車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

チャイルドシートの年齢は6歳未満!例外とチャイルドシートの3種類

最新情報・レポート

チャイルドシートの年齢は6歳未満!例外とチャイルドシートの3種類

雑草が芝生に生えるけど何の種類?よく見かける雑草を駆除するには?

 

これからお子さんが生まれる、あるいはすでに小さなお子さんがいらっしゃるドライバーの皆さんは、チャイルドシートについて考えたことがあるはずです。

 

チャイルドシートは大切なお子さんをドライブ中の危険から守ってくれる役割を果たす重要なアイテムですが、実は6歳未満の子どもについてはこのチャイルドシートの着用の義務があることをご存知でしたか?

 

また、チャイルドシートにもいくつか種類があり、お子さんの年齢によって適するものが異なります。今回はチャイルドシートが必要な年齢と、それぞれの年齢に合ったチャイルドシートの選び方を解説します。

 

 

6歳未満はチャイルドシートが義務付けられている!

6歳未満、つまり5歳までの子どもがチャイルドシートを着用することは、道路交通法の中で定められている義務にあたります。(※参考:道路交通法第71条3-3)

 

もしあなたが6歳以上のお子さんをチャイルドシートなしで車に乗せていた場合、罰金はありませんが1点の違反点数が加算されます。ゴールド免許をお持ちのドライバーさんでも、この1点が発生すれば当然ですが降格が決まってしまうのですね。

 

そもそも、チャイルドシートの未装着による罰金や罰点は大きな問題ではありません。法令で定められるほどに大切なものですから、必ず装着すべきであるということです。

 

また、お子さんが6歳を迎えて着用の義務がなくなった場合にも、必要に応じてチャイルドシートを使用することも大切。安全であるに越したことはありませんよね。

 

特別な事情があればチャイルドシートの義務が免除される

特別な事情があればチャイルドシートの義務が免除される

 

チャイルドシートの着用義務ですが、年齢が一定に満たない場合でもやむを得ない事情がある場合には免除されることがあります。

 

チャイルドシートが固定できない

自動車の座席の構造によっては、チャイルドシートが固定できない場合があります。チャイルドシートがぐらつくような状況は、反対に危険を生むということですね。

 

ただし、チャイルドシートが装着できないほどの車はけっこう古い型のはずです。せっかくなら車の買い替えをおすすめしますよ。

 

ケガや病気がある場合

お子さんのケガや病気などの事情で、チャイルドシートの着用が人体に悪い影響を及ぼす可能性がある場合には、着用を避けても問題ありません。

 

日常生活に支障が出てしまう

授乳が必要、定期的に抱っこしないとぐずってしまうなど、チャイルドシートの着用がこれらの行為に支障をきたすような状況であれば無理に着用することはないでしょう。

 

肥満児なもんで……

「うちの子ちょっと、チャイルドシートが合わないんです」……えっ、と思うかもしれませんが、実はこれも着用義務の免除の対象になっています。

 

自家用車以外の車だったらチャイルドシートはどうする?

お子さんを車に乗せるのは、必ずしもご自身の車に乗る場合だけではないでしょう。例えばですが、以下のような状況が考えられるはずです。

 

公共の交通機関に乗るとき

バスやタクシーに乗るときにまで、チャイルドシートを持ち込む必要はありません。また、相手側で事前に準備されている可能性も低いといえるでしょう。安全な環境で、常にお子さんのほうへ目が届くように乗りましょう。

 

レンタカーを借りるとき

レンタカーを借りる場合には、チャイルドシート着用の義務が発生します。車を借りるお店によっては時間単位でチャイルドシートも一緒に借りることができるので、受付の際に相談してみてください。

 

友達の車に乗せてもらうとき

知り合いの車に乗せてもらう場合ですが、このときもチャイルドシートの着用義務が発生します。ただし、チャイルドシートは幅を取りますから、全員が乗り込めない場合については着用義務が免除されることもあります。

 

ちなみにですが、チャイルドシートがないからといってお子さんを抱っこして車に乗ることは非常に危険です。「どうして?」と思った方は、ぜひ以下の動画を観てみてください。

 

引用:https://www.youtube.com/watch?v=Up09byN-pO0&feature=youtu.be

 

いかがでしたか?お子さんを抱っこして車に乗る行為は、安全どころか事故発生時のリスクを高めることになるのです。チャイルドシートの必要性がより明確になりましたね。

 

チャイルドシートは年齢で選ぼう!

チャイルドシートは年齢で選ぼう!

 

チャイルドシートは年齢によって対象の大きさが異なります。今は小さなお子さんでも、1年、2年と短期間ですくすく大きくなっていくものですからね。

 

ですが、「これから大きくなるから」といって、身に余る大きさのチャイルドシートを買って使うのは意味がありません。以下を参考に選んでみてくださいね。

 

新生児・乳児用

生まれたばかりのお子さんが使うチャイルドシートで、ベビーシートと呼ばれることもあります。目安体重が10kgまでのものであれば生後約9ヶ月まで、13kgのものであれば1歳半くらいまで使用できます。

 

幼児用

いわゆるチャイルドシートがこちらになります。お子さんがある程度成長してから使うもので、体重が9kgから18kgまではこのチャイルドシートを使いましょう。年齢の目安は、およそ9ヶ月ごろから4歳くらいまででしょう。

 

学童用

お子さんがかなり大きくなってから使うチャイルドシートで、ジュニアシートとよばれています。体重約15~25kgのお子さん用から、もう少し大きめの22~36kgまでのお子さんに対応しているものもあります。

 

前者は3歳から7歳くらい、後者であれば5歳から12歳くらいまでが着用の目安でしょうか。

 

また、こちらは着用義務がなくなってからも使用することができます。安全確保のために必要なものですから、義務がなくても使い続けることはとってもいいことですよ。

 

お子さんの成長度合いによって、最適なチャイルドシートの種類が変わってきます。ただし、6歳未満の着用義務は決して忘れないようにしてくださいね。

 

チャイルドシートを選ぶときは設置できるか確認しよう!

先ほども少し触れましたが、あまりにも型が古い車や座面が小さい車の場合、チャイルドシートが設置できない場合があります。

 

着用義務が免除される対象ではありますが、チャイルドシートがないままの走行は非常に危険。これから車を購入するのであれば、チャイルドシートを設置するのに十分な広さがあるかどうかきちんと確認しましょう。販売店の方に相談するのが確実です。

 

また、古い車についてはこのタイミングで買い替えを検討することをおすすめします。チャイルドシートが装着できない点も問題ですが、エンジンパーツなども古くなっている可能性があります。

 

また、最新の車は安全性能も充実していますから、なるべく新しい車に乗ることで安全にドライブをすることができるはずですよ。

 

まとめ

チャイルドシートについて、おわかりいただけましたでしょうか。

 

6歳未満のお子さんを車に乗せる場合には、チャイルドシートの着用義務があります。免許の点数に影響することはもちろんですが、それほど大切なものであるということがわかるはずです。お子さんを守るために、必ず用意しておかなければなりません。

 

また、小さなお子さんから大きなお子さんまでさまざまですから、体にあった大きさのチャイルドシートを選んであげてください。走行中に外れたりしては意味がありません!

 

楽しいドライブが悲劇になりませんように。万が一に備えて、チャイルドシートを必ず用意しておいてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.