車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

トラブルを未然に防ごう!タイヤの空気圧を適正数値にして安全運転を

最新情報・レポート

トラブルを未然に防ごう!タイヤの空気圧を適正数値にして安全運転を

トラブルを未然に防ごう!タイヤの空気圧を適正数値にして安全運転を

 

タイヤの消耗が早かったり、パンクの頻度が多かったりする方、タイヤの空気圧は適正数値にしていますか。タイヤの空気圧が適正でないと、タイヤを傷つけ続けることになり、燃費が悪化したりするだけでなく事故の危険性も高まります。タイヤの空気圧はそれほどに重要なものなのです。

 

今回はタイヤの空気圧を適正な数値に保たなくてはいけない理由を解説します。空気圧が異常な数値のときの危険性についてもご紹介していくので、車に乗っている方はぜひ一読してみてください。

 

 

1.タイヤの適正空気圧は車のドア周辺に記載がある

タイヤの適正空気圧は車のメーカーが車ごとに設定しているものです。タイヤの適正空気圧は車両指定空気圧といわれる数値になります。タイヤの空気圧を適正数値に合わせておくと、タイヤや車の持つ本来の走行性能を発揮できるのです。

 

普段使っている車でタイヤが異常な空気圧になっていると、知らぬ間に危険な車を運転していることにもなりかねません。タイヤの適正空気圧は運転席のドア周辺にわかりやすくシールで記載されているので、必ず確認しておきましょう。

 

普段の通勤などで車を使っていると、乗り心地が微妙に変わってきます。また、タイヤの素材であるゴムの性質上、どうしても空気が自然に漏れてしまうため、月1回程度を目安に点検をしておきましょう。

 

2.適切ではない空気圧だと車にトラブルが……

タイヤの適正空気圧は車のドア周辺に記載がある

 

タイヤの空気圧が適正数値でないと車にトラブルが発生し、重大な事故につながるおそれがあります。ここでは、空気圧が適正数値より高すぎる場合と下回っている場合にどういう危険性があるのか見ていきましょう。

 

空気圧が適正数値より高すぎる場合

タイヤの空気圧が高すぎると、タイヤが異常に膨張している状態になります。空気を入れすぎて膨張しているため、ゴムの持つ衝撃を和らげる力がなくなってしまいます。反発力が強くなりすぎて、タイヤが跳ねるような乗り心地悪い車になるのです。

 

また、タイヤと地面が接している部分が摩擦によって擦り切れやすくなり、タイヤの寿命が短くなってしまいます。タイヤが破裂したり破損したりする原因のひとつは、こうしてできた擦り傷です。

 

空気圧が適正数値より低い場合

逆にタイヤの空気圧が適正数値を少しでも下回っていると、タイヤが車の重量を支えられなくなります。タイヤが押しつぶされているような状態で走ると、タイヤの両端にあるショルダー部分が地面との摩擦で摩耗していくのです。

 

タイヤが地面と接している部分が広がるため、摩擦によってタイヤが熱を持ちます。この異常な高温状態が続くと、高熱によってタイヤの表面がはがれ損傷してしまうので注意が必要です。

 

また、タイヤが押しつぶされている状態では、タイヤの中央部分の溝に入りこんだ路面の水を排水できなくなり、路面からタイヤが浮いてしまいます。車のハンドルやブレーキが利かなくなるので、事故につながる危険性が高まるのです。

 

3.高速道路の場合は空気圧は高めにしたほうがよい?

高速道路を走るのなら空気圧を高くしておくという流れもありましたが、現在はタイヤの質が向上し、高速運転するための十分な耐久性を持っています。そのため、高速道路を走る場合でも空気圧を変える必要はないともいわれています。

 

ただし、空気圧が低い場合は高速走行すると非常に危険なため、必ず空気を入れておくようにしましょう。空気圧が低いまま高速走行するとタイヤの表面が波打ち、摩擦熱によって膨張し破裂する「スタンディングウェーブ現象」が起こります。

 

車に通常よりも多くの荷物や人数をのせる場合は、タイヤの空気圧を適正数値よりも10%ほど高めに調整しておくのがよいです。車両に指定されている空気圧は乗車人数も考慮して決められていることがほとんどですが、よほどの荷物をのせるときや長い区間の高速走行を予定している場合は、時間によって抜ける空気にも気をつけて空気圧を調整しておきましょう。

 

4.空気圧は定期的に点検しましょう

空気圧は定期的に点検しましょう

 

タイヤの空気圧の注意を怠ると、重大な事故を引き起こす危険性があります。そうならないために、定期的にタイヤの空気圧が適正数値かどうか点検しておきましょう。空気圧を測るときの注意点をご紹介します。

 

月1回はタイヤを点検しよう

タイヤと地面の接している部分の空気圧の状態によって変わります。地面と接する部分の溝を確認し、摩耗の程度に注意しましょう。溝が摩耗によってつぶれていると、雨や雪が降っているときにハンドルやブレーキが利かなくなるおそれがあります。

 

空気圧を点検するときは

タイヤの空気圧は計測器で計ることができます。空気圧の計測器はガソリンスタンドに置いてあるので、ガソリンを入れるときのついでに計ってみてください。 タイヤはゴムでできているため、内部の空気が温まると膨張します。空気圧を計るときは少し時間をおいてタイヤを冷ますことが重要です。空気圧が指定の適正数値を下回っていないか注意し、空気を入れる際は適正数値から+10%程度が理想的です。

 

バルブから空気が漏れていないか、タイヤのホイールに異常な変形が見られないか確認し、もしものときのためにスペアタイヤをチェックしておきましょう。ゴムの劣化が確認できる場合はすみやかに買い換えることをおすすめします。

 

5.まとめ

タイヤの空気圧を適正に保つには、定期的な点検とタイヤに負担をかけない運転を心がけることが大事です。タイヤの破損や破裂は突発的に起こるもので、起こってしまうと最悪取り返しのつかない事態になることもあります。点検の際は細心の注意を払い、安全に運転ができるか確認しておきましょう。

 

技術が進歩し、年々タイヤの質や耐久性が上がっています。本来持つタイヤの性能をいかんなく発揮することができれば、燃費や操縦性がよくなり車の運転がさらに快適なものになるのです。

 

タイヤの空気圧の点検はお近くのガソリンスタンドでできるので、普段気にしていなかった人はぜひ点検してみてください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.