車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

寒冷地では欠かせない!スタッドレスタイヤとは?しくみを細かく解説

最新情報・レポート

寒冷地では欠かせない!スタッドレスタイヤとは?しくみを細かく解説

寒冷地では欠かせない!スタッドレスタイヤとは?しくみを細かく解説

 

寒い季節になってくると、やはり心配なのは道路の凍結です。凍って滑りやすくなった道路には事故の危険がたくさん潜んでいるもの。

 

スタッドレスタイヤはそんな事故を未然に防ぐのに最適のタイヤ。みなさんはこのスタッドレスタイヤについて、どれくらいご存知でしょうか?

 

今回は寒冷地のドライブには欠かせない、スタッドレスタイヤについてお話ししていきます。

 

 

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤは凍結した路面や雪が積もった道路でも滑ることがないように開発された、まさに冬のためのタイヤ。

 

チェーンを装着したタイヤに比べ振動や騒音を抑えることができ、さらに雪道でも乾燥した路面でもそのまま走行することができるため、着脱する手間がありません。

 

スタッドレスとは、「鋲のない(studless)」を意味する言葉。これまで主流だったのは、表面に鋲(スタッド)がついたスパイクタイヤでした。

 

近年、そんなスパイクタイヤに代わって、鋲のないタイヤが誕生しました。スタッドレスタイヤとは、まさに「studless(鋲のない)」な進化したタイヤのことです。

 

「乾燥した道でも走れるってことは、夏でもスタッドレスタイヤで走っていいの?」

 

走っちゃダメ!ということはありませんが、夏用タイヤには夏用タイヤのよさがあり、スタッドレスタイヤにはスタッドレスタイヤのよさがあります。

 

それぞれの季節に合わせて、用途に応じたタイヤを装着することをおすすめします。

 

なぜスタッドレスでは滑らないのか

なぜスタッドレスでは滑らないのか

 

では、なぜスタッドレスタイヤは滑らないのでしょうか。

 

そもそも、どうして冬の道路は滑るのか

冬の冷たい道路には、雪解けなどが原因で氷が張ります。この道路の上を車が走ることで、車の重さによって氷から水分が溶け出してきます。

 

あなたはスキーや、あるいはスノーボードをしに行ったことがありますか?経験したことのある人ならわかると思いますが、いずれも雪山の高いところから一度勢いをつけると、かなりのスピードで滑り降りていきます。

 

どうして雪の上で滑ることができるのか、考えたことはありましたか?

 

実は、冬の道路でもスキーやスノーボードと同じことが起きています。雪の上を滑るときに押し付けられたスキー板やボードの下で雪が溶け出すことで水の膜が生まれるから、私たちは雪の上で滑ることができるんですよ。

 

車は氷そのものの影響で滑っているのではなく、溶けだした水分の膜が原因で滑ってしまうんですね。

 

スタッドレスタイヤは滑らないのは、ゴムの質が違うから!

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの最も大きな違いは、ゴムの質にあります。

 

通常、ノーマルタイヤは硬めのゴムで作られているものですが、スタッドレスタイヤは冬の道路でも柔軟に運転ができるよう、しなやかで柔らかいゴムが採用されているのです。

 

また、ゴムは低温で硬くなる性質をもっています。こうして硬くなったゴムは路面に密着しにくく、より滑りやすくなってしまうのです。

 

スタッドレスタイヤはこの柔らかさを活かして、厳しい冬の道路にもしっかりとしがみついてくれます。さらに、タイヤの表面には凍った路面でも滑りにくい特殊な形状の溝が彫られていることで、滑りにくさに徹底した構造になっているのです。

 

スタッドレスがあればチェーンは要らない?

冬の道路での滑りにくさを追求したスタッドレスタイヤ。「ここまで作りこまれているのだから、チェーンは必要ないんじゃないの?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうとも言い切れないのです。

 

やっぱりチェーンは有効な雪道対策

冬の道路が厳しい理由は、何も路面凍結だけではありません。激しい降雪によって、車が埋もれてしまいそうなほどに雪が積もっている道もあります。

 

また、走行する区域の道路状況によってはタイヤチェーンの装着がなければ通行できなくなる場合も。自分の車をスタッドレスタイヤにしているだけでは通れない道もあるということですね。

 

スタッドレスタイヤにチェーンを装着することで、冬の道路対策がより万全になります。寒い地域を運転する場合は、万が一の事態に備えてタイヤチェーンを用意しておくべきでしょう。

 

スタッドレスタイヤを長持ちさせるには

スタッドレスタイヤを長持ちさせるには

 

スタッドレスタイヤは、摩耗することによってその性能が徐々に衰えていきます。表面に彫られた溝の深さが50%を切ってしまったら限界といわれていますね。

 

また、タイヤはゴム製であるため、長期間にわたって使用することで硬質化して性能が悪くなります。これら二つの要素をふまえて、寿命はだいたい3年から4年くらいとされています。

 

ですが、以下の条件を守ることによってタイヤを長持ちさせられることもあります。

 

屋内、あるいは車庫で保管する

屋外に長時間車を停めると、タイヤは直射日光にさらされることになります。ゴムはオゾンによって劣化するため、光や紫外線はまさに天敵。

 

雨や風にさらされることも劣化を早める原因のひとつ。なるべく日の光が当たらない、屋根のある環境で車を補完しておくことが重要です。

 

販売店でタイヤのチェックをしてもらう

実際にゴムがどのくらいすり減っているか、どのくらい硬くなってしまっているかは、ドライバー自身ではなかなか見極められないもの。こういうときこそ、販売店でタイヤの状態を調べてもらいましょう。

 

たいてい、販売店にはタイヤの硬度を測るための硬度計があり、これを用いることでスタッドレスタイヤに用いられているゴムの現状の硬さがわかります。また、どのくらいゴムが摩耗しているのか、キズやパンクがないかどうかも診てもらうとよいでしょう。

 

このとき、専門家の方があなたのタイヤを長持ちさせるためのアドバイスをしてくれるはずですよ。

 

まとめ

今回は寒冷地のドライブには欠かせない、スタッドレスタイヤについてお話ししました。

 

スタッドレスタイヤは冬の道路を走るために生まれた、画期的なタイヤ。ノーマルタイヤにチェーンを装着する以上の力を発揮して、安全なドライブを手助けしてくれます。

 

しかし、夏用タイヤとの使い分けも重要です。一年中使うことも不可能ではありませんが、やはり季節に合わせて使うのがよいでしょう。

 

また、寿命があることも忘れてはいけません。ゴムのすり減り具合や硬さを定期的に確かめて、メンテナンスを怠らないようにしましょうね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.