車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

新車購入をするまでの一連の流れと、できる限り安く買うコツとは?

最新情報・レポート

新車購入をするまでの一連の流れと、できる限り安く買うコツとは?

新車購入をするまでの一連の流れと、できる限り安く買うコツとは?

 

新車を購入したいと考えたとき、何から手をつけたらよいかわからず悩んでしまったことはありませんか?新車を購入するために必要な手順は、車選びや契約だけではありません。自分にあったディーラーを見つけたり、試乗したりすることも大切です。

 

また、ときにはどうしても手に入れたい車のために、値引き交渉をしてみたいと考えることもあるでしょう。

 

そこで今回の記事では、新車を購入する流れの説明と、値引き交渉のコツについて紹介します。

 

 

新車が手元にくるまで

それでは、新車購入に必要な手順をひとつずつ説明していきたいと思います。

 

車選び

まずは自分が買いたい車を見つけましょう。自分の生活や家族構成、趣味などを突き詰めていくことで、自分に合った車を見つけることができるでしょう。このとき、購入したい車の候補は1台だけでなく、3台ほど考えておくことをおすすめします。

 

これは、実際に試乗をおこなったときに自分には合っていないと感じた場合や、グレードによって好みが変わる場合があるためです。また、値引き交渉をおこなうときに、候補を3台用意することで交渉の材料として使うこともできます。

 

ディーラー選び

次に、購入するディーラーを選びます。ディーラーとは車を販売している店のことを指し、点検整備や車検なども依頼することができます。車を買ってからも長い付き合いになる可能性が高いですので、スタッフの対応の良さや受付サービスについても気にかけておくとよいでしょう。

 

できるだけ多くのディーラーを見学し、サービスやオプションの内容などを見比べてみてください。また、値引き交渉の際に他店の見積り書を使うことがあるので、自分が購入したい車の見積り書をもらっておくとよいでしょう。

 

試乗

希望の車の購入する前に、一度は試乗してみましょう。試乗することで新たな発見があり、また自分にあっているかどうかの確認もおこなうことができます。どんな車であっても、購入するまえの試乗は必ずおこないましょう。

 

第一希望の車だけでなく、候補にあげていた車に試乗することも忘れないようにしてください。実際に運転することで、より自分に合った車を見つけることができますよ。

 

値引き交渉、契約

ディーラーをまわったときに受け取った見積りなどを提示して、値引き交渉をおこないましょう。自分の納得のいく金額で契約を結んだら、新車購入は終了となります。

 

自動車は非常に高額です。ですから、新車購入の際はそれぞれの手順を慎重にこなさなければいけません。自分の欲しい車を納得のいく金額で手に入れたいのであれば、値引き交渉には特に力を入れるべきでしょう。

 

値引き交渉しよう!

値引き交渉しよう!

 

新車購入の際、買い手にとって最も悩ましい問題はやはり値引き交渉でしょう。値引き交渉に成功すれば車を安く手に入れることもできますが、強引な交渉をしてしまうと自動車購入後のディーラーとの関係が悪化してしまうおそれもあります。

 

ディーラーは車の販売以外にも点検や整備でお世話になる可能性が高いため、できるだけ良好な関係を築いていくべきでしょう。

 

また、値引きの目標金額を決めることも重要です。車両価格の10%程度まで値引きができれば、十分な成果となります。また、ネットの口コミなどで「――円値下げができました」などの実体験を見ることで、自分の目標金額を決める参考にすることもできます。

 

新車の値引き相場情報を公開しているサイトもあるので、値引き額の参考にしてみるのもよいでしょう。

 

値引き額は各販売店ごとに限度額が定められており、時間が経つにつれ値引きの基準も変わります。事前に参考価格として調べた値引き額から変化している可能性もあるので、注意してください。

 

値引き交渉のコツ

それでは、値引き交渉をするにあたっておさえておきたいポイントを紹介します。

 

値下げ競争をさせる

ディーラーによってどこまで値下げができるか変わるため、複数の販売店をまわりながら値下げ交渉をおこないましょう。複数の販売店で値下げ競争をさせることで、ディーラーの値下げ金額をぎりぎりまで下げることができます。

 

ただし、同じ会社の販売店同士で値下げを争わせてしまうと、最終的に車の購入者が損をすることがあります。値下げ競争をさせる場合は、他社の販売店同士で競争させましょう。

