車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

FF・FRとはどういうもの?自動車の駆動方式について違いを解説します

最新情報・レポート

FF・FRとはどういうもの?自動車の駆動方式について違いを解説します

FF・FRとはどういうもの?自動車の駆動方式について違いを解説します

 

車には重量や形状などそれぞれ違いがあり、規格が決められたものが販売されています。駆動方式もそのひとつであり、それぞれエンジンの位置が違ったり駆動する車輪が違ったりします。

 

今回は駆動方式についてどのような違いがあるのか、それぞれの駆動方式のメリット・デメリットは何かということを説明します。

 

 

1.FF・FRは駆動方式の違い!

ここではFFとFRの駆動方式の違いについて説明します。

 

FFとはフロントエンジン・フロントドライブのことです。前にエンジンがあり、前の車輪を駆動させているという構造になっています。FF車はエンジンと差動装置が離れていない点が特徴です。最近の市場に出回っているほとんどの車はFF方式を採用しております。

 

FRとはフロントエンジン・リアドライブのことです。前方にエンジンがあるのはFFと同じですが、FRでは後ろの車輪を駆動させて稼働する構造になっています。

 

FF方式の自動車構造と大きく異なるのは、FR車はプロペラシャフトを使用しているところになります。プロペラシャフトとは、エンジンが生み出した動力を中継して、差動装置に伝えるための部品です。

 

FR方式では、離れたところにある差動装置へエンジンからの動力を伝えています。FF方式はエンジンのすぐそばに差動装置があるので、プロペラシャフトで動力を伝える必要がないのです。

 

エンジンの置きかたにも違いがあります。FF(フロントエンジン・フロントドライブ)方式は横置きのエンジン、FR(フロントエンジン・リアドライブ)方式は縦置きのエンジンとなっていることがほとんどです。

 

一時期流行となったスポーツカーの駆動方式のほとんどはFR方式でした。

 

最近ではスポーツカー自体が少なくなってきていることと、FF方式でのメリットが大きいことも相まってFR方式を採用している車は少なくなりました。その反面、高級車ではFR方式の需要はまだまだ底をつきません。

 

2.FFのメリット・デメリット

FF車とFR車の違いは駆動方式ということが分かりましたが、それぞれにどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まずはFF方式について具体的にご紹介します。

 

 

【FF方式のメリット】

 

・室内空間が広く取れることで快適性が高い

FF車はエンジンや機動装置などがすべて車両前部にあるため、そのぶん車内が広い車が多いです。室内空間が広いとそれだけ乗車中の快適性が高いです。

 

・まっすぐ走っているときの安定性、車の安全性に優れる

前輪で駆動しているため、走行中は車体の正面部分に重心が寄ります。前方に荷重がかかることによって、特にまっすぐ走行したときにふらつきにくくなるのです。

 

 

【FF方式のデメリット】

 

・加速性能が劣る

FF方式の自動車はエンジンや機動装置などを車両前部に集中させているので、重さが偏ってしまいます。そのため、急加速をおこなうとリアのほうに荷重が加わって車体の後部が沈み、前部が浮いてしまいます。

 

そうすることにより駆動輪である前輪にトラクションがかかりにくくなってしまうので、加速が鈍くなるのです。

 

・小回りが利きにくい

FF方式の自動車は車両前部に差動装置や駆動輪などがあり、複雑な構造になっています。さらにはエンジンが横置きのため、タイヤの切れ角スペースがFR車に比べて限りがあるのです。

 

その結果、小回りが利きにくくなっています。また、前輪部分を操作する都合上、ハンドルが重たくなります。ハンドルがやや切りにくくなる傾向にありますので、小回りがFRよりもしにくいといえます。

 

・コーナリング性能が悪い

FR車に比べてFF車はコーナリングを苦手とします。今なおスポーツカーがFRを採用しているのは、このことが大きいともいえるでしょう。FF車の場合は、コーナーを曲っている最中、速度と比例して車が外側にふくらんでしまう「アンダーステア」が起こってしまいます。これは前部にエンジンや差動装置などを載せており、前に重さが偏っているために発生します。

 

 

【前輪駆動車特有の技「タックイン」】

前述したアンダーステアの発生させない運転方法として「タックイン」というものがあります。

 

タックインは、前輪が駆動する自動車特有(四輪駆動車も含む)のコーナリング作法です。運転中、コーナーで曲がっているときに一瞬アクセルを離し、駆動輪である前輪をより内側に旋回させることでコーナーでのふくらみを減らせるドライブテクニックになります。

 

ただし、タックインはドライブテクニックがないと難しい運転方法です。この方法で運転できれば、FR方式の自動車にも引けを取らず、スポーティに走ることができます。

 

 

【FF方式を採用している代表的な自動車】

 

◆ホンダ シビック タイプR(世界最難関サーキットのニュルブルクリンクをFF方式自動車の中で最速タイムを記録した日本の代表的な自動車)

図

https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

 

3.FRのメリット・デメリット

FR方式はFF方式とは対称的になります。FF方式との違いを交えながら、FR方式についてのメリット・デメリットについて説明します。

 

