車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

自動車税が減税ってどういうしくみ?エコカー減税制度とは

最新情報・レポート

自動車税が減税ってどういうしくみ?エコカー減税制度とは

自動車税が減税ってどういうしくみ?エコカー減税制度とは

 

車は種類や性能によって減税されることがありますが、「具体的にどのような性能であれば減税の対象になるのか」、車を購入するときには特に気になるものですよね。

 

ここでは自動車に関わる税金を紹介するとともに、自動車税の減税制度や軽自動車との違いについて解説していきます。最近では「エコカー減税」などという言葉をよく聞かれることも多いのではないでしょうか。自動車税の減税をうまく活用するキーワードは「エコカー」です。

 

 

1.いろいろある車の税金

自動車の税金の種類は主に3つあります。どのようなものがあるのかを具体的にみていきましょう。

 

自動税

自動車を所有している人全員に毎年支払う義務があり、総排気量によって税金の額が決まってきます。

 

自動車重量税

自動車を新規に登録したときと、車検の際に支払うタイミングがあります。税金の額は自動車の重さによって決まっており、0.5tごとに額が増えていきます。

 

自動車取得税

自動車を購入したときに発生する税金であり、消費税とは異なる税金の種類です。税額は自動車の価格やカーナビなどのオプションの価格、また新車か中古車かによって細かく決まってきます。

 

しかし、この自動車取得税は消費税が10%に増税される2019年10月に廃止される見込みとなっています。それに代わり同じタイミングで「環境性能割」という制度が導入されます。これは自動車の燃費の良し悪しによって自動車税に自動車金額の一部を上乗せする制度です。

 

2.エコカーを購入することで自動車税が減税に

エコカーを購入することで自動車税が減税に

 

エコカーを購入することで自動車税が減税される制度が3つあります。その具体的な制度内容をみていきましょう。

 

エコカー減税

エコカーを購入することで自動車重量税と自動車取得税を減税、免税する制度です。

 

国が定めた燃費性能を基準にし、これをクリアした自動車を購入すれば自動車取得税と自動車重量税が減税されます。基準を上回れば上回るほど減税率があがっていき、最終的に自動車取得税と自動車重量税は全額免除、自動車税は75%まで減税されます。

 

自動車を購入する前に基準値を達成できているか確認する必要があります。達成できている自動車には緑のシールが貼られているため簡単に確認することができます。

 

中古車特例

電気自動車や燃料電池自動車などの中古のエコカーを購入することで、自動車取得税の一部を減税する特例があります。これを「中古車特例」といいます。エコカー減税と同様に燃費性能を基準にし、これをクリアした場合、自動車取得税から最大45万円控除されます。

 

グリーン化特例

こちらもエコカーを購入することで自動車税が減税される税制です。電気自動車や燃料電池自動車などを購入すれば、自動車税が約75%減税されます。また、ハイブリッド車とガソリン車などは排出ガスと燃費性能によって最大約75%減税されます。

 

また、この特例には減税ではなく、逆に税金が追加で課されてしまう特例も定められています。新車を新規に登録して13年経過したガソリン車や、新規に登録し11年経過したディーゼル車には自動車税からさらに約15%追加で課されてしまいます。

 

3.軽自動車はどうなる?

軽自動車を購入した場合、自動車税、自動車重量税、自動車取得税の税金の額が普通自動車とは変わってきます。

 

「自動車税」ではなく「軽自動車税」に変わり、税額が一律になる

自動車税は総排気量によって税金の額が変わりましたが、軽自動車税は総排気量にかかわらず一律で10,800円になります。27年度以前に登録された軽自動車の場合では7,200円です。

 

自動車重量税が一律になる

普通車では、自動車重量税は0.5tごとに税金の額があがっていきましたが、軽自動車では自動車重量税が重さにかかわらず3,300円となります。

 

自動車取得税が1%安くなる

自動車取得税を求める計算式では、新車の価格から基準となる額を求め、カーナビなどのオプションの価格を足し合わせたものに3%かけて自動車取得税を求めましたが、軽自動車では3%ではなく2%かけて求めることになります。

 

4.だんだんと厳しくなるエコカー減税!

エコカーを購入することで自動車税が減税に

 

エコカー減税などの自動車税の減税制度ですが、これは年々適用される税率の範囲が狭まっている状況なので注意が必要です。自動車税が減税されるグリーン化特例も平成28年から範囲が狭まっており、平成28年時の特例の適用範囲は以前より厳しくなっています。

 

年々適用範囲が狭まってきており、消費税が10%に引き上げられるのもすぐそばまで来ているので、新車の購入の決断は早めに下す必要がありそうです。

 

5.まとめ

自動車税は総排気量や車両の重量、オプションで付けた機器などの価格によって決まっており、自動車税を減税するには燃費性能のよいエコカーを購入することで減税が適用となります。しかし、軽自動車は自動車税と自動車重量税が一律になる代わりに、減税される基準が厳しくなることに注意してください。

 

また、減税制度は年々基準が厳しくなっており、2019年には消費税増税と環境性能割によってさらに購入が難しくなるおそれがあります。

 

自動車は決して安いお買い物ではありません。欲しい車種の買い時がいつになるのかを適切に見極めることで賢いお買い物を実現させましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.