車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

車の色は「趣味」か「機能」か?2つの考え方から色選びを解説!

最新情報・レポート

車の色は「趣味」か「機能」か?2つの考え方から色選びを解説!

車の色は「趣味」か「機能」か?2つの考え方から色選びを解説!

 

車を新たに購入したいと考えたとき、「何色を選ぶか」は簡単なようで思いのほか難しい問題かもしれません。とくに最近の自動車はボディカラーのラインナップが実に豊富で、どれを選んだらいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

 

「こんな色がいいな」とすでに好みのカラーを思い描いている方もいれば、「普通でいいや」と無難なカラーを選ぼうとしている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、色が与える印象と影響力は想像以上に大きなものです。また、色によってキズや汚れの目立ち方がかなり違ってくることをご存知ですか?

 

さらに、交通事故に遭遇しやすいとされるボディカラーもありますので、色選びは非常に重要なポイントなのです。

 

今回は車の色選びについて、趣味の面から選ぶ方法と機能の面から選ぶ方法をそれぞれ解説します。

 

 

車の色の選び方その1:好きな色で選ぶ!

こだわりの色、特にお気に入りの色がある!という方は、ご自身の好きな色の車を選ぶのがよいでしょう。色はあなたの個性や人柄を表現するもの。色によって与える印象は違いますので、車によく用いられるカラーを例に解説していきます。

 

白は清潔感があり、飽きのこないスマートな印象を与えます。白は常に人気がある色で、これから紹介する「パールホワイト」も近年は非常にその価値が高まっています。また、無難な色でもあるため人によっては「つまらない」と感じるかもしれません。

 

黒はクールで高級感があり、グレードが高い車に見せてくれます。「彼氏に乗ってほしい車の色」として例に挙がりやすいのも、やはり黒。一方で威圧感があり、とくに車体が大きいときなどはかっこよさを通り越して恐怖を感じさせることも……

 

赤はエネルギッシュな色で、人の目につきやすい色であるとされます。男女ともに人気があり、目立ちたがり屋さんにもピッタリです。ただし、見る人によってはやや攻撃的な印象を与えるかもしれません。

 

青は堅実で落ち着いた印象を与えます。青い車の人に乗せてもらったら、なんとなく安全運転かも?と思えるような、イメージのよいカラーですね。一方で、車選びに際しては消極的で引っ込み思案な人が選びがちなボディカラーともいわれています。

 

シルバー

シルバーは海外の高級車にも多く、乗る人の価値も高めてくれる色です。ただし、車に限っては「営業車っぽい」「お年寄りが乗っていそう」といったイメージもつきやすいため、注意が必要といえそうです。

 

茶色はあたたかみがあり、おおらかで優しげなイメージを与えるといわれています。車の中ではなんとなく珍しい色に感じるかもしれませんが、暮らしの中にもうまく溶け込む無難な色といえるでしょう。

 

他にも黄色やオレンジといった活発なイメージの色や、マイペースな印象を与えてくれる緑などの色もあります。

 

好みで色を選ぶときには、「この色にはどんなイメージがあるか」を考えてみると面白いかもしれませんね。

 

日本の車の人気カラーはパールホワイト!

日本の車の人気カラーはパールホワイト!

 

日本では、とくにパールホワイトとよばれるボディカラーが人気を集めているようです。パールホワイトと聞いて、どんな色かイメージできますか?

 

どんな色なの?

パール(真珠)の輝きをともなった、やわらかなホワイトをパールホワイトといいます。この真珠のような光沢が、「ただ真っ白な車は味気ない」という人にピッタリの高級感を演出するのです。

 

シルバーの輝きは高級感のある印象を与えると同時に、社用車っぽさや高齢者向けのイメージがつきがちです。しかし、パールホワイトは明るいホワイトをベースにパールの輝きを放つことで、このマイナスイメージを打ち消すことができるのです。

 

人気ということは……

実は、パールホワイトの車はその人気の高さから買取の際の査定額が高くつきやすいといわれています。需要が高いからこそ、手放してからも買手がつきやすいということでしょう。

 

いつか車を乗り換えるときのことまで考えると、パールホワイトの車を買うことはいい選択かもしれませんよ!

 

人気のホワイトにさらに輝きをもたせ、シルバーに負けない高級感の演出を実現したパールホワイト。「白は好きだけど、なんだか味気ないな」「シルバーはかっこいいのに、あまりいいイメージがないのかな……」と悩んでいる方には、パールホワイトがおすすめですよ!

 

車の色の選び方その2:汚れや買取などの機能面で色を選ぶ!

色にこだわりがない人は、汚れのつきやすさ・目立ちやすさの面で車の色を考えてみるのはいかがでしょう。ボディの状態は買取査定の金額に影響しますから、いずれ買取に出すことを視野に入れて車を購入する際は、色のこともぜひ考えてみてください。

 

メタリック系は汚れが目立ちにくい!

白は雨あがりの水アカが目立ちやすく、かといって黒は細かいキズが目立ちやすい……人気色だからといって欠点がないわけではありません。とくに黒は泥ハネやホコリなど、いろいろな汚れがそこかしこで目立ってしまいます。

 

そんな中、グレーやシルバーなどのメタリック系はこうした汚れやキズが目立ちにくいといわれています。もちろん目立たないだけで汚れることには汚れていますから、お手入れはサボらないでくださいね!

