車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

安全な車に必要な要素って?ポイントは「機能」「タフ」「色」!

最新情報・レポート

安全な車に必要な要素って?ポイントは「機能」「タフ」「色」!

安全な車に必要な要素って?ポイントは「機能」「タフ」「色」!

 

車の運転は常に危険と隣り合わせ。何が起こるかわからないからこそ、安全対策は万全にしておきたいものですよね。また、ご自身の運転に自信がない方であれば、「万が一に備えてできるだけ安全な車に乗りたい」と考えることも多いでしょう。

 

さて、今回は「機能」「タフ」「色」の3つのポイントに着目しながら、安全な車選びについてお話ししていきたいと思います。運転中の不安を少しでも取り除くために、あなたのドライブをサポートしてくれるような車を選んでみませんか?

 

 

安全な車とは:事故防止機能がそろった車!

まずは機能面に注目してみましょう。近年は自動車にコンピュータシステムを導入することで、事故を未然に防いでくれる事故防止機能が搭載された車種が充実しています。

 

「パッシブセーフティ」と「アクティブセーフティ」

そもそも、自動車の機能は「万が一事故が起こってしまったときの被害を最小限にとどめる」機能と、「事故を未然に防ぐ」機能の大きく2つに分かれています。

 

前者はパッシブセーフティと呼ばれ、シートベルトやエアバッグなどがこれに該当します。後者はアクティブセーフティといい、これから説明するトラクションコントロールや横滑り防止装置などが対象となります。

 

以下の項目では、主にパッシブセーフティについて解説していきます。

 

どんな機能があるの?

さまざまな自動車事故からあなたを守ってくれるアクティブセーフティ。実際にどのような機能があるのか、おすすめの機能を簡単にご紹介します。

 

【ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)】

ドライバーのあなたがとっさに急ブレーキを踏むと、タイヤが一気に止まってしまうことにより車が道路を滑ってしまうことがあります。このとき、タイヤにロックがかかりすぎないようにコンピュータ制御してくれる機能がABSです。

 

【トラクションコントロール】

4つのタイヤの回転数を検知し、回転数にズレが生じたり空転したりするのを防ぐためのシステムです。悪路走行に強く、やむを得ない急発進・急加速時でも安定した走行をサポートしてくれます。

 

【横滑り防止装置】

メーカーによって名称はさまざまですが、多くの場合「ESC」と呼ばれています。自動車はカーブするときに外側にふくらむ性質があり、これが原因で対向車と接触事故を起こしてしまう可能性があります。このふくらみをコンピュータ制御によって抑制し、事故を防ぐシステムが横滑り防止装置です。

 

起きてしまった事故の被害を抑えることももちろん大切ですが、何よりも事故を起こさないことがいちばん。アクティブセーフティが充実した自動車に乗ることで、より安全な運転ができそうですよね。

 

安全な車とは:タフな車!

安全な車とは:タフな車!

 

万が一あなたが自動車同士の衝突事故に遭遇してしまった場合、大ケガや死亡のリスクからあなたを守ってくれるものは何でしょうか?それは、頑丈なボディです。もろい車よりも頑丈な車のほうが、より安全性が高いといえるでしょう。

 

国産車の頑丈さは「自動車アセスメント」で保証されている

国土交通省は自動車の安全性能を項目にそって試験的に評価し、この結果を「自動車アセスメント」というものとして公表しています。

 

試験項目は「衝突安全性」、「予防安全性」、「後席シートベルト使用性」、「チャイルドシート安全性」の4つに大きく分かれ、頑丈な車かどうかについては「衝突安全性」の項目から知ることができます。

 

この基準を満たし、かつ優秀な成績評価を受けている自動車はとくに安全性が高いといってもよいでしょう。あなたの車選びにも、自動車アセスメントをひとつのツールとして活用してみてはいかがでしょうか?

