車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

手洗い洗車をしてリフレッシュ!具体的な手順と汚れ別対処法

最新情報・レポート

手洗い洗車をしてリフレッシュ!具体的な手順と汚れ別対処法

手洗い洗車をしてリフレッシュ!具体的な手順と汚れ別対処法

 

人間がお風呂に入って体をきれいにするように、車も定期的に洗って汚れを落としてあげたいですよね。

 

汚れている状態で車に乗り続けると見た目によくないだけではなく、蓄積した汚れがボディにも悪い影響を与えることがあります。「ホコリっぽくなってきたかな」と感じる前に、こまめに洗うのが一番よいのです。

 

ですが、「いちいち洗車に持っていくのも……」とお考えになる方もいらっしゃることでしょう。今回は、ご自分でもできる手洗い洗車の方法についてレクチャーしたいと思います。

 

 

手洗い洗車をする前に……

「さっそく洗っちゃおう!」と、思い立ったが吉日……かもしれませんが、手洗い洗車のために必要なものが足りなくては困りますよね。また、土砂降りの日に外で車を洗うのも条件がよくありません。手洗い洗車をする前に、以下の項目をチェックしてください。

 

必要な道具

 

・スポンジ

大きなボディを洗うには大きなスポンジが適切です。また、ボディに傷をつけないやわらかめのものを選びましょう。カー用品店や通信販売でも車を洗うためのスポンジが売っていますから、やはりここは専用のものを購入するのがベストでしょうか。

 

・ブラシ

ブラシ部分の材質は馬や羊などの動物性のものから、ポリプロピレンのような化学繊維までさまざまです。しなやかでボディにキズをつけにくい動物性のブラシがおすすめですが、しっかり磨きたいのであればコシが強いポリプロピレンのほうが向いています。

 

・バケツ

車を洗うスポンジやブラシの汚れを落とすために使います。最近はバケツも種類が豊富で、ホースを固定するためのホルダーがついているものや折り畳み式のものが売られていますよ。洗車以外にも使い道がたくさんあるので、好きなものを選びましょう。

 

・タオル

濡れた車体を拭きあげるためのタオルです。吹いているときにボディにキズをつけることがないよう、やわらかく吸水性に優れたものを選びましょう。マイクロファイバー製か、セームと呼ばれる革製のタオルがおすすめです。

 

・洗剤

もちろん洗車用の洗剤も売られていますが、家庭用洗剤で代用することもできます。ただし、中性かつ弱アルカリ性の洗剤を選んでください。

 

・コーティング剤

ワックスなどのコーティング剤は、水やホコリをはじいて車が汚れるのを防ぐはたらきがあります。フッ素、ガラス、樹脂などコーティング剤にもいろいろな種類がありますが、得意な汚れや価格の差があります。ご自身の車に合いそうなものを選ぶのがよさそうですね。

 

コーティング剤を絶対に使用する必要はありませんが、コーティングがされている場合とそうでない場合では汚れ方の違いが歴然ですよ!

 

「絶好の洗車日和」は晴れの日ではない

カンカン照りの空のもと、真っ昼間からいざ洗車!……は、実は避けたほうがよいとされています。

 

炎天下にさらされた車体は表面温度が高くなっていて、たっぷり水をかけてもすぐに乾いてしまいます。また、洗剤やコーティング剤が早く乾燥しすぎてしまい、逆にボディを傷めてしまうこともあるのです。

 

「今日はメッチャ風吹いてるから涼しいよ!」と思っても、NGです。目には見えないゴミやホコリが飛んできて、コーティングの最中にボディへ張りついてしまいます。

 

手洗い洗車は気温が25度を下回るくらいの日、朝か夕方ごろに行うのがいいでしょう。「雨の日だったら汚れが落ちやすくなりそうだよね」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、泥ハネのリスクなどを考えるとカンペキなコンディションではなさそうです。

 

お天気は曇りがベスト!晴れた日でも日陰で作業するのが好ましいですね。

 

コーディング車は洗車方法が省略される!

あらかじめボディにコーティング剤を施してある場合、車を洗いすぎてはいけません。「水洗いだけで大丈夫」ということもあります。

 

これはコーティング剤の力によって圧倒的に汚れが落ちやすくなっていることと、洗剤を使いすぎることでせっかくのコーティングが剥がれてしまうことがあるためです。

 

ですが、もちろん汚れ方によっては細やかな処置が必要になることもあります。鉄粉のように取り除くのが難しい汚れや、ベッタリ油がついているような場合については、状況に合わせて適切な洗剤を使って洗車しましょう。

 

手洗い洗車の手順

手洗い洗車の手順

 

それでは、さっそく車を洗っていきましょう!パッと目についたところから洗うよりも、きちんと順序を考えながら洗うことで、よりきれいに仕上がりますよ。

 

汚れがひどいタイヤから!

