車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

RR車ってなに?自動車の駆動方式にはどんなものがあるの?

最新情報・レポート

RR車ってなに?自動車の駆動方式にはどんなものがあるの?

RR車ってなに?自動車の駆動方式にはどんなものがあるの?

 

車の駆動方式は、エンジンの位置と実際に駆動するタイヤの組み合わせによって実にさまざま。「MR」とか「RR」という言葉を聞いたとき、あなたはどんな違いがあるのか説明できますか?

 

今回はRR車について、その特徴やメリット・デメリット、さらにRRが採用されている車種をいくつかご紹介しましょう。また、RR以外の駆動方式についても、少しだけ触れながら解説していきたいと思います。

 

 

RR車ってなに?

RRとは「Rear Engine・Rear Drive(リアエンジン・リアドライブ)」の略で、車の後ろ(Rear)側にエンジンが搭載され、後ろ側にある車輪が回転して走る仕組みのことを意味します。

 

RR車のエンジンは後輪の真上か、それよりもさらに後ろ側に配置されています。似た構造のMR車はエンジンを車の後ろ側に搭載していますが、こちらは前輪と後輪の間にエンジンがあるので、RR車とは異なる特徴を有しています。

 

非常にシンプルな構造で生産コストを低く抑えられることから、1960年代製、1970年代製の小型車に多く採用される駆動方式でした。

 

RR車のメリット

RR車のメリット

 

RR車のメリットとして、以下の要素が挙げられます。

 

操作性が高い

RR車は後方部分にエンジンを搭載しているため、そのぶん前方部分が軽くなります。前側に余計な負荷がかからないことで、ハンドリングが非常にスムーズです。小回りが利き、曲がりくねった道でも走りやすい特性をもっています。

 

加速力がある

エンジンが後ろにあるということは、重心も後ろにあるということ。RR車は後輪が駆動する仕組みになっていますが、重心が後ろにあることで、駆動輪が車を引っ張る力を十分に引き出すことができます。

 

また、他の車に比べて高性能なエンジンを搭載できる構造になっているため、RR車はよりスピード性能を高めることができるのです。

 

ブレーキがかかりやすい

ブレーキをかけるとき、すべての車輪に等しく力をかけることができるのもRR車の特徴。このため、ブレーキ性能が非常に優れているといえます。

 

車内のスペースを広く取ることができる

RR車はエンジンが後方部分に設置されているために、通常の車に必要なプロペラシャフトなどの仕組みを組み込む必要がありません。

 

また、エンジンのほかにもトランスミッションのような車にとって重要な役割をもつパーツをすべて後方部分にもっていくことができるため、広くスペースを取ることができるのです。

 

優れたデザイン性

エンジンが組み込まれている部分はどうしても高さがでるものですが、RR車はこのエンジンを後方部分に配置することにより、前方部分を低くデザインすることができるようになりました。

 

RR車にはスポーツカーも多く存在しますが、あのスタイリッシュなデザインはRR車だからこそ生み出されたものだったのです。運転がしやすく、車内が広いRR車。RRだけのいいところが盛りだくさんなのですね。

 

RR車のデメリット

先ほどはRR車のメリットについてご紹介しましたが、残念ながらデメリットがないというわけではありません。

 

運転が苦手な人は要注意

RR車は操作性に優れている一方で、やや上級者向けの性能です。重心が車体の後ろ側にあるため、バランスを取るのが難しいとされています。

 

運転が苦手な人だと乗りこなすのが難しく、走行中のスピンなど思わぬアクシデントを引き起こす可能性もあるようです。

 

安定した走りを保ち続けるのは至難のワザ

まっすぐに走り続けるのが苦手なのは、RR車ならではの欠点。特に、高性能なエンジンを搭載した高級スポーツカーはスピードに乗った状態できれいに直進することが難しく、こうした事態も重心が車の後ろ側にあることが原因で起きてしまうことです。

 

エンジンの駆動音が響いてしまう

エンジンを車の後方部分に配置しているため、騒音と振動が車内に響いてしまうのもたまにキズ。話題のハイブリッドカーなど、静音性に優れた車と比較すると、気になってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

 

メンテナンスにお金がかかる

普通の車と比較するとやや特殊な構造、かつ珍しいパーツが多く組み込まれているRR車。故障のたびに修理や交換となると、その複雑さゆえになかなかに出費がかさむようです。

 

RR車だけのいいところがたくさんあっても、どうしても補いきれない部分があるのですね。

 

RRで動く車種を3つ紹介!

RRで動く車種を3つ紹介!

 

では、実際にRRが採用されている車はどんなものなのでしょうか。今回は3車種をご紹介したいと思います。

 

ポルシェ 911

ポルシェはRR車の代表格。特に911シリーズは長い歴史を誇り、誰もが知る高級スポーツカーとしてその名を世界中に轟かせました。優れた走行性能と加速力、スタイリッシュなデザイン。RR車ならではの特徴が満載で、まさにRR車の最高峰といえる車でしょう。

 

ルノー トゥインゴ

フランスで生まれ、高級車として長く愛されてきたトゥインゴもRR車のひとつです。小さなボディに4人がゆったりと座ることができるひろびろとした車内スペースが魅力的。また、狭い場所でも小回りが利くため市街地での運転に適しています。

 

スバル サンバー

こちらはなんと日本の軽トラック。荷物を積むと走行中にバランスを崩しやすい軽トラックですが、RRは後方にエンジンを配置する特性を活かして、この問題を解決しました。また、荷物を積んでいない状態でも安定して走ることができる仕組みになっています。

 

やはりRR車は60年代から70年代に人気を誇っただけあって、長い歴史のある車が多いようですね。

 

その他の駆動方式

今回は数ある駆動方式の中からRRについて解説してきましたが、そのほかの駆動方式についても少しだけ、ご紹介したいと思います。

 

FF車

FF車は車の前方部分にエンジンが配置されており、前側のタイヤが回転することで駆動します。RR車と正反対の性質をもち、現在は自動車の主流となっている駆動方式です。

 

FR車

FF車と同様にエンジンは前方部分にありながらも、後ろ側のタイヤが駆動するのがFR車です。大型のセダンなどに採用されることが多い方式ですね。

 

MR車

先ほども少し触れましたが、前輪と後輪の間にエンジンがあるのがMR車です。こちらもRR車と同様に、スポーツカーやレーシングカーに向いた特性をもっています。

 

自動車の駆動方式は実にさまざまですが、それぞれが違った特性、利点と欠点をもっており、一概にどれが最も優れた方式かということはなかなか決められるものではないでしょう。

 

まとめ

今回はRR車について、その特徴やメリット・デメリット、さらにRRが採用されている車種をいくつかご紹介しました。

 

RR車はかつて絶大な人気を誇った駆動方式をもつ車でしたが、現在ではその人気と恒常性がFFにとって代わり、なかなか見かけない車になってしまいました。

 

ですが、操作性の高さと優れた加速力、加えて独創性のあるデザインをこよなく愛する根強いファンがおり、ポルシェやルノーでは今でもRRが採用されています。

 

もちろんデメリットはいくつかありますが、ある程度の運転経験があり、走行性に優れたスピーディな車に乗りたいという方であれば、RR車とは相性がよいかもしれませんよ。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.