車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

フロントガラス交換費用はいくら?どこに依頼するのがお得なの?

最新情報・レポート

フロントガラス交換費用はいくら?どこに依頼するのがお得なの?

フロントガラス交換費用はいくら?どこに依頼するのがお得なの?

 

みなさんはフロントガラスの交換をおこなったことはありますか?車を運転しているときに、小石がフロントガラスにぶつかり、傷がついてしまいます。その傷は、車を走行していくうちにどんどん拡がっていってしまい、フロントガラスが割れてしまうおそれがあります。

 

フロントガラス交換費用は、その素材や交換の手間のことが関係しているので、決して安い費用ではありません。しかし、身の安全を守るためにも、異常があったら交換しておきましょう。そこで気になるのが交換にかかる費用と費用や時間ですよね。

 

今回の記事では、フロントガラスにまつわる「交換タイミング」「費用」「時間」などを中心に取り上げています。ぜひご一読ください!

 

 

こんなフロントガラスなら交換を!

フロントガラスは、車に乗っている人を強風や宙に飛んでいるゴミから守るために装備されています。フロントガラスは合わせガラスとよばれる手法で作られており、ガラスとガラスの間に一枚のフィルムが挟まれています。

 

合わせガラスの特徴は、割れてしまっても破片が飛び散らないことや、中間膜が衝撃を抑えるところにあります。表面に位置する一枚目のガラスが割れてしまっても、間のフィルムが守り、裏面のガラスが予備として貼られているのです。

 

フロントガラスに傷がついたままの状態で走行すると、傷が大きく拡がってしまったり、さらにはガラスが割れてしまうおそれがあります。その傷が500円玉よりも大きいサイズの場合であるなら、修理をおこなうことができません。フロントガラスを交換したほうがいいでしょう。

 

フロントガラスに傷がついていると、車検が通りにくくなります。ディーラーなどに依頼する場合には、修理または交換をおこなってもらうことができますが、ユーザー車検をおこなう際には忘れないようにしましょう。

 

交換はどこに依頼すべき?

交換はどこに依頼すべき?

 

フロントガラスの交換は、ディーラーか自動車のガラス交換もできるプロに依頼するのがいいでしょう。ネット通販などでフロントガラスを売り出しているため個人でおこなうことも可能です。しかし、自分の車とサイズの違うフロントガラスを購入してしまう可能性があるのです。

 

フロントガラスは車の種類から、型式、グレードといった具合で、つけることができるガラスが変わります。専門的な知識を持ってない人が選ぶのはとても難しいので、素直にディーラーか自動車ガラスのプロに依頼することをおすすめします。

 

もし、フロントガラスの取り付けに不安があれば、保証付きのところを探しましょう。1~2年の品質保証期間を設けているプロもいますので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

 

ガラスの交換業者はそれぞれ特徴があり、純正品を主に扱うところもあれば、類似品をとりつけるところもあります。同じ材質でも金額も異なりますので、ご自身の希望にあったプロを探すようにしましょう。

 

ちなみに、車のガラス交換を受け持ってくれるプロのなかには、代車を無料で貸し出してくれるところもあります。フロントガラスの交換中の交通手段がなくなってしまわないのはうれしいところですね。

 

社外品と純正品の違いとは

フロントガラスといってもさまざまな種類がありますが、大きく分けると純正品と社外品があります。

 

純正品は自動車メーカーが生産しているフロントガラスとなり、新車などにつけられているものと同じものになります。ガラスにメーカーのロゴマークが記載されているので、わかりやすいです。

 

社外品は、メーカーではなくガラス製造業者が作ったフロントガラスのことをよびます。海外で作られたものや、さまざまな機能を備えた高機能なフロントガラスがあります。値段はフロントガラスの性能・材質によって大きく異なります。

 

海外で製造されているフロントガラスには安いものが多いですが、その分耐久性などは純正品に劣る可能性が多いです。

 

そんななか、JIS規格がフロントガラスにも制定されたことで、どの社外品のフロントガラスが安全なのか見分けが簡単につくようになりました。JIS規格に適合した製品は、ガラスの安全性に対して一定の基準を満たしたものが当てはまります。

 

国内の自動車ガラス専門業者がよく、社外品と純正品で交換の依頼を承っていますが、この社外品はJIS規格に適合した製品を取り扱っていることが多いです。不安な場合は一度JIS規格の製品かどうか確認をとってみましょう。

 

社外品の内、値段が高く高機能を搭載したフロントガラスもあります。紫外線や赤外線をカットする機能を備えたフロントガラスとなっていて、日焼けや紫外線による肌荒れに悩んでいるドライバーは、こちらのフロントガラスを利用することで、解決できる可能性があります。

 

しかし、一般のフロントガラス交換費用より高機能なので、金額が高くなってしまうでしょう。お財布と相談して決めることが大切です。

 

ガラス交換は最短1日でできる

ガラス交換は最短1日でできる

 

フロントガラスの交換は、すぐにおこなうことができます。業者やとりつけるフロントガラスによって変わりますが、大体2時間~3日ほどでとりつけ作業は終了します。

 