 

気になる……軽自動車の耐久性

軽自動車の耐久性は、残念ながら普通車には及びません。しかしながらすべての軽自動車はさまざまな衝突事故実験のもと運転手の安全を確認し、自動車アセスメントにおいて定められた一定の基準を満たしたうえで販売されているものです。

 

また、近年は『ホンダ N-BOX』のような耐久性に優れた軽自動車も開発されています。今後は頑丈な軽自動車がより増えていくこともあるかもしれませんね。

 

安全な車とは:どんな時間でも目立つ色の車!

自動車事故のリスクが最も高まるのは、日が沈みかけている時間帯です。「薄暮時」とよばれるこのタイミングは、「まだ真っ暗じゃないから大丈夫」とライトをつけずに運転するドライバーが増えるもの。また、道路を通行する帰宅途中者も一気に増えるため、人身事故の危険性が大幅に高まります。

 

視界が悪い中でも、車が見えていれば起こらないような事故。では、どんなときでも「見えやすい色」とはいったい何色なのでしょうか?

 

薄暮時でも見える色って?

事故を未然に防ぐという意味では、やはり暗くても視認しやすい色を選ぶべきでしょう。この場合、ボディカラーは黄や赤といった明るい色が最適です。反対に見えづらいとされる色は黒や青で、ライトが点灯していてもかなり近くにこないとわかりづらい色といえるでしょう。

 

「そこまで派手な色は……」という方であれば、暗闇の中でも光を反射しやすい白の車をおすすめします。人気が高く、飽きのこないシンプルな色ですよ。

 

自動車は色が変われば事故発生のリスクも変わります。「色にこだわりはないけれど、安全にはこだわりたい」というあなたは、ぜひ目につきやすい色の車を選んでみてください。

 

安全な車を3台紹介!

安全な車を3台紹介!

 

では、実際に「安全な車」とはどんなものでしょうか?これまでに紹介してきた3つの観点に沿って、安全性に優れた自動車を3台紹介します。それぞれ衝突事故を想定した実験動画を掲載しますので、参考にしてみてくださいね。

 

1.事故防止機能が充実!『スバル インプレッサ』

スバルの自動車安全性能に対するこだわりは、他の追随を許しません。中でも『インプレッサ』は自動車アセスメントでも非常に高い評価を受けており、事故を未然に防ぐという点では最も優れた自動車といっても過言ではないでしょう。

 

 

引用:https://www.youtube.com/watch?v=BK9xu_dP84o&feature=youtu.be

 

 

2.とにかくタフな『トヨタ クラウン』

国産車の中でもグレードの高い『クラウン』。要人の送迎やタクシーなどにも利用され、「大切なお客様を乗せるための車」としてのイメージも強いのではないでしょうか。車に乗っているすべての人を守るため、衝突安全性に優れたつくりになっているのです。

 

 

引用:https://www.youtube.com/watch?v=R2reu8XQfQg&feature=youtu.be

 

 

3.豊富なカラーバリエーションが魅力の『マツダ CX-5』

『マツダ CX-5』は自動車アセスメントにおいても最高水準の成績を備えていながら、なんと8種類のボディカラーを選択することができます。情熱的な赤から、スマートな白まで。デザインにも優れているので、オシャレにこだわりながら安全性にこだわりたい方にピッタリです。

 

 

引用:https://www.youtube.com/watch?v=0jPm95a6HTQ&feature=youtu.be

 

 

まとめ

安全性を考慮した自動車選びによって、未然に防げる事故がたくさんあります。これらの自動車の多くは同時に「万が一」にも備えたつくりになっていますから、最悪の自体を回避してくれる優秀な自動車ばかりです。

 

もちろん、すべての自動車は国が定めた一定の基準にもとづいて安全につくられているもの。ですが、それらの中からよりいっそう安全にこだわった自動車を選ぶことで、これまで以上に安心してドライブを楽しむことができるのではないでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.