車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

なにをもって運転しやすい車となるのか?おすすめの車も紹介!

最新情報・レポート

なにをもって運転しやすい車となるのか?おすすめの車も紹介!

運転しやすい車がほしい! 選びかたの基準・とおすすめの車をご紹介!

 

運転しやすい車の特徴として、「イイ形」をしており「イイ乗り心地」を体験できることが重要です。「イイ形」とはどんな形なのか、「イイ乗り心地」とはどんな乗り心地を指すのか。

 

今回の記事でひとつずつ紹介していきます。また、初心者ドライバーの方や運転が苦手な方でも乗りやすい車もご紹介!興味をもった方はぜひ最後までご一読ください。

 

 

運転しやすい車とは「イイ形」の車!

運転しやすい車は、「イイ形」の車のことを指します。この「イイ形」には条件があります。

 

車体が小さい

車体が小さい車は日本の細い道を走行するにはうってつけです。また、電柱が道路に飛び出している道などもありますが、車体が小さければ簡単に避けることができます。

 

ボンネットやトランクが短い

ボンネットやトランクが短い車は、運転をおこないやすいです。縦に短くなるため、曲がる際にこすってしまう可能性が少なくなり、不安を解消します。

 

車高が高い

車高を高くすることで、見晴らしがよくなります。見晴らしがいいと自然と運転しやすい印象を受け、自分の運転に自信がつきます。遠くまで見渡せるおかげで、障害物や道の状況を素早く確認することで危険から回避することもできます。

 

この3点が重要になります。

 

運転しやすい車とは「イイ乗り心地」の車!

運転しやすい車とは「イイ乗り心地」の車!

 

運転しやすい車の条件として「イイ形」以外にも「イイ乗り心地」が必要です。では、「イイ乗り心地」とはどのような車かみていきましょう。

 

シートの高さやハンドルの位置が調節できる

シートの高さを調節することで、自分の座高にあわせた位置にシートを合わせることができます。アクセルまでの距離やハンドルまでの距離を自由に設定できることにより、自分に適したベストなドライブポジションを見つけ出すことができます。

 

パーキングアシストがついている車

パーキングアシストとは、駐車するときの手助けをおこなう機能になります。障害物に当たらないようにすることや、自動で駐車スペースにいれる機能などさまざまです。サイドミラーやルームミラーだけで駐車をおこなうことに不安な方は、ぜひパーキングアシストのついている車を選びましょう。

 

先進技術が投入されている車

近年、技術の発展速度が速く、自動運転技術や、障害物検知機能などさまざまな先進技術が投入されている車が多いです。高額な車だけでなく、リーズナブルな価格の車にも先進技術が投入されている車があるので、探してみましょう。

 

車間距離を保つ機能、標識見落とし防止機能や、アクセル踏み間違いによる急発進防止機能などなどさまざまな機能があります。

 

疲労がたまりにくい車

車を運転しているとどうしても疲労がたまってしまいます。そこで、疲労がたまりにくいように工夫が施された車が登場しています。長距離運転する機会が多い方は、こちらの項目も確認しましょう。

 

思った通りに動く車

この項目を実現できる車はあなたとの相性がとてもよいでしょう。ドライバーのアクセルの踏み具合や、ブレーキの踏み具合、ハンドルの操作の具合を車がアシストをおこなう機能があります。

 

小回りがきく車

小回りがきく車は、曲がる際に必要最低限の動きで曲がることができます。小回りが4.4mの車がよく軽自動車にありますが、曲がり角やUターンするときに安心して曲がることができるのでおすすめです。

 

実際に試乗してから考えよう!

車を購入するまえに、試乗をおこなうことができます。試乗をおこなうことで、カタログどおりの性能を確かめることや、自分に合っているのかどうか確かめることができます。

 

また、実際に乗ってみることで、カタログ通りの性能を持っているかどうか確認をおこなうことができます。さまざまな売り文句が飛び交っているなか、本当の情報か確認をおこなわなければいけません。そのため、もう購入することを決めていたとしても試乗はしておくべきでしょう。

 

試乗は、車に自分と店員を乗せて決められたルートを走行することになっています。運転中に、運転のしやすさやエンジン音が気にならないか、座り心地、アクセルやハンドルの性能を確かめることが重要です。

 

試乗をおこない、満足した性能をもっている車だと確信したときに、購入を考えていきましょう。

 

運転しやすい車を5台Pick Up!

運転しやすい車を5台Pick Up!