まずはタイヤを洗いましょう。先にボディをきれいにしてしまうと、あとからタイヤを洗ったときに泥がボディにはねてしまうことがあるからです。

 

このとき、いきなりスポンジやブラシを当てるのではなく、水である程度汚れを洗い流してからにしましょう。タイヤハウスやホイールも忘れずに洗ってくださいね。

 

ボディは上から下に向かって

次はボディを洗いましょう。ここで一度水で汚れを流す必要がありますが、当然ですが汚れを含んだ水は下へ下へと流れていきます。

 

テッペンに溜まった汚れを地面に洗い流すように、上から水をかけましょう。このとき、ケチケチしてしまって水が足りないと汚れがきちんと落ちません。惜しみなくたっぷり使いましょう。

 

ゴシゴシやるのはNGです

水でボディを洗い流したら、いよいよ洗剤を使って洗います。このとき、汚れがひどいと力強くこすってしまいたくなりますが、かえってキズをつける原因になるので我慢しましょう。泡で汚れをはがすイメージで、たっぷり泡立てた洗剤を使ってください。

 

スポンジやブラシはクルクル円を描くように動かすというよりは、直線的に滑らせるようにするのがコツです。よりボディにキズをつけにくい、優しい洗い方になりますよ。

 

ちょっとずつ洗いましょう

ボディ全体に一気に泡をつけて、洗い上げてからすすぐことは避けましょう。長時間放置された箇所から乾いていって、洗剤に閉じ込められていた汚れが再びボディに張りついてしまいます。

 

時間をかけすぎない範囲を少しずつ洗って、少しずつ流すのがポイントです。作業はサクサクと進めましょう。ボンネットやルーフなど、場所ごとに区別するとやりやすいかもしれません。

 

濡れたままにしないこと!

水滴がそのまま乾くと、そこだけ跡が残ってしまいます。全体をタオルできれいに拭きあげましょう。このときも水を下へと落とすイメージで、上から下に向かって拭いていきます。

 

晴れた日や夏の時期は乾くのが早いので、仕上げはけっこうスピード勝負です。また、コーティングは洗車が終わってボディの汚れが落ちきった状態で行いましょう。

 

汚れ別対処法

車を悩ませる汚れは、泥や水アカだけではありません。鳥のフンや虫の死骸がへばりついてしまうこともあるでしょう。また、粒子が細かい鉄粉や黄砂も取り除くのが大変です。

 

今回は汚れによって異なる洗車での対処法をご説明します。

 

水アカ

単なる水なのに、黒い跡がひどく残ってしまうのには理由があります。それは排気ガスや削れたアスファルト、またはタイヤなどの微細な粒子が水の中に混じって、水と一緒に車に張りついてしまうから。

 

水アカは付着してから汚れが経つほど落とすのが難しくなります。また、ボディが傷んでいたりコーティングが弱くなってたりするとこびりついてしまい、わざわざ専用のクリーナーで落とすことになることもあります。

 

普段から洗剤でこまめに洗車しておけば、簡単に対処することができますよ。

 

鳥のフン、虫の死骸

山へドライブに行ったりすると、運悪く鳥のフンが窓ガラスに落ちてくることがありますよね。それだけならまだよいのですが、腹が立って車の外に出て確認しようとしたら、車の前側におびただしいほどの小さな虫の死骸が……考えただけでも恐ろしいものです。

 

鳥のフンと虫の死骸は、いずれも酸性の物質です。これらが酸性クレーターと呼ばれるボディの陥没を引き起こすことがありますから、何としても除去したいところ。

 

これらの汚れを発見したら、すぐにウェットティッシュで拭き取りましょう。このとき、フンに含まれる未消化物や虫の羽がボディにキズをつけてしまう可能性がありますので、力を込めてはいけません。

 

水をかけるときれいになる場合がありますが、こびりついてしまっている場合はお湯を含ませたティッシュが有効です。

 

無理やり剥がそうとしてツメを立てたりするのはやめましょう。勢いよく水を吹きかけ、ある程度落とした状態で洗剤を使って落とします。

 

鉄粉

見た目は綺麗なのに、ボディに触るとなんだかザラザラしている……というときは、鉄粉が原因であると考えられます。金属を扱う工場や削れた電車のレールから、空気に乗って飛ばされてきた目に見えない微細な鉄のカケラが鉄粉です。

 

鉄粉は空気中の比重が重いため、ボディの上に乗ってしまうとなかなか飛んでいきません。さらに、空気中の酸素と反応して錆びることでボディに根深く突き刺さってしまいます。

 

こうなってしまうと、一般的な洗剤では取り除くことができません。鉄粉除去剤とよばれる専用のスプレー剤を使うか、鉄粉除去粘土を使いましょう。定期的に使うのであればスプレー剤がおすすめですが、汚れがひどい場合は粘土で取り除くほうが有効です。

 

黄砂

停めておいた車が薄く黄ばんでいる!?というときは、黄砂が原因です。黄砂は遠く中国の砂漠から風に乗ってやってくる、微細な黄色い砂。工場地帯を通り化学物質を含んで飛来するため、自動車の塗装を侵食する可能性があります。

 

また、細かいですが非常に硬く、気をつけて取り除かないと車のボディを傷つけてしまいます。さらに、細かいゆえにさまざまなパーツの隙間に入り込んでしまうので、非常に厄介な汚れであるといえるでしょう。

 