 

見積りの金額に下取りは含めない

新車を購入するときに出される見積書には、下取りの金額が含まれていることがあります。下取りの金額が含まれていない見積書を出してもらうことで新車購入分の金額だけを確認することができ、他の販売店との価格を正確に比較することができます。

 

オプションをつけてもらう

車を購入するときの交渉方法として、値引きだけでなく安い値段でオプションを付けてもらうことも可能です。値引きが難しいと判断した場合は、「なにか安くオプションをつけられないか?」と相談してみてもよいでしょう。

 

交渉の終盤で「このオプションをつけてくれたら購入します」と一押しすることで、本来有料のオプションを無料で付けてもらえることもあるかもしれません。

 

決算や年末に合わせて購入する

ディーラーの売上実績を記録したり、決算の時期や年末に交渉をしたりすることで、値引き額が大きくなることがあります。また、半期決算と呼ばれるものが8月のお盆休み明けから始まるため、この時期にも車を安く手に入れることができる可能性が高まります。

 

「営業実績を上げるために、なんとしてでも車を購入してもらいたい!」とディーラーが考えている時期は、値引きもより大きくなるでしょう。新車を購入する時期としては8月のお盆休み明けと12月、2月~3月の期間がおすすめです。

 

営業マンの気持ちを考える

ディーラーから車を購入したユーザーは、今後整備や車検といったことで長い付き合いをしていくことになります。そのため、営業マンはマナーのいいユーザーに車を売りたいという気持ちが強い傾向にあると考えられます。

 

ですから、営業マンの「お気に入りのお客さん」になることが重要です。お気に入りのお客さんになるためには購入したい時期などの情報を明確に伝え、ていねいな姿勢で交渉をするとよいでしょう。逆に高圧的な態度を取ってしまうと、営業マンも今後付き合いたくないと考え、値下げなどもなかなかしてくれなくなってしまうでしょう。

 

また、営業マンから他の店に誘導するような姿勢を見せられたときには、諦めて他店に向かうことも視野に入れたほうがよさそうです。

 

他メーカーの車と比較する

一口に車といっても、その種類は実にさまざまです。似たような機能をもつ車が他メーカーからも発売されていることもあるため、それらの車と比較をすることも値下げ交渉の武器となります。

 

なるべく多くの見積り書をもらい、それぞれ金額や性能の違い、価格、見た目を比較して、値下げ交渉をしてみましょう。

 

今までの愛車を手放すまえに

今までの愛車を手放すまえに

 

新車を購入するにあたって、今まで運転してきた愛車を手放すこともあるでしょう。愛車を手放すには、新車を購入するときに下取りとして出す方法と、他の業者に買取ってもらう方法のがあります。

 

新車購入の下取り参考価格に関しては、メーカーごとのホームページでシミュレーションを設置していることがあります。車種や年式を選択することで、下取りの参考価格を確認することができます。

 

買取査定額は、一括査定をおこなうことで、査定額を把握することができます。買取査定を依頼する際にも、複数の業者に査定をしてもらい、一番高額な査定金額を比較対象としましょう。当サイトでも一括査定することができるので、ぜひ利用してみてください。

 

車を売る方法には他にもフリーマーケットやネットオークションなどがありますが、必要書類の手続きが想像以上に大変です。また、購入者が現れるまで待たなければいけないため、時間もかかってしまうでしょう。

 

新車購入には、長い期間がかかってしまいます。そのため、納車までに2週間から2ヶ月ほどの余裕をもち、契約に臨みましょう。

 

まとめ

新車を安く購入するためには、さまざまな手順が必要になります。まずは多くのディーラーを見学し、サービスがよく安い見積金額を提示してくれる販売店を3件程度は探しておきましょう。

 

値下げ交渉にはさまざまなコツがあり、あえて競合させることや営業マンの気持ちを考えることで成功する確率をあげることができます。また、決算の近い時期に交渉をすることで車をより安く購入することができるでしょう。

 

もともと所有していた車を手放す際には、ディーラーの下取りだけではなく買取業者にも査定してもらうようにしましょう。一括査定をおこなうことで多くの業者に査定してもらうことができ、非常に便利です。

 

新車を購入するまでには長い時間がかかってしまうため、時間に余裕をもつことが大切です。1ヶ月~2ヶ月くらいあれば、新車購入のために十分な準備ができますよ。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.