車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

重量税は13年経過すると上がってしまう!?いつ買い替えるべきか

最新情報・レポート

重量税は13年経過すると上がってしまう!?いつ買い替えるべきか

重量税は13年経過すると上がってしまう!?いつ買い替えるべきか

 

車は長く愛用したいものですが、重量税は13年後には上がってしまうのをご存じでしょうか?

 

環境意識の高まりによって、平成26年に13年経過した車にはさらに税金を上乗せすることが決められました。しかし、エコカー減税が適用されている車はそれでもオトクになります!

 

ここでは自動車を13年所持し続けた場合の税金が、どのようになってしまうのかを解説します!

 

 

1.車は13年経つと税金が上がる!

車は軽自動車や普通車に関わらず、所持して13年が経過すると納める重量税の額が上がります。これは平成26年に、環境にやさしい車に乗ろうという地球環境を保護する意識の高まりによって決定され、今も続いています。

 

しかし、元々地球環境にやさしい車の購入を促す目的なので、エコカー減税の対象となっている車は重量税が13年経過しても上がることはありません。

 

2.【普通車】13年経過した車の重量税

【普通車】13年経過した車の重量税

 

普通車の重量税は、新車登録をして13年より前だと車体重量が500kg増えるごとに8,200円の重量税を納めていました。

 

しかし、この重量税が13年より後になると500kg増えるごとに11,400円納めることになってしまいます。さらに、18年より後になると500kgごとに12,600円になってしまいます。

 

しかし、エコカー減税が適用されている自動車は、この自動車重量税が最初の納税タイミングでは重量に関わらず免税されて0円になります。

 

2回目の支払いからは500kgごとに5,000円となります。これは、13年以上経過しても変わることはありません。

 

3.【軽自動車】13年経過した車の重量税

軽自動車の重量税は車体の重量に関わらず、6,600円の自動車重量税がかかります。この重量税が13年を過ぎると8,200円、18年を過ぎると8,800円かかることになってしまいます。

 

こちらも普通車の例にもれず、エコカー減税が適用されます。こちらは最初の納税タイミングでは免税され、その次の納税タイミングから重量に関わらず5,000円で固定になります。こちらも13年以上経過しても変わりません。

 

4.自動車税も上がります

自動車税も上がります

 

また、重量税だけでなく自動車税も13年経過すると税負担が増してしまいます。普通車の自動車税は総排気量によって決まります。

 

たとえば総排気量が1.5リットルより大きく2.0リットル以下だった場合は39,500円になりますが、もしこれが新車登録をして13年を超えていた場合は15%税額が増えるため、この場合納める自動車税は45,425円になります。

 

軽自動車の場合、自動車税は軽自動車税に名前が変わり、税額も10,800円で固定になります。13年を過ぎた場合は、20%税額が増えて12,960円で固定になります。

 

このように重量税が13年経過すると上がるように、自動車税も13年を超えることで上がってしまいます。

 

また、こちらも軽自動車や普通車に関わらずエコカー減税が適用されていますが、最大で75%の減税にとどまっているので13年所持を続けていると自動車税が増えてしまうのには変わりありません。

 

5. 13年経過する前後では大きく差が出る!

それでは13年経過する前後の普通車と、13年経過する前後の軽自動車はそれぞれどの程度税額に差が生まれるのか試算してみましょう。

 

ここでは違いを分かりやすくするために、エコカー減税を適応させないまま試算をするため、実際は差額がもう少し小さくなることが予想されます。

 

普通自動車

重量が1,000kg~1,500kgの自動車で総排気量が1,500ccの普通車があったとします。

 

この場合、新車登録直後の自動車税は、総排気量が1,500ccのため34,500円になりますが、これが13年経過すると15%の増額になるため39,675円になり毎年5,175円増えることになります。また、1,000kg~1,500kgの車両重量での自動車重量税は24,600円になります。

 

これが13年経過すると約40%増額して34,200円になるため、差額が9,600円にもなるのです。重量税は2年に1度支払うタイミングがあるため毎年4,800円増えることになります。

 

このため13年過ぎてから[5,175 + 4,800 = 9,975円]毎年多くかかる試算になります。

 

軽自動車

軽自動車はどの車種でも重量税や軽自動車税の税額は固定です。

 

軽自動車税は総排気量に関わらず10,800円で固定になります。これが13年経過すると20%増額されて12,960円になるため、毎年2,160円になるのです。

 

重量税も軽自動車は車体重量に関わらず6,600円になります。重量税は13年後には8,200円にまで増額されるため、毎年1,600円増額してしまいます。

 

そのため、13年過ぎてからは合計で[2,160 + 1,600 = 3,760円]多くかかる試算になります。

 

6.車を手放すなら13年より前がよい?

新車登録して13年後は重量税や自動車税が増えてしまいますが、それと同時に次の車検のタイミングも近づいてきているので、13年が経過する前に新しく自動車を購入するのはタイミング的に適切であるといえるでしょう。

 

もし、所持している車がエコカー減税の対象外車であるならば、「長年乗っていて愛着があります!」や「家族や知人に譲る予定がある」など、よほどの理由がない限りは、このタイミングで手放した方がいいでしょう。

 

しかし、エコカー減税対象車である場合は、重量税は13年経過しても上がることはないため、納める税額が大きく上がるわけではありません。

 

 

自動車税や軽自動車税はエコカー減税が適用されていても13年経過すれば上がりますが、エコカー減税で最大75%免除されているため、大した金額にはならないでしょう。

 

そのためエコカーは大事に扱っていれば、13年よりももっと長く乗り続けることができます。それでも長く使っていると修理の回収が増えたり、駆動部分などの費用のかかる修理が増えていくことが考えられます。

 

修理の回数と費用のバランスを考えた時に不満を感じたら、そこが手放すタイミングといえるでしょう。

 

7.まとめ

普通車の場合、重量税は13年には500kgごとに3,200円増えてしまいます。さらに、新車登録から18年後には500kgごとに4,400円増える計算になります。また、総排気量によって決まる自動車税も13年が経過すると15%増えてしまうのです。

 

 

重量税が一律6,600円の軽自動車も例外ではなく、13年経過すると8,200円、18年経過すると8,800円にまで増えてしまいます。軽自動車税は一律10,800円ですが、13年が経過すると20%増えてしまい12,960円になってしまうのです。

 

 

しかし、これらはエコカー減税対象車である場合、普通車の場合は、13年を超えても重量税の税額は500kgごとに5,000円と決められており、軽自動車も一律5,000円になるのです。

 

自動車税は普通車でも軽自動車でもエコカー減税によって最大75%までカットできますが、免税にはならないため13年経過すると少しだけ税額が増えてしまいます。

 

これらのことからエコカー減税対象外の場合は、13年が1つの車買い替えポイントになります。とくに普通車は13年経過すると車種によっては毎年1万円多くかかることもあるので、よほどの事情がない限りは買い替えるとよいでしょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.