車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

注目のETC2.0とは?特徴や今後のサービスについて解説します

最新情報・レポート

注目のETC2.0とは?特徴や今後のサービスについて解説します

注目のETC2.0とは?特徴や今後のサービスについて解説します

 

ETCの実装により、日本の高速道路の料金支払いがたいへんスムーズになりました。今や高速道路の料金所は、ETC専用ゲートの数が過半数を占めています。

 

そんなETCも進化を続けており、2016年からは「ETC2.0」の本格的な導入が開始しました。このETC2.0とは、いったいどのような特徴のあるETCなのでしょうか。

 

今回はETC2.0について、これまでのETCとの違いを交えながら説明していきます。また、今後も発展を続けていくETC2.0で予定されている新たなサービスについてもお話していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ETC2.0とはIT技術とコラボして進化したETC!

さて、ETC2.0とはいったいどんなものなのでしょうか。さっそくその正体をひも解いていきましょう。

 

 

優れたIT技術によって誕生

これまでのETCは、単純な料金支払システムとしてのみ機能するものでした。当時からETCを利用することによる料金割引などは確立されていましたが、これに日本の優れたIT技術を融合することでさらなる機能の向上を図って誕生したのがETC2.0です。

 

このバージョンアップによって、「今まで使えたものが使えなくなる」ということはありません。バイクなどの二輪車についても、これまで通り装着して使うことができます。

 

 

どんな機能があるの?

追加された機能として、インターネットを活用した道路情報の反映や渋滞を避けるためのルートを任意で選択するものがあります。これらの機能はカーナビ、あるいはスマートフォンを用いることで最大限に活かすことができるものです。

 

ETC2.0から提供される情報は、事故が発生しやすいエリアで注意を促すものや、事故や悪天候による現在の道路状況を画像で解説してくれるものなど、非常に便利なものばかりです。

 

 

おトクなサービスも充実!

高速道路を利用するエリアや時間帯によっては、ETC2.0を利用することで通常のETC利用割引に加えさらなる料金割引を受けることができるサービスが受けられます。

 

また、あなたが運転中にETC2.0から提供された情報をもとに一旦渋滞を避けるルートを選択すると、コンピュータシステムによって「渋滞の緩和に貢献した」と認知される場合があります。この貢献により、高速料金がさらに割り引かれることもあるのです。

 

普段から高速道路をよく利用するという人にはうってつけの、たいへんうれしいサービスですね。

 

 

 

ETC2.0の特徴は「情報」である!

ETC2.0の特徴は「情報」である!

 

先ほども少し触れましたが、ETC2.0は優れた情報技術によって生まれ、ドライブをより快適にするために必要な情報を豊富に入手することができるという特徴があります。

 

ETCの情報化は道路交通にとって大きなメリットをもたらしました。リアルタイムで道路情報を反映できるサービスによって必要なエリアの渋滞情報の取得が可能となり、これを避けるための一時退出機能なども実装されることとなったのです。

 

情報化された車社会を生きるために必要な、カーナビやスマートフォン。これらをETC2.0と連動させることにより、音声や画像などより明確な情報を活用することができます。

 

ただし、カーナビについてはETC2.0に対応している製品とそうでない製品がありますから、「ぜひ利用してみたい」というのであれば事前に商品カタログなどに目を通して確認するようにしましょう。

 

 

 

ETC2.0には3タイプある!

さて、ETC2.0を連動するための車載器には以下の3つのタイプがあることを覚えておきましょう。

 

 

カーナビ連動型

「ETC2.0対応」の製品において、連動することでルートの音声案内や地図の画像などを表示することができるタイプです。現在の道路状況を把握したり、周辺の観光情報をチェックしたりすることも可能になります。

 

 

GPS連動型

こちらはGPS(位置情報サービス)にのみ連動するタイプで、画像による案内サービスを受けることはできません。しかし、音声案内のみでも運転に必要な情報を得ることが可能となるため、優れた車載器であるといえるでしょう。

 

 

スマートフォン連動型

専用のアプリをダウンロードすることによって利用が可能になるETC2.0です。車に乗り込んだ際に適切な場所へスマートフォンを設置することで、カーナビに近い情報提供サービスを活用することができます。

 

 

ETC2.0導入の背景には日本の道路事情が関わっている

ETC2.0が導入されることとなった背景のひとつとして、日本の地理的な問題がありました。

 