化学物質が車に悪い影響を与える前に、すみやかに洗車をするのが得策です。たっぷりの水で十分に黄砂を洗い流してください。

 

汚れが入り込んでしまった細かいパーツも忘れずに洗いましょう。水洗いのあとに洗剤を使って洗うときも、黄砂が残っている可能性があります。ボディを傷つけないよう、やさしく洗うことを心がけてください。

 

花粉

花粉が苦しめるのは人間だけではありません。なんと車のボディにも付着するのです。車のボディに張りついた花粉はたいてい黄色か緑色で、触れると少しベタッとします。

 

花粉にはペクチンとよばれるタンパク質が含まれていますが、これが水に溶けだすことで車の塗装に染み込んで悪影響を及ぼすのです。一度染み込んだ花粉は乾燥して縮むと塗装面に突き刺さり、表面がゆがむ原因にもなります。

 

花粉はとにかく除去するのが難しいので、花粉が乗っていることに気がついた時点で、すみやかに洗剤で洗うことをおすすめします。

 

洗剤でも取れないときには、熱湯をかけてみましょう。タンパク質が変質することで取り除きやすくなりますよ。

 

ただし、車のパーツに用いられるゴムは熱に弱いため、熱湯がかかって劣化してしまうことがあります。直接お湯をかけるのが憚られる場合は、お湯をつけたタオルで拭き取ってください。研磨剤が含まれたクリーナーを使って除去する方法もあります。

 

ふわふわで真っ白な雪。なんだ、鉄粉や黄砂なんかに比べたら可愛らしいものじゃないか……と、油断してはいけません。

 

雪も黄砂と同じように、空気中の化学物質を含んで降り積もるものです。また、雪がたくさん降る地域では融雪剤や凍結防止剤がまかれている場合があります。

 

これらの薬剤には塩分が含まれているため、走行中に巻き上げた雪がボディに張りつくことで錆の原因になることがあります。また、雪はそのまま乾くと水アカ状の汚れに変わってしまい、よりボディに沈着しやすくなってしまうのです。

 

適当に払ってしまうと、やはりキズができてしまう可能性があります。ですが、フロントガラスに積もったまま運転するのはとても危険ですよね。

 

対策として、ある程度の雪をそっと手で払ってから暖房をかける方法があります。ボンネットやルーフが温まることで乗った雪の下部が溶け、自然に滑り落ちるのを助けてくれるのです。

 

ベタベタの硬い雪や、凍ってしまった部分を無理やり剥がすのは避けましょう。水やお湯をかけて溶かすこともひとつの方法です。

 

業者に洗車を依頼してみよう!

業者に洗車を依頼してみよう!

 

ご自身でできる手洗い洗車。ですが、「自分でやるのは手間だし……」「汚れがひどくて自分では対処できない……」という場合は、業者に洗車をお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

自分で道具を揃えて洗車する手間がかかりませんし、虫の死骸や鉄粉など、ちょっと対処が難しい汚れにもキッチリ対応してくれます。

 

また、業者によってスポンジや洗剤に独自のこだわりがあり、プロにおまかせした手洗い洗車後の自動車は実に見事な仕上がりです。しかも手馴れているからとってもスピーディー!

 

価格はお願いする業者や車のサイズにもよりますが、小さな車であれば2,000円台前半、大きな車でも3,000円前後で洗車してもらうことができますよ。

 

また、ガソリンスタンドに設置されている洗車機で洗う方法もあります。回転するブラシの中を車で通り抜けるだけで、あっという間に完了です。

 

高くても1,000円ちょっとで洗えるので、お財布にやさしいのもありがたいですね。給油のために立ち寄るついでに、早く、安く、気軽に洗車ができるというものです。

 

ただし、洗車機は手洗い洗車のように細かい部分を丁寧に洗うことができません。洗車機ばかり利用して「こまめに洗ってるよ!」というのはあまり有効的ではありませんから、できれば汚れを目視で確認しながら手洗いで洗車をしてみてくださいね。

 

まとめ

今回は、手洗い洗車についてお話しました。

 

手洗い洗車はご自身でカンタンに実践することができます。ですが、ある程度は必要な道具を準備する必要があります。道具選びのポイントは、とにかく車にキズをつけないやわらかい素材のものを選ぶことでしょうか。

 

カー用品店や通信販売でカンタンに手に入る道具ばかりですし、洗剤は家庭用で代用することもできますよ。

 

また、コーティングが施されている車は通常と洗い方が異なります。ただし、コーティングしているからといって洗車を怠ってはいけませんよ!

 

いろんなところを走る車だからこそ、汚れの種類も実にさまざま。水アカや鳥のフンのように目立つ汚れもあれば、鉄粉のように一見わからない汚れもあります。

 

しかし、ボディの汚れは見た目に悪い影響を与えるだけではありません。蓄積することで塗装やその下にあるボディを着実に蝕んでいきます。汚れに気がついた時点ですみやかに洗車することがベストな対策といえるでしょう。

 

車を守るための手洗い洗車。業者さんにお願いすることもできますし、これを機会にまずは車をていねいに洗ってみませんか?

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.