 

【FR方式のメリット】

 

・加速性能が良い

FR方式はフロントエンジン・リアドライブ方式です。FF方式は車両前部にエンジンや差動装置があるので重さが偏りやすいです。その一方でFR方式は、車両前部にエンジン、車両後部に差動装置と配置されています。その結果、偏りを少なくできるうえ重心を分散ができるので、急加速時に車両前部が浮くことはほとんどありません。

 

・コーナリング性能が良い

FR方式は車体全体にかかる重心が偏っていないので、走行中のバランスもいいです。スムーズにコーナーを抜けることができます。

 

・小回りが利く

FR方式は、縦置きエンジンで差動装置が車両後部にあります。FF方式に比べ1カ所に集中した構造になっていないので、タイヤ周りにスペースをさくことができるのです。よって、タイヤの切れ角を大きくすることができるので、その分FR方式の自動車は小回りが利きます。

 

 

【FR方式のデメリット】

 

・室内が狭いので快適性が良くない

FR方式はエンジンと差動装置間の距離が離れているため、動力を届けるためにプロペラシャフトを使用しています。そのプロペラシャフト部分は、車両前部から車両後部にかけて車の中心を縦に走る形状になります。

 

結果、室内の中央足元部分がプロペラシャフトのぶんの空間となってしまい、十分なスペースが取れなくなってしまいます。また、乗り心地も悪くなるのでFF方式に比べて快適性にかけます。

 

・オーバーステアが出てしまう

FR方式の自動車には「オーバーステア」という現象が発生することがあります。FF方式のデメリットとして「アンダーステア」をあげましたが「オーバーステア」はその対義語です。

 

「オーバーステア」とは後輪駆動車に起こる現象です。スピードにのりながらコーナーに進入し、旋回すると駆動輪である後輪が横に滑り出します。これが「オーバーステア」です。

 

「オーバーステア」が発生したら車は次第に内側に向きます。そこで立て直さないとスピンしてしまいます。「オーバーステア」が発生しない対策方法としては、コーナー進入の際にはしっかり減速をして旋回することです。「オーバーステア」を応用した「ドリフト」という技法があるのでそれも紹介します。

 

 

【FR方式を採用している代表的な自動車】

 

◆マツダ ND型ロードスター(現在販売されているマツダ車で商用車を除く自家用車で唯一のFR方式の自動車である)

図

http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/?link_id=sbnv

 

4.他にも4WDやMR、RRなども

FF方式、FR方式のほかにも、いろいろな駆動方式があります。ここでは4WD、MR、RR方式について紹介していきます。

 

 

【4WD(AWD)】

 

最近、SUV車に人気が集まっています。SUVとは「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略称で、舗装路はもちろん未舗装路も走ることができる車両です。このような車両の駆動方式は大抵が4WD(四輪駆動)またはAWD(全輪駆動、総輪駆動)方式を採用しています。

 

4WD(四輪駆動)とは、前述の通り4つの車輪が駆動しているということです。すべての車輪が駆動しているということで、一部メーカーではAll Wheel Drive(AWD)と呼んでいたりします。

 

4WD方式には2つの方式があり、1つはパートタイム4WD方式ともう1つはフルタイム4WD方式があります。

 

パートタイム4WD方式とは通常走行時はFF方式で走行し、未舗装路走行時や緊急時に専用のボタンで駆動輪を切り替えるという方式です。フルタイム4WD方式は、通常走行時も四輪を駆動させて走行するという方式です。

 

4WD方式にももちろん、メリットやデメリットがあるので解説します。

 

 

【4WD(AWD)方式のメリット】

 

・酷道や険道を走るのに適している

四輪すべてを駆動させておくことで、スリップや空転がしにくくなります。馬力が2輪駆動よりも出るので、悪路走行には一番適している駆動方式といえるでしょう。ラリーカーは舗装路、未舗装路どちらも速く走ることができる特別な四輪駆動車です。

 

・「アンダーステア」や「オーバーステア」が起きにくい

駆動輪が全輪なので偏りがなく、後輪車特有の「オーバーステア」が起きにくいです。危険な速度でコーナーに進入した場合でもスピンが起きにくいといわれています。

 

 

【4WD(AWD)方式のデメリット】

 

・駆動輪が四輪なのでその分総重量が重くなる

FFやFRなどに比べて、駆動輪が多いのでその分重くなります。重くなると「アンダーステア」が起こるのでは、と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、危険な速度でコーナーへ進入しても重いので曲がらないのです。

 

・FFタイプやFRタイプに比べて車が高価である

駆動輪が倍になることから、その分駆動輪の加工や部品装着などをしなければならないので、同じ車でも4WDのほうが高くなります。

 

しかし、降雪地帯やアップダウンの大きい土地など、悪路をよく走るかもしれないのであれば、すこし高くても4WD方式の自動車を使用することをオススメします。

 

 

【4WD(AWD)方式を採用している代表的な自動車】

 

◆スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ

https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

 

4WD方式は車両価格が高額ですが、スポーティに走れる面もありSUVを中心に注目されています。

 