日本列島は急な山々がつらなり、流れが早く曲がりくねった河川が数々存在します。こうした厳しい環境により、1億人を超える日本人が実際に住むことのできる面積は国土のおよそ3割程度しかないといわれています。

 

そのため、多くの人々が暮らす都市部の道路交通網は非常に貧弱。渋滞が日常茶飯事となり、せっかく開発されたエコカーの燃費性能も満足に発揮できない状態でした。日本人一人あたりの渋滞による移動時間の年間損失は、欧米諸国の2倍となる約40時間であるという研究データも発表されているほどです 。

 

こうした渋滞問題の緩和により大きく貢献するため、ETCは2.0へと進化を遂げることとなりました。ETC2.0は、日本の悩ましい道路交通事情を解決するために誕生したのです。

 

 

 

ETC2.0の今後の導入予定サービス!

ETC2.0の今後の導入予定サービス!

 

さて、ETC2.0はさらなる発展を続けています。今後もさまざまなサービスの導入が予定されていますので、気になる情報がないかチェックしてみましょう!

 

 

より細やかなルート検索システム

とくに大きな都市圏では、環状道路が整備させることでルート選択の幅が大きく広がりました。周辺の道路のつくりによって、目的地までの経路はときに1,000通りを超えることもあります。

 

ETC2.0はこれらすべてから割り出される目的地までの経路情報をくまなく収集し、事故や渋滞の状況からドライバーにとって最適なルート選択をサポートしてくれるのです。

 

現状、このシステムは主に首都圏など人口の多いエリアの道路で活躍するものですが、将来的には全国の道路ネットワークを有効に活用するために役立つものとなるでしょう。

 

 

物流業者を支援してくれる

トラックに大切な荷物を載せて事故を起こしたり、渋滞に巻き込まれて配送が遅れたりすることは業者によって命取りになります。

 

ETC2.0は搭載されているトラックの走行ルートや急ブレーキ・急ハンドルといった情報を物流業者へ提供してくれます。これらの情報はドライバーの運転指導につながるほか、運行情報の管理や荷物の配送管理に活用することができるのです。

 

道路状況を把握することで、賢いルート選択が可能になります。また、大型車両や特殊車両の接近をETC2.0で前もって把握することにより、料金所の通行許可を簡略化することもできるようになるのです。

 

 

高速道路以外でもキャッシュレス化に貢献

これからは飲食店のドライブスルーで、ETC2.0が大活躍するかもしれません。ETC2.0を活用することで、わざわざ現金を用意しなくても高速道路の料金所と同じように車に乗ったまま料金を支払うことが可能になります。

 

また、この技術はガソリンスタンドや駐車場でも応用ができます。ETC2.0が集めた周辺情報を利用して、一番近いスポットを見つけることもできますよね。

 

 

タクシーの待機列も解消できる

あるタクシープールに空車が大量に配車されてしまうと、本当にタクシーを待っている人のところまで必要な台数が行き渡りません。

 

しかし、ETC2.0で車両数や道路状況などを把握することで離れたタクシープールまで必要な台数を配車することでバランスを取ることができるようになります。このシステムはすでに一部でサービスが実施されており、街の渋滞緩和に大いに役立っています。

 

 

フェリーにも乗りやすい!

通常、フェリーに乗るためには車検証などを用いた車両確認が必要になります。確認にはやや手間がかかり、状況によっては出航に遅れが生じる場合もありました。

 

しかし、ETC2.0と車検証の情報を連動させることによって、この車両確認を大幅に簡略化することが可能となりました。乗船がスムーズになり、より快適にフェリーに乗ることができるようになったのです。

 

タクシー待機列を解消するシステムと同様に、こちらのサービスも一部ですでに活用されています。

 

 

 

まとめ

ETCは便利な料金支払システムによって、これまでもドライバーの快適な運転をサポートしてくれました。しかし、これからの私たちにそれ以上のメリットをもたらしてくれるのがETC2.0です。

 

正確かつ豊富な道路情報は渋滞緩和だけでなく、交通事故の防止にもつながります。また、周辺施設の情報が提供されることによって、トラブルが発生したときも即座に適切な対応を取ることができるようになります。

 

何より、ETC2.0はまだまだ発展途上。これからサービスはより豊かになっていきます。町のキャッシュレス化や料金支払いの簡略化に貢献していくETC2.0。これからの車社会に向けて、車の買い替えなどのタイミングに合わせて購入することを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.