しているといわれており、またタイヤの溝は5,000kmごとに1mmすり減るといわれています。

 

 

新品のタイヤの溝は基本的に8mmであり、タイヤメーカー公式ではタイヤの溝は4mm以下になったら交換をするように推奨されています。

 

 

年間6,000kmということは4年で24,000kmなので4.8mmすり減り、残りは3.2mmになる計算になります。よってタイヤ交換をする時期になるということです。ですが、これも住んでいる環境によって年間走行距離などが変化してくるのであくまで目安としておいてください。

 

 

3.タイヤのチェックポイントはココ!

ここからはタイヤ交換の目安となるポイントを具体的に説明します。

 

 

・スリップサイン

これはタイヤの溝がすり減っていくと現れる目印です。このスリップサインが現れたら溝の深さが1.6mmを下回っているので道路交通法違反の恐れがあり、また車検にも引っかかります。すぐにタイヤを交換しましょう。

 

 

以下の動画は、タイヤのスリップサインの具体的な場所やスタッドレスタイヤについての説明となっています。

 

引用:https://youtu.be/kHMxgycuDBw

 

・タイヤ表面の傷、変形

次に、タイヤ表面の傷や変形を目で確認します。特に、縁石などに接触してしまったなどの軽い事故はタイヤの変形を招く恐れがあります。そういった経験のある人は必ず確認しましょう。特にタイヤの側面が一部盛り上がっている部分を発見したらすぐに交換が必要です。

 

 

 

たとえそのような経験がなくても、小さなガラス片など、鋭利な物がタイヤに刺さっていることに起因したひび割れなどもあるので注意が必要です。タイヤの変形やひび割れを放置していると走行中にタイヤが破裂してしまい、大事故につながるおそれがあります。

 

 

・タイヤの製造時期

次に、タイヤゴムの自然劣化を見るために、タイヤの製造時期を確認します。タイヤの製造時期は、タイヤの側面に直接書いてあります。

 

 

タイヤの側面には製造番号が掘られており、そこから製造時期を知ることができます。以下の動画はタイヤの側面に記されている製造時期などの解説となっています。

 

引用:https://youtu.be/wtO3_XNP2S4

 

タイヤが製造されてから4年たっている場合は溝がすり減っている可能性があるのでの深さを確認しつつ必要に応じてタイヤを交換しましょう。また、タイヤの製造から10年経過しているものは見た目に問題がなくても交換をおすすめします。

 

 

・タイヤの空気圧

最後に、空気圧を確認します。自転車のタイヤの空気がなくなると運転しづらかったり、タイヤの寿命が縮みやすくなります。自動車のタイヤも同じで空気圧が低い状態のまま走行しているとだんだん運転しづらくなったり、タイヤの寿命をいたずらに縮めることにつながります。

 

 

タイヤの適切な空気圧は車両ごとに決まっており、車両のドア付近やマニュアルに載っています。空気圧はエアーゲージと呼ばれるツールを使い自分で調べるか、ガソリンスタンドで調べましょう。以下の動画は適切な空気圧の確認方法や空気圧の測定方法について解説しています。

 

引用:https://youtu.be/1LagRH2cV7g

 

4.スペアタイヤも忘れず状態チェック!

スペアタイヤも忘れず状態チェック!

 

スペアタイヤの点検はしたことがありますか?自動車は頻繁に点検できる物ではないので、ついでにタイヤ交換の時に同時にチェックをしておきましょう。

 

 

スペアタイヤの場所は自動車によって違いますが、荷物を置くトランクの更に内側にある物や車の下に付けられている車種、そもそもスペアタイヤが付いていない車種などが存在します。

 

 

スペアタイヤの交換の目安はノーマルタイヤと変わらないですが、これに加えて取り付けている部分が緩んでいないか確認をしましょう。

 

 

5.まとめ

タイヤは使用を重ねるごとに摩耗していくため定期的に点検する必要があります。

 

 

タイヤ交換の目安は約4年で定期的にスリップサイン、表面の傷、変形、ひび割れ、タイヤのゴムの状態を目で確認し、空気圧を測定する必要があります。またスペアタイヤを備え付けている場合は同時にチェックをおこないましょう。

 

 

もしタイヤの点検で判断に迷うようなことがあれば、お近くのガソリンスタンで確認をしてもらうことをおすすめします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.