車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

賢く車の査定をしてもらうには?査定のポイントや買取のコツを解説!

最新情報・レポート

賢く車の査定をしてもらうには?査定のポイントや買取のコツを解説!

賢く車の査定をしてもらうには?査定のポイントや買取のコツを解説!

 

車を手放すときや買い替えるとき、たいていその車は買取に出すことになるでしょう。その際、おそらく「どうせ売るなら高く買い取ってもらって手放したい……」と考える方がほとんどではないでしょうか。しかし、車は一体いくらで売れるものなのでしょう?そもそも、車の買取価格はどのように決まるものなのでしょうか?

 

ここでは、車の査定でなるべく高く買い取ってもらうコツや、具体的に査定でどこを見られているのかといったポイントなどを紹介します。長く使った思い入れのある車を納得のいく値段で買い取ってもらうため、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

 

1.車の査定で損をしないためには!

車の査定で少しでも高い値段をつけてもらうには、事前に調べておくといいポイントが2つあります。

 

 

車の一括査定を利用する

1つ目のポイントは「車の一括査定」です。一括査定とは、複数の車買取業者に一斉に査定の依頼をして買取価格を見積もってもらい、比較検討することをいいます。 少しでも高く売りたい場合、複数の買取業者に一括で査定依頼をして、少しでも高く買取してくれるところで売りましょう。

 

しかし、車の相場というのは日々変動をするので、見積もっている間に変動してしまって思った値段で売れないということもあり得ます。長くても1週間以内には結論を出すようにしましょう。

 

 

種類の違う買取業者に依頼する

2つ目のポイントは「幅広い種類の買取業者から車の査定をしてもらう」ことです。買取業者の種類によっても査定価格が違ってきます。新車を売っているディーラーはどんな車でも査定・下取りし、同時に新車購入につなげるという流れがよくあるようです。 しかし、特に見落としがちな「中古車販売専門店」「車買取専門店」との違いを把握しておくことをおすすめします。

 

中古車販売専門店

中古車専門販売店はその名の通り、中古車を買い取ってから販売するまでを一貫しておこなっています。買い取った中古車は整備してから店頭に並べるか、オークションに流すことがほとんどです。店頭での販売が見込める車は、査定の際に高めの買取価格を示す場合があります。

 

車買取専門店

車価格買取専門店は買取のみを専門としており、買い取った車は主に中古車オークションに流したりします。車の買取に特化しているため、査定の際に高く買い取ってくれる可能性が高いです。

 

これら以外にも、買取店や業者によって扱いを得意とする車のモデルがあったり、在庫が少ないなどの事情によって買取価格が上昇するパターンもあり得ます。店舗ごとにそれぞれ事情が違うため、さまざまな種類の買取業者に一括で査定をしてもらう必要があるのです。

 

ちなみに本当に少しでも高く買取をしてほしい場合、決算期の3月やボーナスの時期になる9月は購入者の需要が高まり、買取価格が上昇する場合があります。もし買取時期を狙える余裕がある場合は、このような季節柄の相場の変動にも気をつけてみるとよいでしょう。

 

2.車の査定でチェックされるポイント

車の査定でチェックされるポイント

 

よく「査定に出す前に車を掃除するといい」と聞きますが、買取業者が見ているのは見た目だけではありません。買取業者はもっと車の内面的な部分を見ているのです。見た目の印象はいいほうがよいのは間違いありませんが、あくまで気休め程度にとらえておきましょう。

 

では、車の買取価格はどのような点で決まるのでしょうか?車の査定で買取業者が確認する主なポイントを説明します。

 

 

車種や走行距離などの基本プロフィール

まず、査定額の大半を決めるのが、車種といった基本的なプロフィールになります。しかし「古い車=買取価格が安い」というわけではなく、古くても人気の車種であればそれほど査定額が下がらないこともあります。 反対に、修理がいるレベルの事故歴や修理歴があった場合には、査定額が下がってしまうことがほとんどです。

 

そして、その車が何年でどれだけの距離を走ったかも、査定において大事なポイントになります。どの程度の距離で査定額が上がるかは買取業者次第ですが、普通車は平均して年間約1万km、軽自動車は年間約8,000kmを境に査定額が変動することが多いようです。

 

また、古い車は走行距離が10万kmを超えていると、エンジンなどを含めた車の部品の消耗が激しいため値段がつきにくいパターンもあります。最近の車は頑丈になってきましたが、古い車は一応走行距離に注意してみるといいでしょう。

 

買取価格は基本的に世の中の需要によって左右されているので、車体のカラーも重要です。定番色である白や黒色は人気があるため、買取価格が上がる見込みがあります。逆に紫や茶色など需要の低い色は、同じ車種の人気色に比べて買取価格が低くなってしまいます。

 

 

外装や内装の状態

車のボディやガラスにキズやへこみはないかといった点や、ドアやミラーが問題なく動くかなどの機構面も確認されます。 内装は、ゴミなどの掃除して取れるような汚れではなく、シートにジュースがこぼれたようなシミやタバコの焦げた跡など、掃除だけでは取り除けない汚れが査定額に影響するようです。また、タイヤの状態やパーツのサビ、へこみなども査定価格に影響してきます。

 

 

エンジンなどの機構の状態

バッテリーやエンジンオイルなど、車の中に搭載されている機構のコンディションも査定額に響いてきます。また、修復歴の有無によっても査定額が変化することがあるようです。

 

 

装備やオプション

購入したときについてきた説明書や新車時の保証書、スペアキーなどがきちんと保管されていたかも重要です。 車に搭載されている装備も重要で、最近ではメーカー純正の大画面カーナビが装備された車などは査定額が上がります。また、今後の需要として、安全運転機能がつけられているかどうかも買取価格に関わってきそうです。

 

 

3.買取と下取り両方で見積もりを

買取と下取り両方で見積もりを

 

車買取の査定について説明してきましたが、車を少しでも高く買い取ってもらおうと考えるのであれば買取と下取り、両方を見積もってもらうというのもおすすめです。

 

たとえば査定してもらった車に事故歴があるために査定額が低かったり買取不可になった場合は、下取りにしたほうが結果的に高く売却できたという可能性があります。 車の下取りは車の相場価格に左右されず、事前に下取り価格が決められています。そのため事故歴を抱えた車でも、一定の額で買取してくれるのが大きなメリットです。

 

このことから、車を高く売るためには、買取をしたほうがいいのか下取りをしたほうがよいのかを知るために、両方を査定して比較検討する必要があります。

 

最近の買取店ではご自宅まで出張して査定してくれるサービスなどを展開する店舗もありますので、そういったサービスを積極的に利用すると一括査定の負担が減るでしょう。

 

4.まとめ

車をできるだけ高く買い取ってもらうには、車の一括査定を利用して複数から見積もりを取ってもらうのがよいでしょう。出張買取サービスを利用したりして、素早く複数社の買取価格を比較検討するのがおすすめです。

 

車の査定額が分かれるポイントは、その車の車種や年式といった基本的なプロフィール、事故歴や外装のへこみ、内装の状態です。査定前に車の掃除をおこなうのは、あくまで気休め程度にしておきましょう。

 

また、買取価格だけでなく、下取り価格も見積もってもらい比較検討をおこなうといいかもしれません。 せっかく長く愛用してきた車ですから、納得するまで見積もってもらい満足する価格で手放しましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.