車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

タイヤの寿命は距離だけではない!?チェックすべき交換目安は何?

最新情報・レポート

タイヤの寿命は距離だけではない!?チェックすべき交換目安は何?

タイヤの寿命は距離だけではない!?チェックすべき交換目安は何?

 

車を持っている方は、タイヤをどれくらいの期間で交換していますか。タイヤが寿命をむかえる前に定期的な交換をしなければ、スリップやバーストが起きて事故につながることがあります。

 

タイヤの寿命は走行距離で考える方法が主流になっています。しかし「寿命がどれくらいの距離数なのかわからない」「走行距離以外の目安はないの?」と疑問がある人もいるかもしれません。

 

このコラムではタイヤが寿命をむかえる走行距離や、走行距離以外のタイヤ交換の時期を考える方法をご紹介します。ぜひ参考にして、安心安全なカーライフをすごしてください。

 

 

1.タイヤの寿命は○キロ

タイヤの寿命ですぐに浮かぶのは走行距離ではないでしょうか。どれだけの距離を走ったから、タイヤを交換しようと目安を決めている人も多いかもしれませんね。人それぞれの目安の走行距離があると思いますが、一般的には約3万キロといわれています。

 

3万キロを超えるとタイヤ溝がすり減り具合によって、スリップしやすくなるそうです。そのためタイヤの寿命を走行距離で考えるのであれば「3万キロ」を目安にしてみてください。

 

もしかしたらタイヤ交換の基準を、走行距離4万キロや5万キロにしていませんか。タイヤ交換を遅らせたため、事故を起こしてしまうかもしれません。事故によって人の命を危険にさらすおそれがあるので、早めの3万キロがよいと思います。このコラムを読んでいるあなたや、周囲にそのような人がいる場合には教えてあげましょう。

 

長い距離を同じタイヤで走ることは家計にやさしく、エコなことかもしれません。しかし走行距離が長くなるほど、タイヤの性能は落ちてしまいます。性能が落ちてしまうと燃費が悪くなるといわれているほか、スリップして事故を起こさないためにも早めのタイヤ交換をする方がいいのではないでしょうか。

 

ただし、3万キロはあくまで目安です。車を街乗りで使用している・長距離ドライブで使用しているなど、状況によって変わるでしょう。タイヤ交換の時期がわからないという人は走行距離を基準にするのもよいと思います。

 

2.距離以外も寿命の要素が!

距離以外も寿命の要素が!

 

タイヤの寿命は走行距離だけではなく、ほかにも確認しておくべきことがいくつもあります。なぜなら車の使用状況は、人によって大きくことなるからです。

 

車を街乗りで使っているのか、長距離ドライブで使うのかなどによって、タイヤへの負担が変化します。ほかにも軽自動車なのか、それともセダンの車に乗っているかによってもタイヤにかかる負担は違うのです。

 

またタイヤはゴムで作られているので、放置しているだけでも劣化していきます。放置していた輪ゴムをひさしぶりに使おうとしたときに、輪ゴムがちぎれたという経験をしたことがあるのではないでしょうか。それと同じように車のタイヤも劣化するのです。

 

スタッドレスタイヤは、輪ゴムと同じ状況になりやすいかもしれません。スタッドレスタイヤは冬のシーズンしか基本的には使用しないですよね。そのため、保管方法によって寿命は左右されます。このようにタイヤが寿命をむかえるのは、使用状況以外にも考えられるのです。寿命をむかえたタイヤは事故の原因にもなりますので、基準を決めて交換するのをおすすめします。

 

もしタイヤの寿命を走行距離以外で考えたいのであれば、「タイヤの使用年数」「タイヤ溝」「タイヤにひび割れや傷がないか」というポイントに注目するとよいでしょう。順番に解説しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

3.タイヤの寿命の目安:年数

まずは「年数」を目安にすることについてお話しします。車のタイヤは輪ゴムと同じとご説明しました。時間が経てばそれだけ劣化して、使えなくなるのです。そのため、時間的な目安もひとつの交換時期と考えられます。タイヤは輪ゴムとは異なり、厚みなどもしっかりしているので短い期間で寿命をむかえることはあまりないでしょう。

 

タイヤが寿命をむかえる年数は、4~5年くらいといわれています。2~3年といわれることもあるので、目安としては3年と考えるとよいかもしれません。

 

タイヤの寿命は走行距離と使用年数は、簡単に確認できるのでタイヤ交換の目安にしている人が多いようです。走行距離は車のメーターで確認できますし、使用年数は製造された年で確認することができます。製造された年を確認する場合には、タイヤの横側に書いてあります。4ケタ~6ケタの数字で書かれており、下2ケタが製造年です。1118と書かれていれば、2018年の11週目に作られたということです。

