車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

車の種類はどれだけあるの?どんどん増える車の種類を一挙紹介!

最新情報・レポート

車の種類はどれだけあるの?どんどん増える車の種類を一挙紹介!

車の種類はどれだけあるの?どんどん増える車の種類を一挙紹介!

 

みなさんは、車の種類をどれくらいご存知ですか?一口に車といってもさまざまな種類があり、車の話をしていると専門用語ばかりで困ってしまうという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

セダン、ワゴン、ワンボックスなど、名前を聞いても暗号のようでわからない人ということも多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、車の種類についてそれぞれ簡単に説明をしていきます。

 

 

 

自動車にはさまざまな種類がある!

都市を走るための車、環境に配慮した車、家族で乗れる大きな車……ドライバーが必要とする条件に合わせて、さまざまな車が誕生しました。

 

自動車は年を追うごとにアレンジされたり、新しい車のベースとして使われたりすることで、進化を繰り返してきたのです。

 

さて、これから車の種類を紹介するにあたって、あらかじめ「ボックス」について学んでおく必要があります。ボックスについて知っておくことで、それぞれの車についての理解をより深めることができますよ。

 

1ボックス

エンジン、座席、荷室が一体化され、ボンネットのない車のこと。

 

2ボックス

座席と荷室は一体化しているが、ボンネットがあり、かつその中にエンジンがある車。

 

3ボックス

ボンネット、座席、荷室の全てがわかれているタイプの車。

 

ボックスの種類は大きくこの3つに分けることができますから、覚えておくとよいでしょう。 それでは、いよいよ車の種類を紹介していきます。

 

ワゴン・バン (トヨタ ハイエース)

ワゴンやバンは、運搬用の車として使われることが多い車です。安全に荷物や人を運ぶために、大きなサイズでつくられています。荷室と後部座席の空間を一緒にすることができ、シートを運転席側へと押し込むことで、より多くの荷物を安全に運ぶことができます。

 

ワゴンには高さのあるトールワゴンや乗用車スタイルのステーションワゴンなどがあり、1ボックスが多く採用されています。

 

バンは「キャラバン」を短縮した言葉として生まれ、元々は屋根の付いた車のことを指していました。今では、主に貨物を運ぶのが得意な乗り物がバンと呼ばれています。

 

 

ミニバン(ホンダ フリード)

ミニバンは通常のバンの規格より小さくつくられたもので、室内が広く大人数での利用に便利な車です。また荷物の収納スペースも豊富で、車高が高いため背の高い荷物でも無理なく積み込むことができます。

 

1.5ボックス、かつ3列シートのタイプが多く、最近ではミニバンタイプの軽自動車なども発売されています。

 

ミニバンは通常のバンの規格より小さくつくられたもので、室内が広く大人数での利用に便利な車です。また荷物の収納スペースも豊富で、車高が高いため背の高い荷物でも無理なく積み込むことができます。

 

1.5ボックス、かつ3列シートのタイプが多く、最近ではミニバンタイプの軽自動車なども発売されています。

 

 

セダン(トヨタ クラウン )

セダンは、「セダンチェア」と呼ばれるフランスの乗り物が語源となっています。主に独立したボンネットとキャビン、トランクをもつ3ボックスの車のことを指しますが、近年は2ボックスタイプのセダンも誕生しています。

 

これから紹介するクーペに近い形状ですが、セダンはより家族向けの構造をしているといえるでしょう。また、セダンの中でもスポーツ性能を高めた車はスポーツセダンと呼ばれています。

 

 

クーペ (ポルシェ 911)

クーペはドアが2枚で、デザインがスポーティな車のことを指します。ドライブを趣味としておこなう人によく好まれる車で、高級車が多いというイメージも強いですね。

 

もともと後部座席はありませんでしたが、最近のクーペでは後部座席も作られるようになったため、4人乗りできるタイプが登場しています。ドアが4枚つけられているクーペも開発されており、見た目だけではセダンと区別がつかないタイプもあります。

 

 

軽自動車(ホンダ NBOX)

軽自動車は、法律で定められた規格に基づいて普通乗用車と区別されている車です。税金や車にかかる維持費が低いことが特徴で、ナンバープレートが黄色になるため普通車との見分けもつきやすくなります。

 

車体は小さいものの室内が広く、運転しやすいといった点も人気の理由でしょう。

 

 

電気を使って走る自動車!

電気を使って走る自動車!

 

次に、電気を使って走る自動車について紹介します。

 

ハイブリッド車

ハイブリッド車の特徴として、ガソリンと電気両方を使い走行するため、燃費がとてもいいという点が挙げられます。走行するために使われる駆動用バッテリーと、電気機器用の補器類用バッテリーをそれぞれ1つずつ積んでいます。トヨタのプリウスが有名ですね。

 

【トヨタ プリウス】

プリウス 引用:atpress

 

燃費は40.8km/Lと、これまでの車と比べると考えられないほど高い数値です。リチウムイオン電池とニッケル水素電池を使用したハイブリッドバッテリー、エネルギーの損失低減を実現したパワーコントロールユニットと、最先端技術が組み込まれています。

 

他にもハイブリッド車は増えてきていますが、どれも燃費がよく環境にやさしい車ばかりです。そのため、車にかかる税金の割合が免除される『エコカー減税』の対象となっています。

 

 

電気自動車

電気自動車は、電気だけで動く車のことを指します。ハイブリッド車と違ってガソリンを使うことなく走行することができ、充電スタンドを利用したときには約3時間、100Vコンセントを利用したときには約14時間でフル充電を完了することができます。

 

