車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

エコカー減税とはどんな仕組み?実際の減税額はいくら?

最新情報・レポート

エコカー減税とはどんな仕組み?実際の減税額はいくら?

エコカー減税とはどんな仕組み?実際の減税額はいくら?

 

環境にやさしい車を、おトクに購入できる!エコカー減税は、これから車の購入を考えている人にはとっても耳寄りな情報です。でも、小耳に挟んだだけではわからないこともたくさん。

 

「実際のところ、どういう仕組みで減税されるの?」

 

「自動車グリーン化特例っていうのもあるけど……エコカー減税との違いは何?」

 

「減税されたとして、どのくらい安く買えるんだろう……?」

 

今回はエコカー減税とは何か?について、その仕組みと減税率についてお話ししていきたいと思います。

 

 

1.エコカー減税とは

エコカー減税とは、「排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて、自動車重量税と自動車取得税を免税・軽減」する仕組みのことをいいます。(国土交通省公式ホームページより引用)

 

このままだと、ちょっと難しい!ということで、まずは自動車重量税と自動車取得税から解説します。

 

自動車重量税

自動車重量税は、あなたが新たに自動車を購入するときと自動車検査(車検)をするときにまとめて支払う税金のこと。このとき、あなたが支払う税額は所有する自動車の重量が重ければ重いほど多くなります。

 

エコカー減税では、この自動車重量税が免税されるか、あるいはこの一部が減税される仕組みになっています。

 

自動車取得税

自動車取得税は、あなたが新たに自動車を購入するときや誰かから自動車を譲り受けた際に発生する税金のことです。普通自動車の場合、原則として取得価格の3%が課税されます。

 

ちなみにこの取得価格ですが、自動車を購入したときに実際に支払った金額というわけではありません。基準に沿って計算すると、購入金額のおよそ90%程度と考えておくのがよいでしょう。

 

こちらもエコカー減税によって非課税、あるいは一部が減税されるものとなります。要するに、エコカー減税の対象者を選ぶことで、環境にやさしい車に本来かかるはずの税金の負担が一部なくなることで安く購入することができる、ということですね。

 

2.自動車グリーン化特例との違い

自動車グリーン化特例との違い

 

エコカー減税とは何かについて、ご理解いただけたでしょうか?では次に、自動車グリーン化特例について、エコカー減税と比較しながらご説明したいと思います。

 

グリーン化特例とは

グリーン化特例とは、「排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて、自動車税・軽自動車税を軽減するとともに、新車新規登録等から一定年数を経過した自動車に対して自動車税・軽自動車税を重課」する仕組みのこと。(国土交通省公式ホームページより引用)

 

こちらも難しい言葉がたくさん出てきましたが、さっそくエコカー減税のときと違うワードを見つけることができましたね。

 

エコカー減税とグリーン化特例とでは、軽減される対象となる税金が異なるのです。エコカー減税では重量税と取得税が軽減されますが、グリーン化特例においては自動車税が軽減されます。また、グリーン化特例では対象となる税金が一切免除されるということはありません。

 

さらに、これらの仕組みは対象となる期間も異なります。

 

エコカー減税では重量税の減税・免税対象期間が平成30年5月1日~平成31年4月30日、取得税については平成30年4月1日~平成31年3月31日となっています。この期間、グリーン化特例だと平成29年4月1日~平成31年3月31日が対象です。

 

みんな違って、ちょっとややこしいですね……。軽減される税の種類が違う、というポイントだけでも抑えておくとよいでしょう。

 

3.実際に対象車を買ったらいくら減税される?

ここまで、エコカー減税とは何か?グリーン化特例との違いは何か?についてお話してきました。さて、エコカー減税では実際にどのくらい減税されるのか、気になってきましたよね。

 

エコカー減税における重量税・取得税の減税率ですが、国土交通省によって定められています。メーカーによって減税率が違うということはありませんので、以下を参考にしてください。

 

図

 

購入を検討している自動車がどの項目に対応しているか、確認してみましょう。

 

4.エコカー減税の対象車が減ってきている理由

エコカー減税の対象車が減ってきている理由

 

エコカー減税とは何か、だんだん詳しくなってきましたね。しかしながら、このエコカー減税の対象となる車がだんだん少なくなってきているようなのです。どうして対象者が減ってしまったのでしょうか?その原因は、減税開始当初に比べて制度の基準が厳しくなったことにあります。

 

エコカー減税は2009年に始まり、2018年現在までにグリーン化特例の導入や期間の延長などを経て、仕様変更を何度も繰り返してきました。

 

中でも2015年には燃費基準の改正が行われ、この基準が厳格化されたことによりエコカー減税の対象となる車種が新車販売台数全体の7割ほどにまで減ってしまったのです。

 

厳しい現実かもしれませんが、逆に考えると以前に比べてより地球に配慮した基準になったということ。今でもエコカー減税の対象になっている車は、たいへん環境にいい車であると言えそうですね。

 

5.まとめ

エコカー減税とは何か?これまでの内容を踏まえて、ご理解いただけましたでしょうか?特に重量税は対象となる自動車の重さによって変わるものなので、気にかけておきましょう。また、グリーン化特例との違いや、対象の車によって異なる減税率についてもご説明しました。

 

対象期間の終了まで日が迫っています。新車の購入を検討している方は、エコカー減税を利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.