 

この方法で確認できますので、よければ参考にしてみてください。ただし乗り方や周囲の状況によってタイヤの劣化は変わりますので、注意しましょう。

 

4.タイヤの寿命の目安:溝

タイヤの寿命の目安:②溝

 

タイヤの寿命を走行距離ではなく「タイヤ溝のすり減り具合」を目安に考える方法もあります。タイヤ溝は走行距離と大きく関係しているのです。

 

日本では、タイヤ溝が1.6ミリ以下のものを使用すると法令違反となってしまいます。タイヤには「スリップサイン」というマークがあります。スリップサインの部分は、溝の底より一段高くなっており、タイヤがすり減ることで溝の深さに近づきます。そして溝と同じ高さになった場合(溝が途切れた場合)には、スリップの危険性がとても高くなるという状況です。この溝が途切れるのが、溝の残りが1.6ミリくらいです。

 

もともと新品のタイヤ溝は約8ミリといわれています。車を5千キロほど走らせるとタイヤの溝が約1ミリすり減るとされているので、6.4ミリすり減る3.2万キロでスリップサインが見えるようになります。だからこそ、走行距離の目安は3万キロと考えるのをおすすめしているのです。

 

スリップサインが見えるようなら、すぐにタイヤ交換をしましょう。カーショップなどでは、タイヤ溝が4ミリになると交換をすすめる場合もあるようです。これは4ミリより溝が小さくなると、タイヤの性能が従来よりもおおきくおちるとされています。安全のためにも、スリップサインが出る前の4ミリを目安にしてみるのがよいかもしれませんね。

 

5.タイヤの寿命の目安:ひび割れ・傷

最後にご紹介するタイヤの寿命目安は「タイヤのひび割れや傷」です。タイヤはやはり消耗品です。長距離を走ったり、長年使っていると劣化していきます。

 

ほかにも、車を走らせているときに、石などの障害物の上を走った経験があるのではないでしょうか。場合によっては釘などが落ちていて、車で踏み越えてしまうこともあります。このような場合に、タイヤが損傷することが考えられるのです。

 

これらの場合には、タイヤにひび割れや傷が起きていることがあります。ひび割れや傷は、タイヤをバーストさせてしまうこともあり、とても危険な状態です。バーストとは、タイヤが破裂してしまうことをいいます。タイヤが破裂して使えなくなれば、操縦不能となって事故を起こしてしまいます。

 

タイヤの寿命を走行距離や使用年数だけで考えるのではなく、ひび割れや傷がないか確認することも大切です。とくに夏場の路面であるコンクリートが熱くなっている場合はタイヤの劣化が進みバーストしやすいといわれているので、タイヤにひび割れ・傷がないか確認するとよいのではないでしょうか。

 

6.安全のために定期的なチェックを!

車はいろいろなところに行くための便利な手段です。車でテーマパークや温泉など、旅行に行く人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、車は人の命に関わるほど危険なものでもあることも忘れてはなりません。毎年数多くの自動車事故が発生しています。事故を起こさないよう安全運転に気をつけるのも重要ですが、車の整備もおこたってはいけないのです。安全のためにも定期的に車をチェックしましょう。

 

チェックする項目はたくさんあります。エンジンや内部の専門的なことは、車のプロに任せる方がよいかもしれません。しかし、タイヤチェックは自分たちでも確認しやすいことのひとつです。

 

たとえば、タイヤの寿命は走行距離や使用年数を目安に交換時期を考えることができますよね。タイヤの傷やひび割れや傷もタイヤを見れば確認できます。車検のときだけ確認するのではなく、日常でこまめに確認することが、車を安全に使用するうえではとても大切なことです。

 

7.まとめ

車のタイヤの寿命は走行距離を目安にする場合には、約3万キロとしましょう。タイヤがスリップしやすくなるタイミングのひとつですので、3万キロ以上の走行距離の場合には交換した方がよいかもしれません。

 

ほかにもタイヤの寿命を考える方法はいくつかあります。たとえばタイヤが製造された年から考える、使用年数を目安にする方法があります。使用年数を目安にする場合には、タイヤの横側に書いている数字を見てください。3年以上使用している場合には、溝などのすり減り具合やひび割れ・傷で損傷していることがあります。タイヤ交換を考える時期なのかもしれません。

 

タイヤはこまめにチェックするようにしましょう。タイヤチェックをおこたらず、安全なカーライフをすごしてください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.