ただし、十分に充電してある状態でも走行できる距離は約250kmと、ガソリン車には一歩およびません。充電スタンドの数も全国的に少ないため活用が難しい点もありますが、今後も進化を続ける中で本格的な活躍が期待できる自動車といえるでしょう。

 

電気自動車には、日産のLEAF やトヨタのeQなどがあります。

 

 

【日産 LEAF】

リーフ 引用:prtimes

 

 

燃料電池自動車

水素と酸素を化学反応させて電気をつくり、その電気を使い走行する車を燃料電池自動車(FCB)と呼ばれる自動車も活躍しています。

 

【トヨタ MIRAI】

トヨタが開発した燃料電池自動車MIRAI は、水素ステーションで補充をおこなう際には約3分で満タンまで補充できてしまいます。走行可能距離は約650km、とガソリン車とほぼ同じ距離を走行することができます。

 

 

【ホンダ CLARITY FUEL CELL】

現在販売されている燃料電池自動車は、さきほど紹介したトヨタのMIRAIとホンダのCLARITY FUEL CELL の2台のみで、両者ともに高額であるため一般の人が購入するには難しい車です。

 

これから普及していくことで通常のガソリン車と変わらない価格帯の燃料電池自動車が販売されるようになれば、いずれは街中でよく見かける車になるかもしれません。

 

燃料電池自動車は、CO2を排出しないので環境にはとてもやさしく、どこでも手に入れやすい水素を利用しているため、補充にかかる値段を大幅に抑えることができるでしょう。

 

現在は水素ステーションが少ないため、実際に購入して乗ることには不便かもしれません。ですが、さきほど説明したように今後リーズナブルな水素自動車が開発されることで需要が高まれば、ステーションの数も増えていくことでしょう。

 

 

SUVとの融合種が増えている!

クロスオーバーSUVという言葉を聞いたことはありますか?SUV車と従来の車のメリットを組み合わせた車のことを、クロスオーバーSUVと呼びます。

 

SUV車は悪路走破性能が高く、もともとはアウトドアレジャーを楽しむ人のためにつくられた車でした。しかし、燃費の悪さや車体の大きさが問題となり、市街地走行などの普段使いには向かない車だったのです。

 

そこで最近はSUVを一般乗用車風にアレンジして、平日は通勤、休日はアウトドアレジャーと両方に使える車が開発されたのです。それがコンパクトSUVになります。

 

【トヨタ C-HR】

SUVとクーペを合わせた個性的なデザインの『トヨタ C-HR』、クーペのあでやかさとミニバンの使いやすさにSUVの特徴を加えた『ホンダ ヴェゼル』、3列シートのミニバンのようなゆったりした空間を提供する『マツダ CX-8』などが、国産の有名なクロスオーバーSUVです。悪路走破性は本格的なSUVには一歩及びませんが、街中を走行しやすく、かっこいい外観が特徴的です。

 

将来的にはさきほど説明した電気自動車や、燃料電池自動車とSUVがクロスオーバーした車も開発されるのではないでしょうか。そう遠くない未来で見ることができるかもしれないと考えると、今後が楽しみですね。

 

 

自動車は用途に合わせて選ぼう!

自動車は用途に合わせて選ぼう!

 

自動車を購入するときには、「自分がどうして車が欲しいのか」をよく考えることが重要です。どのような用途に使用するかを明確にしないことには、自分に合った車を探すことはできません。

 

では、自動車の用途を考えるにあたって抑えておきたいポイントを見ていきましょう。

 

家族構成

家族構成は自動車を購入するうえでかなり重要なポイントです。子どもがいるかどうかや、介護が必要な人間がいるかどうかなどをよく考えなくてはいけません。

 

また、車によっては福祉車両と呼ばれるタイプを用意している車種もあります。福祉車両は、足が不自由な人でも車に乗りやすくなっているものや、車いすごと車に乗せることができるタイプなどがあり、介護が必要な家族がいるドライバーには非常にありがたい機能が備わっています。

 

家族構成を考えるだけでも、車の選択は自然と狭めることができるものです。

 

人数

車に乗せたい人数を考えなくてはいけません。いっしょに遊ぶ仲間が多いのであれば、大きな車を選んで一度に乗ったほうが何かと都合がよいでしょう。高速道路料金やガソリン代を折半することもできますし、経済的にもおトクになることが多いのではないでしょうか?

 

遠出の頻度

趣味で遠くに遊びにいく機会が多いのであれば、遠出する頻度についても考えた方がよいでしょう。アウトドアレジャーでよく外出する場合は、流行のSUVや、室内が広く荷物を多く載せることができるミニバンタイプの車を選ぶことをおすすめします。

 

以上の項目だけでも、自分が求めている車のイメージができたのではないでしょうか?自分がどのように車を使うのか考えることで、自然と自分に合っている車というものが見つかるものです。

 

もしも見つからない場合があれば、ディーラーで相談をしてみましょう。車のグレードやオプションによっては、自分の目的に合った車が見つかる可能性もあります。カタログだけを見て「欲しい車がない」とあきらめるまえに、まずは行動してみましょう。

 

 

まとめ

今回は車の種類について紹介させていただきましたが、いかがでしたか?さまざまな車が開発されていく中で、これから電気自動車や燃料電池自動車の時代がくるかもしれません。

 

リーズナブルな価格の電気自動車や燃料電池自動車を開発することで、使用者が増え、ステーションの数も増加するはずです。化石燃料であるガソリンを使わない車は、環境にやさしいため、今後の開発に期待が高まります。

 

今回紹介した車の種類以外にも、まだまだ新しいタイプの車が開発される可能性もあります。これからの楽しみとして、車の成長を見届けてみてはいかがですか?

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.