 

運転しやすい車を5台Pick Upしたので、紹介します。

 

トヨタ ポルテ

最小半径5.0m 燃費22.2km/L

 

コンパクトカーであるポルテは助手席側のドアが1枚の電動スライドドアとなっているので、両手が塞がっていても簡単に開けることができ、荷物を載せることができます。床を低く設計しているため年配の方や、小さいこどもでも負担をかけることなく、車に乗ることが可能です。

 

安全性能は、Toyota Safety Senseを搭載しており、レーザーレーダーと単眼カメラを使い、車との衝突を回避する機能がついています。

 

車線はみ出しアラートでは、車が車線からはみ出したときに、ブザー音とメーター内表示で警報を知らせます。

 

 

トヨタ アクア

最小回転半径4.8m 燃費 34.4km/L

 

アクアは凛とした外観が特徴的な車となります。車高が低いが室内高はしっかりと確保されているため、ゆったりとした空間を体験できます。車体の重心を低くすることや、重たい部品を車体の中央によせているため、操縦安定性を確保しています。

 

ドライバーの負担を軽減するためにクルーズコントロール機能が搭載されており、高速道路なで、アクセルペダルを踏み続けることなく、一定の速度を維持することができる機能となります。バックカメラを搭載することで、駐車の際に、車後方の確認をおこないながら駐車をおこなうことができます。

 

アクアにもポルテと同じToyota Safety Senseが搭載されており、上記の安全機能がついているほか、滑りやすい路面での走行安定性を確保するためにVSC&TRCと呼ばれる機能が搭載されています。

 

こちらの機能は、急なハンドル操作や、横滑りが発生した場合に、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし、車両安定性を確保する機能となります。

 

 

日産 ノート

最小回転半径4.9m 燃費 37.2km/L

 

日産のノートは、モーターだけで走るe-powerが人気となっている車です。モーターだけで走るため、力強くスムーズな加速性能や静粛性、燃費、運転感覚に、初めての体験をもたらします。

 

加速性能は従来の車の約2倍の性能をもち、力強い走りを体験することができます。

 

安全性能では、NISSAN INTELLIGENT MOBILITYを搭載しており、車線逸脱防止支援機能や、緊急時の衝突を回避するブレーキ機能などがあります。駐車時には車を見下ろしているかのような視点をミラーに映し出し、移動物の検知までもおこなうアラウンドビューモニターが搭載されています。

 

ドライバーの負担軽減には、インテリジェントクルーズコントロール機能が搭載されており、先行車を検知することで、一定の車間距離をあけながら追従走行を自動でおこないます。

 

 

ホンダ N-box

最小回転半径4.5m 燃費 27.0km/L

 

ホンダから発売されたN-BOXは、シンプルではあるが洗練されたデザインが特徴の車となります。軽自動車のなかでは最大級の室内スペースを誇り、ホンダの知恵と工夫が施されています。

 

フロント横のフレームをとても細くしたため前方の死角を減らし、見晴らしのいい運転をおこなえるように設計されています。目線を高くしているため、前を見通しやすくゆとりをもって運転をおこなうことができます。

 

車両の状態とドライバーのブレーキ操作をモニタリングしており、ドライバーの操作に応じて、システムがアシストをおこないます。また、後部座席をずらすことで荷室を置く空間を広くすることができ、多くの荷物を積むことができます。

 

 

スズキ スペーシア

最小回転半径4.4m 燃費 30.0km/L

 

スズキから販売されているスペーシアは、「見ているだけで、みんなでお出かけしたくなる」車です。シンプルだけど個性的なスクエアな形状をしており、スーツケースをモチーフに毎日のっていても飽きないカタチとなっています。

 

インテリアには、スーツケースをモチーフにした遊びゴコロいっぱいとなっており、車高が高いためゆったりとしたリラックス空間をすごすことができます。

 

多くのポケットが車内にあり、収納上手になれるポケッテリアとはまさにこのことでしょう。14種類ものポケットが設置されており、工夫によっては自分の手が届く位置にティッシュやドリンクを置くことができます。

 

 

まとめ

今回の記事では、運転しやすい車を紹介させていただきました。車を購入するのが初めての方でも、安心して運転がおこなえる車は少ないです。しかし、近年の先進技術のおかげで、安全機能や疲労対策がされている車が登場し、公道を走行する敷居は下がっています。

 

車を購入するときには必ず試乗をおこなってから購入しましょう。試乗をおこなうことで、カタログ通りの性能をもっているのかどうか確かめることができます。また、自分に合った車かどうかの確認もおこなうことができます。

 

この記事を読んで、運転しやすい車に興味をもった方はぜひ、試乗をおこなってから購入してみてはいかがですか?

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.