 

【MR】

MRとはミッドシップエンジン・リアドライブことであり、ミッドシップとは主に前輪と後輪の間にエンジンがついているタイプのことをいいます。

 

F1などのフォーミュラカーはすべてMR方式の車両です。フォーミュラカー以外にも、ハイパワーな自動車はMR方式を採用していることがほとんどです。

 

ここからはMR方式のメリット・デメリットを紹介します。車両前部にエンジンを搭載しているFR方式との違いを交えながら説明します。

 

 

【MR方式のメリット】

 

・プロペラシャフトがない

FR方式の場合は車両前部にエンジンが搭載されているため、車両後部にある差動装置へ動力を送るのにプロペラシャフトが必要でした。しかし、MR方式の場合はエンジンが後輪の差動装置のすぐ近くにエンジンがついているためFF方式のように必要ではなくなります。

 

・加速性能が優れている

FR方式の場合、車両前部にエンジンがありプロペラシャフトを介して動力を後輪にある差動装置に伝える必要がありました。

 

しかしMR方式なら、エンジンが後輪のすぐ近くにあるので動力を瞬時に駆動輪である後輪に伝えることができます。MR方式を採用している車両がハイパワーである理由はこのためです。

 

 

【MR方式のデメリット】

 

・2人乗りの車がほとんどである

通常MR方式は後部座席付近にエンジンがついています。そのため採用されている車のほとんどが2人乗りです。ロータスのエヴォーラは4人乗り、エスティマの初代は7人乗り車両ですが、MR方式を採用している中でも例外的な車種です。

 

・FR方式同様「オーバーステア」が発生しやすい

FR方式の自動車と同様にMR方式も「オーバーステア」が発生しやすい駆動方式となっています。これは加速性能が優れている分、より「オーバーステア」が発生しやすくなるためです。

 

・まっすぐ走るときの安定性があまりよくない

エンジンと差動装置が分けられているFR方式と違い、MR方式はエンジンと差動装置が近い位置にあります。荷重が車両後部に偏るため、加速性能がFR方式より優れています。

 

その一方で、すこしアクセルを踏んだだけで回転数が上がってしまうため、まっすぐ走るときの安定性にかけてしまうのです。

 

 

【MR方式を採用している代表的な自動車】

 

◆ケーニグセグ アゲーラ RS

ケーニグセグ アゲーラ RSとは、2017年11月、447km/hを記録し、量産車の中で世界最速ということで噂になった車両です。

ケーニグセグ

http://koenigsegg.jp/agera-rs/

 

 

【RR】

RRとはリアエンジン・リアドライブのことです。MR方式のミッドシップエンジンは全輪と後輪の間にエンジンが搭載されている駆動方式ですが、RR方式であるリアエンジンは後輪の後ろに搭載されているエンジンのことをさします。

 

RR方式を採用している日本の自動車は多くありません。そのためイメージがつきにくいという人もいるでしょう。

 

過去にはRR方式が多く採用され、一時代を築き上げたような歴史もありました。しかし時代がたつにつれて日本の道路も舗装され、まっすぐ走っていることが多い高速道路が増えました。

 

これにより安定性があまりないRR方式を採用する自動車が少なくなり、RR方式よりもFF方式が主流の駆動方式となっていったのです。

 

これからRR方式のメリット・デメリットを紹介します。同じ後輪駆動であるFR方式やMR方式、真逆の駆動方式であるFF方式との違いを交えながら説明します。

 

 

【RR方式のメリット】

 

・FF方式同様構造物が偏るので、室内空間が広くなる

RR方式のトランクルームは車両前部にありました。プロペラシャフトもいらず、後輪より後部にエンジンがあるので室内空間が広く取れます。

 

 

【RR方式のデメリット】

 

・FF方式と違いまっすぐ走るときの安定性があまりよくない

MR方式と同じように車両後部に重さが偏ってしまうため、まっすぐ走るときの安定性があまりよくないです。

 

FF方式も車両前部に重さが偏っているから安定性がよくないのではと思うかもしれません。しかし、FF方式は前輪駆動と旋回輪である前輪が駆動輪なので、ハンドルが重く安定性があります。

 

・車両前部に大型のサスペンションなどの導入によりトランクルームが狭くなった

高速道路で安定した走行ができるように大型なサスペンションやブレーキを導入するようになりましたが、結果的にそれが車両前部にあったトランクルームを狭める原因になりました。

 

 

【RR方式を採用している代表的な自動車】

 

◆ポルシェ 911 GT2 RS(1964年の初代911の発売からRR方式を採用しているポルシェで一番馴染みのある自動車)

ポルシェ 911 GT2 RS

https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-gt2-rs/911-gt2-rs/

 

5.まとめ

今回は自動車のさまざまな駆動方式についてご紹介しました。

 

FF、FR、4WD、MR、RRそれぞれの駆動方式は似ているようで全く違う特性があります。どの駆動方式がよいのか、自分のドライビングスタイルに合っている駆動方式はどれか、ということを検討してみましょう。

 

将来、お車を購入される際は駆動方式の違いについても参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.