 

人気の色は買取金額が高くなる?

パールホワイトの紹介の際にも触れましたが、人気の色は需要があるため買取価格も高くなりやすいとされています。

 

白、黒は常に人気があり、買取の際もよい値段がつきやすいといえるでしょう。ただし、ボディの汚れやキズが目立っていると査定金額は下がりますから、日々のこまめなメンテナンスを大切にしましょう。

 

派手な車は色あせてしまう

車のボディは日光や雨風にさらされることで、経年劣化によりツヤや本来の色が失われていくものです。たとえば、黒は太陽光を吸収する性質があるため、ボディ自体の傷みも早いといわれています。

 

赤や黄色などのパキっとした色は、とくに色あせの影響を受けやすいといわれています。「せっかくカッコイイ色だったのに、今じゃ日に焼けて見る影もない……」なんてことにもなりかねません。

 

カバーをかけたり定期的に洗車をしたりすることで劣化を遅らせることは可能ですが、それだけ手間がかかるのは事実といえるでしょう。

 

白は燃費性能がいい!?

なんと、白い車は他の車に比べて2%ほど燃費性能がよくなるといわれています。これはアクサルタ・コーティング・システムズというアメリカの会社に勤めている、とあるカラーマーケティングマネージャーの研究発表によって明らかになりました。

 

白は人気色でありながら、燃費の面でも他の色に比べて優れた性能を発揮したそうです。

2%と聞くと微々たるものと感じるかもしれませんが、燃費性能と切り離せない関係にあるガソリン代は自動車維持費の大部分を占めるものです。走れば走るだけ、その効果を実感できるかも?

 

自分の車がどこにあるかわからなくなる……

大型駐車場あるある、「車どこ?」。人気ということは、同じ色の車も多いということ。やっと見つけた!と思ったら違う誰かの車、の繰り返し……

 

自分の車をどこに置いたか忘れてしまいがちだという人は、あえて派手でめずらしい色の車を選んでみてもいいかもしれません。パッと目につく赤や緑なら、大量の車の中からでも一発で見つけられますよね。

 

「事故の起こりやすい色」とは?

「事故の起こりやすい色」とは?

 

事故が最も起こりやすい時間帯は、薄暮時(日が沈みかけている頃)であるといわれています。これは「まだ明るいから」というドライバーの自己判断のもと、暗い中でもライトを点灯せずに運転を続けることで事故が起こりやすくなるからにほかなりません。

 

また、夕方は帰宅ラッシュにあたり、通行人も一気に増える時間帯です。人身事故のリスクが高まり、視認しにくい色の服を身にまとっている人はとくに事故に遭遇しやすくなるといえるでしょう。

 

実は車にも事故の起こりやすい色と、そうでない車があるとされています。なぜそうなってしまうのか、まず「事故を起こしやすそうな色」をイメージしてみましょう。

 

暗闇で目立たない色

そもそも、夜間の運転は昼間の運転よりも事故のリスクが高まります。このため、黒や紺などの暗めの目立たない色は夜の暗さに溶け込んで、目に見えにくい状態になるのです。

 

反対に、白やシルバーのような光を反射しやすい色は暗闇の中でもわずかな光を反射して、その存在を示してくれます。

 

遠くにあるように見える色

黒、紫、青は「後退色」とよばれ、人間の目には実際の距離よりも小さく遠くに見える色とされています。これらの色、とくに青は距離感を見誤りやすく、事故を起こすリスクが高いのではと考えられているようです。

 

ちなみに、いちばん距離感を正確に測ることができる色は黄色だと考えられています。追突事故のリスクを考えると、黄色い車に乗ることで安全性を大きく高められるかもしれませんね。

 

しかしながら、自動車事故は突然に起こるものです。派手な車でも事故を起こすことはありますし、目立たない色の車ばかりが事故を起こすというわけでもありません。

 

ご自身の車とうまく付き合っていくことで、事故のリスクを低くすることは可能です。そんな中でも少しでも運転中の安全性を高めたいというのであれば、明るいボディカラーがおすすめといえるでしょう。

 

まとめ

車の色選びについて、少しでも参考になりましたでしょうか?

 

色が与える印象は、実にさまざまです。どんな色もプラスのイメージとマイナス面とを同時に持ち合わせていますから、こうしたイメージの面では一概にどの色が最も優れているかということはできません。あなたが最も好ましいと感じる色を選択してもよいはずです。

 

キズや汚れの観点から見るなら、メタリック系のカラーが優れているといってよいでしょう。人気の白と光沢感のあるシルバーを掛け合わせたパールホワイトはとくに人気が高く、買取の際にもよい値段がつきやすいもの。これからのことを考えて車に乗るのであれば、パールホワイトは非常におすすめできるカラーといえます。

 

一方で、性能やリセールバリューだけを考慮して車に乗るのも味気ないという人もいらっしゃるでしょう。いずれにせよ、車の色選びは重要なポイントになりますから、ここはじっくり悩むことを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ

.