車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

軽自動車の自賠責保険料一覧!納付すべき金額はいくら?

最新情報・レポート

軽自動車の自賠責保険料一覧!納付すべき金額はいくら?

軽自動車の自賠責保険料一覧!納付すべき金額はいくら?

 

軽自動車の自賠責保険にかかる料金を知っていますか?平成29年度に、設定された軽自動車の自賠責保険料は1ヶ月で5,840円、1年で15,130円、2年で25,070円という料金になっています。自賠責保険料は、運用益や事故が発生した際に保険として使われた額によって、値上げや値下げが行われます。平成29年度に設定された金額は、これまで値上げを繰り返してきた自賠責保険料が値下げされた年になります。そんな、軽自動車の自賠責保険について詳しく説明いたします。

 

 

1.軽自動車の自賠責は普通車と同じくらいの金額!

自賠責保険料は普通車と比べると軽自動車は安いと思われがちですが、実際は大差ありません。普通車と軽自動車の自賠責保険料を表にしたのでそちらをみてみましょう。

 

このように、普通車と軽自動車の自賠責保険の金額は大きく変わらないことが分かりますね。保険に加入する期間が長いほど1ヶ月に対する保険料は安くなるため、すぐに車を乗り換えることを考えていない方は、長期間契約すると保険料の節約になります。

 

自賠責保険の表

 

2.保険料は徐々に値上がりしている

保険料は徐々に値上がりしている

 

普通自動車と軽自動車の自賠責保険料は平成19年から平成20年にかけて下がりましたが、平成20年から平成25年の間に少しずつ値上がりしています。平成20年に一度値下がりした背景には、被害者救援の充実と政府再保険を廃止した改正自動車損害賠償保証法が施行されたためです。

 

それ以降、少しずつ自賠責保険料が値上がりしており、同じようにいきます。

 

自賠責保険が値上がりしてしまった原因は、高齢のドライバーが多くの事故を引き起こし、保障を多く利用されてしまったこと、保険の収益が落ちてしまったことが原因です。保障を多く利用されてしまうと、保険料として受け取った金額だけでは賄いきれなくなり、赤字になるため保険料が上がってしまうのです。

 

自賠責保険料は、事故を引き起こして保険料が支払われるまでの時差の間に運用されて利益をだしています。この利益が運用益とされ、将来の自賠責保険の収支改善、事故防止事業などに利用されます。

 

3.自賠責保険料:検査対象軽自動車

軽自動車の自賠責保険料には検査対象車と検査外対象車の2種類があり、保険料が違っています。検査対象車とは660cc以下の3輪、または4輪自動車のことを指し、検査対象外車とは125cc以上250cc以下の普通自動二輪車とバイク、小型特殊車に牽引される車両(トレーラ)のことです。

 

ここで検査対象軽自動車の自賠責保険料、平成28年度までのものと29年度の表をみてみましょう。

 

表1

 

こちらを見比べると全体的に29年度の保険料が安くなっています。自動車の安全システムの向上や自動車事故防止対策のおかげで事故が減り、自賠責保険の保障を受ける人が少なくなったことで、自賠責保険の料金を安くすることができたのでしょう。

 

自賠責保険は民間の損害保険会社が引き受けていますが、ノーロス・ノープロフィットの原則と呼ばれるもので運用されているため、営利目的として利用されていません。ノーロスが「損失」をださず、ノープロフィットが「利益」をださず、つまり「損失」と「利益」をなるべくださないように運用することです。

 

自賠責保険料は、ノーロス・ノープロフィットの原則で損害保険会社に運用され、運用益がでた際は日本損害保険協会に送ることが義務となっています。運用益の利用先は事故が発生した際に支払われる保障のほかに、事故防止対策、医療体制の整備などに利用されています。

 

4.自賠責保険料:検査外対象軽自動車

自賠責保険料:検査外対象軽自動車

 

平成30年度の検査外対象軽自動車の自賠責保険料はこのようになっています。

 

検査外対象軽自動車とは、125cc以上250cc以下の普通自動二輪車とバイク、小型特殊車に牽引される車両(トレーラ)のことです。トレーラは、車両に位置付けられているため自賠責保険にはいらなければいけません。料金は1ヶ月5240円は割高に思えますが、36カ月では12,990円。一か月換算で約360円になります。長期でトレーラを利用される際は36ヶ月契約にすることで、保険にかかる費用を抑えることができるでしょう。

 

5.車検をしっかり受けて納付しましょう!

2年ごとに車検を受けると思いますが、そのときに自賠責保険の契約更新もおこないます。ディーラーや業者に依頼している場合は、費用の中に自賠責保険料もはいっているため、自分で更新手続きをおこなう必要はありません。

 

ユーザー車検の場合は、自分で自賠責保険の手続きをしなければいけません。自賠責保険の手続きは各保険会社か運輸支局内に保険会社がはいっているのでそちらで手続きをしましょう。普通自動車と軽自動車の自賠責保険は長い期間加入することで保険料を節約できます。すぐに乗り換える予定などがない方は長期間契約するとお得になります。

 

自賠責保険の表

 

6.まとめ

軽自動車の自賠責保険料は普通自動車と価格に差はありません。これから自動車の安全機能や、ドライバーの意識改革で交通事故が減ることになれば自賠責保険料は下がっていくことが予想されます。事故を起こさないようにドライバー全員が気をつけることで保険料の値下がりを実現できる可能性があります。

 

トレーラのような車両は検査外対象軽自動車に該当し、通常の軽自動車とは別の自賠責保険にはいらなければいけません。

 

ディーラーや業者に車検を依頼するときは、車検を通すと同時に自賠責保険の契約もおこなっています。自分で車検を通すユーザー車検をおこなう場合は、自分で自賠責保険加入の手続きをしなければいけないため、忘れずに契約するようにしましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.