車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

車のA/Cボタン。あれは一体なに?機能と使うタイミングについて解説

最新情報・レポート

車のA/Cボタン。あれは一体なに?機能と使うタイミングについて解説

車のA/Cボタン。あれは一体なに?機能と使うタイミングについて解説

 

車の空調機能の横についている「A/C」と書かれた謎のボタン。ボタンを押してすぐ車が壊れるわけではなさそうですが、だからといってむやみに知らないボタンを押すのにも抵抗がありますよね?

 

実は、車のA/Cボタンは快適なドライビングを実現するのに重要な機能となっており、知っておいて必ず損にはなりません!ここではそんなA/Cボタンの具体的な機能の説明や、実際にどのようなタイミングで使用すればよいか説明していきます。

 

 

1.車のA/Cボタンは冷房と除湿効果

車のA/Cボタンは「Air Conditioning」の略で、つまりエアコンのことです。家電のエアコンと言えば「冷房」「暖房」「除湿」になりますが、車のエアコンことA/Cの役割には「暖房」の機能はな「冷房」と「除湿」のみなります。

 

A/Cボタンをオンにすると車に載っている冷却用コンプレッサーが動き出します。外の空気を取り込んでコンプレッサーで取り込んだ空気を除湿&冷却をした後に、送風口から冷たい空気を送り出しているのです。

 

夏場の暑い日、車の風口から生ぬるい風しかでてこない!というのはA/Cボタンをオンにしていないため、冷却された空気がでてこないからになります。

 

夏場の車内温度は温泉卵が作れてしまうくらい高くなってしまうので夏場のドライビングには必須の機能になりますね。

 

また除湿機能も搭載されているので、車内の湿気が高いときにも有効です。特に冬場は車内の温度と外気の気温差が大きく開くため結露が生まれやすくなります。除湿機能ではこれを取り除くことも可能です。

 

2.暖房はA/Cボタンがオフでも大丈夫!

暖房はA/Cボタンがオフでも大丈夫!

 

では冬の場合、車のA/Cボタンはどうすればよいでしょうか?冬場は車のエンジンの冷やすときに使われた液体からでる余分な熱を再利用しているため車内が温められます。つまりA/Cボタンは基本的にオフのままでも問題ありません。

 

余談ですが、室内用の暖房エアコンは車のようにエンジンからの余分な熱を再利用することはできないため、「液体が蒸発するとき、蒸発した気体が周りから熱を奪う性質」と「気体が液体になるとき、気体が周りに熱を放出する性質」を利用しています。

 

室外機と暖房を循環している冷媒(れいばい)が外気を吸って暖かい空気へと変換し、冷媒に蓄えられた熱が室内へ放出されることで部屋の温度を高める仕組みを用いています。

 

車の暖房はエンジンの冷却水からでた熱をそのまま再利用している仕様上、車内を温めることに関して言えば燃費に影響はありません。

 

しかし、そんな冬場でも冬ならではの理由でA/Cボタンをオンにする場合があります。それは一体なんでしょうか?ポイントはA/Cボタンのもう1つの機能である「除湿」です。

 

3.窓の曇りにはA/Cボタンを!

冬場、暖房のきいた暖かい屋内にいると窓が水滴で濡れて外が見えない……といった経験はありませんか?

 

これは自動車に乗っている間も例外ではなく、車内の気温と外気の気温差で窓の内側に水滴がついてしまうのです。特に車内に人が多いと人間の体温と汗によってより湿度も高まってきます。

 

そうすると運転席の窓が曇ってしまい、前が見えなくなるため大変危険です。

 

ここでA/Cボタンが登場するわけです。すでに軽く触れましたが、車のA/Cボタンには「除湿」機能が搭載されているため、車内の湿気を取り除くことができるのです。

 

窓が曇ってから除湿をするよりも、窓の曇り対策としてあらかじめA/Cボタンをオンにするとよいでしょう。

 

しかし、除湿をする以上車内は乾燥します。乾燥に弱い体質の方がいると肌荒れやせき込んでしまったりする場合があるので、その場合は過度な除湿を控えましょう。

 

もし気になるのであればA/Cボタンを使わず窓に曇り止めをコーディングするのも手です。

 

4.A/Cボタンは燃費が悪くなるデメリットも

A/Cボタンは燃費が悪くなるデメリットも

 

冷房と除湿を兼ね備えたA/Cボタンですが、デメリットがあります。それは「燃費」です。

 

車に載っているコンプレッサーが空気を冷やす際、圧力をかける必要があるのですが、この圧力をかけるために車のエンジン動力を利用しているためです。

 

特に夏場は外の気温が高いため空気を冷やすのにより強い圧力を必要とします。よってエンジンに負担がかかりやすく燃費がおおよそ1割から2割程度悪くなってしまいます。

 

なので、外の空気がそこまで暑くない場合はA/Cボタンを使用せず、外の空気を車内に循環させて車内温度を下げるなどいった手段を取りましょう。夏場の燃費の低下をある程度食い止めることができます。

 

逆に冬場は外の気温が低いため、A/Cボタンで空気を冷却するのにそれほどコンプレッサーの圧力を必要としません。同じ「車のA/Cボタンを押す」ということでも、冬場の方が燃費が悪くなりにくいのです。

 

5.まとめ

車のA/Cボタンには主に「冷房」「除湿」の2の機能があり、冷房機能は夏場の高い車内温度を冷やす手段として有効になります。

 

また冬場はエンジンの熱があるのでボタンを押さなくても暖房が入りますが、窓の曇らないように除湿目的でを利用するとよいでしょう。

 

このように、A/Cボタンは1年を通じて使用する機会が存在するわけです。正しい使い方を覚え、適切なタイミングで使用するようにしましょう!

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.