車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

車内掃除をして気分も新たにリフレッシュ!必要な道具と清掃方法

最新情報・レポート

車内掃除をして気分も新たにリフレッシュ!必要な道具と清掃方法

車内掃除をして気分も新たにリフレッシュ!必要な道具と清掃方法

 

みなさんは、普段から車内の掃除を心がけていますか?めんどうくさくて、なかなか手をつけることができないという方も多いのではないでしょうか。

 

今回の記事では、家庭にあるもので簡単に車内の掃除ができる方法を紹介します。食器用の洗剤や新聞紙を用いた誰でもすぐに始めることができる掃除をたくさん紹介していきますので、ぜひ読んでみてください。

 

 

掃除をする前に準備するもの

まず、車内の掃除のために準備するものを紹介します。

 

・雑巾

・バケツ

・綿棒

・叩き棒、洗濯たたき

・霧吹き

・たわし または 使い古しの歯ブラシ

・洗濯用洗剤

・掃除機

・食器用中性洗剤

・新聞紙

 

上記のものがあれば、車内を一通りきれいにすることができます。

 

車内掃除の順番

車内掃除の順番

 

まず、フロアマットやクッション類を外に出すことからはじめましょう。取り外しできるものはなるべく外に出すことで、掃除をするときに邪魔になりません。

 

車内の掃除をおこなうときは、車内の天井から 作業をしましょう。下から上に向かって掃除をしてしまうと、上の掃除をする際に先に掃除を終わらせていた下のほうへとゴミが落ちていってしまいます。

 

おおよその目安として、【天井窓→ダッシュボードとハンドル→シート→床】の順番で掃除をしていきましょう。

 

場所ごとの清掃方法

車内の掃除といっても、天井や窓といった場所によって掃除の仕方は異なるものです。それでは、場所ごとの清掃方法をそれぞれ紹介します。

 

フロアマットやクッション類

クッション類は、洗濯や手洗いでキレイにすることができます。洗濯絵表示を確認して、正しい洗い方でキレイにしましょう。

 

フロアマットは、最初に布団たたきや棒などではたいて砂やゴミを落としましょう。その後、水洗いをします。ここで注意してほしいことは、フロアマットをしっかり乾かすために晴れの日におこなうことです。フロアマットは乾きにくいので、雨の日や曇りの日に干しても生渇きになってしまうのです。

 

水洗いだけで汚れを落としきれなかったときには、液体の洗濯用洗剤を使ってみてください。洗濯用洗剤がない場合は、食器用の中性洗剤でもある程度汚れを落とすことができます。

 

ブラシやたわしを使いながら、その後きれいな水で洗剤を洗い流します。マットを柔らかくしたい場合には、ここで柔軟剤染み込ませたあと、よくすすいでください。

 

フロアマットを干すときは平行ではなく、あえてマットが斜めになるように干しましょう。斜めに干すことで角の一転に水分が集まり、水滴が落ちて乾きやすくなります。

 

十分に乾燥させたら、フロアマットの掃除は終了です。

 

天井の掃除

車の天井には、シミのような汚れができてしまうことがあります。

 

この汚れを落とすために、まずは中性洗剤をお湯で薄めて霧吹きの中にいれます。薄めた洗剤をシミが目立っているところに吹きかけ、雑巾でふき取りましょう。

 

(例)中性洗剤だけで取り除けなかった汚れには、改めて専用のルームクリーナーなどを使ってみてください。

 

窓の掃除

窓ガラスの掃除には、なんと丸めた新聞紙が非常に有効です。新聞紙のインクには、油汚れを落としてくれる効果があります。

 

まずは簡単に水で汚れを落としたあと、新聞紙で水気を取りながら窓を拭いていきましょう。キレイに水気をふき取りつつ全体をこすり終えたら、窓の掃除は完了です。同時に外側のガラスも吹きあげることで、よりきれいな仕上がりになりますよ。

 

ダッシュボードとハンドルの掃除

まずはダッシュボードから掃除をしていきましょう。簡単な汚れであれば、水を含ませた柔らかいタオルで拭き取るだけでも取り除くことができます。エアコンの吹き出し口などの細かい部分は、綿棒を使ってほこりを取りましょう。

 

シートの掃除

シートを掃除するときは、はじめに掃除機で簡単なゴミをおおまかに吸い取ります。細かい隙間は、先端を斜めに切って尖らせたトイレットペーパーの芯を掃除機の先につけてゴミを吸い取ると効果的です。

 

その後、しっかりと絞った雑巾でシート表面を吹き上げましょう。なかなか取れないシミには、中性洗剤が有効です。水で薄めた中性洗剤を雑巾に染み込ませ、改めてシミを拭き取ってみてください。

 

床掃除

最後は床の掃除をおこないます。とくにフロアマットの下には砂やホコリ、食べかすなどがたくさん落ちているので、これらの汚れも掃除機できれいに吸い上げましょう。

 

以上で、車内の掃除は終了となります。

 

車内清掃グッズで快適に清掃しよう!

車内清掃グッズで快適に清掃しよう!

 

ここまでは家庭にあるもので車内を掃除する方法を紹介してきましたが、きちんとした車内清掃グッズを用意することで更にきれいにすることができます。ここからは、おすすめの清掃グッズを紹介します。

 

カークリーナー

コンパクトなハンディタイプの掃除機で、コンセント式のものとバッテリー式のものがあり、車内のダニやノミの駆除にも役立ちます。サイクロン方式のクリーナーは吸引力が持続するので、ホコリやダニ・ノミにしっかりと対策できます。

 

車内専用洗剤

スプレー式になっているものが多いです。シートや天井、ハンドルの気になる汚れに吹きかけ、タオルでさっと拭くだけで汚れが落ちる優れものです。車1台に1本あれば、車内の掃除を十二分におこなえるのではないでしょうか。

 

ガラスクリーナー

外窓と内窓どちらにも使えるものもあります。乾きの速いガラス用のクリーナーを使えば、水垢の心配をせずにガラスを拭くことができます。

 

車内用ブラシ

シートやカーペットなどの内装の汚れを落とす際に便利なブラシもあります。ブラシの毛が柔らかめの素材のものを選べば傷も入りにくく、車内の汚れ落としに最適な道具といえるでしょう。

 

まとめ

今回は、車内の掃除方法を紹介させていただきました。車には家族や友達といった、自分以外の人を乗せる機会もよくあるはずです。急なタイミングでもきれいな車に乗せてあげられるよう、時間があるときに掃除しておくことをおすすめします。

 

また、紹介した車内掃除用の商品を使うことで掃除する時間を短縮することができます。気になる商品があれば、一度試して効果を体感してみてはいかがでしょうか?

 

ただし、車内の掃除は家庭にあるものだけでも十分におこなうことができます。今回の記事を読んで興味がわいた方は、ぜひ一度車内の掃除をしてみてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.