とりつけ作業は、車を店舗に持っていく方法と、自宅やマンションの駐車場でおこなってもらう方法があります。

 

フロントガラスの交換は、これまで使用していたフロントガラスを外し、新しいフロントガラスを装備し、接着剤が乾くまで待機することになります。

 

フロントガラス交換費用を節約するためにやってみようという方もいるかもしれませんが難しいのでおすすめできません。交換が難しい理由をひとつずつ説明します。

 

フロントガラスは重たい

フロントガラスは、大人が二人協力しなければ持ち上げることができないほど重たいです。ちょっとした不注意で落として割ってしまう危険もあります。

 

キレイに圧着できない

ガラスを持ち上げることができたとしても、フロントにキレイに圧着することが難しいです。隙間を残さずフロントガラスをはめ込まなければ、走行中に風が入ってきてしまったり、飛来したゴミが隙間から入ってきてしまい、ドライバーの目に当たって傷つけてしまうことがあるのです。

 

フロントガラスの種類を間違える

車のフロントガラスは、車種や年式によって変わります。そのため、車種だけ見てフロントガラスを購入してしまうと、年式が違うことでフロントガラスがはまらないことがあります。車に詳しくない人は、購入間違いを起こしてしまうおそれが非常に高いのです。

 

上記がフロントガラスの交換が難しい理由となります。フロントガラスの交換は、業者に任せることをおすすめします。

 

飛び石などの割れなら保険適用になる!

飛び石が原因でフロントガラスに傷がついてしまったり、割れてしまった場合には、保険を適用させることができます。ノンフリート等級も飛び石の場合、保険を適用させると1等級下がります。

 

※ノンフリート等級は、等級が高いほど保険の割引に使える契約です。事故を起こしてしまうと等級が3等級下がってしまいます。

 

保険は自働車保険の車両保険に当てはまります。車両保険に入ってない場合は利用することができないので、注意してください。

 

フロントガラスが割れてしまう原因には、ガラスの温度が急に変化して割れてしまうことがあります。もともとガラスは急激な温度変化に弱い性質があります。熱くなっているガラスに冷たい水をかけてしまったり、反対に冷たくなったガラスに熱湯をかける際にも同様に割れてしまいます。

 

ガラスは暖かい状態で膨張し、寒い状態では収縮します。この膨張と収縮を繰り返すことにより、もともと小さかった傷がどんどん拡がっていってしまうのです。

 

飛び石がつけた小さい傷がある状態から、温度変化が原因で傷が大きくなっていき割れてしまったというケースでも保険を適用させることができます。

 

フロントガラス交換費用が思ったよりも安かった場合には、保険を利用しないという手段もあります。ノンフリート階級が1段階落ちてしまうため、その保険料と修理費を考えて選択しましょう。よくわからない場合には、保険会社の人に相談してみることがいいでしょう。

 

車を高く売りたい……フロントガラスは交換しておくべき?

車を売る際に、フロントガラスに傷がついていると、査定金額から減額されてしまうのでは?と考える方がいるのではないでしょうか。確かに、買取査定額からは減額されます。だからといって、フロントガラスを修理してから車の買取査定にいく必要はありません。

 

フロントガラスの修理は車やガラスによって10万円以上かかってしまう場合があります。買取査定の際に、減額される金額は数万円ほどなので、修理にかかる差額分だけ損をしてしまうおそれがあるのです。

 

車がもともと売れないと査定されてしまった場合には、フロントガラス交換費用がそのまま損になってしまうこともあるため、フロントガラスを交換してから査定に向かう必要はありません。

 

まとめ

車のフロントガラスを交換するのは、修理できない500円玉よりもおおきな傷を負ったときに交換するようにしましょう。

 

ただし、傷が小さいからと油断はできず、修理にだす必要はあります。フロントガラスの傷は小さいものでも、走行しているうちに大きく拡がっていってしまうため、はやめに修理をだしましょう。

 

フロントガラスの交換はディーラーか自動車ガラスのプロに依頼するのがおすすめです。自分でフロントガラスを交換するのは、材料の調達から施工にいたるまでの難易度が高く、あまりおすすめできません。

 

フロントガラス交換費用は、ガラスや業者によって変化します。フロントガラスには純正品と社外品があり、純正品はメーカーが新車にとりつけるフロントガラスと同じものです。

 

社外品は、メーカー以外が作っているフロントガラスになり、高額なものから安価なものまでさまざまです。

 

もし飛び石が原因で、フロントガラスが割れてしまった場合には、自動車保険を使用することができます。ノンフリート等級も1段階下がるだけなので、安心して使用することができます。

 

フロントガラスに傷がついた状態で、買取査定に向かう場合、フロントガラスを交換する必要はありません。もしも車が買取できない場合に、損をしてしまう可能性があることや、査定額で差し引かれる金額と、フロントガラス交換費用が釣り合わない可能性が高いからです。

 

フロントガラスに傷がついている状態で買取してもらおうと考えている方は、ガラスの交換をおこなわずに買取業者に査定してもらいましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.