車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

ミッション車の魅力を解説!MT車は乗客に優しい運転が実現できる!

最新情報・レポート

ミッション車の魅力を解説!MT車は乗客に優しい運転が実現できる!

ミッション車の魅力を解説!MT車は乗客に優しい運転が実現できる!

 

みなさんはMT車に乗ったことがありますか?

 

最近は普通自動車免許を取得するよりも、AT限定免許を取得する人の方が増えてきています。これはMT車を運転する際、クラッチやギアを切り替えるのがめんどうだと考える人が多いためです。

 

そんなMT車ですが、大きなメリットも存在します。車を買い替え・購入する際はメリットについてしっかりと把握をして、納得のいく愛車を見つけましょう!

 

 

MT車とは?

MT車は正確には『マニュアルトランスミッション車』といい、変速機を自分で操作する車です。日本ではAT車がかなり普及しているため、現在はなかなか見かけない車です。

 

この現状は運転免許の取得状況にもよくあらわれています。平成29年度に普通自動車運転免許を取得している約130万人のうち、AT限定の免許を取得している人は約74万人です。つまりMT車も運転できる免許を取得している人は約55万人(約4割)と、全体の中で少ないということが読み取れます。

 

MT車の特徴として、ギアを自分で変えることができる点があげられます。AT車の場合は速度に合わせて自動でギアチェンジをおこないますが、MT車の場合は自分でおこなわなければいけません。

 

しかし、必要に応じて自分でギアを変えることで、速度を出したいときにはすぐにギアを切り替えることができます。また、タイヤがはまってしまったときには、低いギアを保ち続けることで大きな力を利用して脱出することができます。

 

ギアを変えるためには、左足でクラッチペダルを踏まなければいけません。

 

このとき、クラッチの踏み込む力を抑えることで半クラッチとよばれる挙動をとることができます。半クラッチは発進するときに利用するため、この技術がなければ車は動くことができません。半クラッチをせずに発進しようとすると、エンストを引き起こしてしまいます。

 

MT車を運転できるようになるためにはこれらの技術を覚えなければいけないため、AT車と比べると確かにめんどうな面もあります。しかし、MT車にはMT車だけのメリットもあります。

 

 

MT車を使いこなせれば優しい運転が実現できる

MT車を使いこなせれば優しい運転が実現できる

 

MT車は自分でギアを変えることができるため、うまく操作をおこなうことで車のギア切り替えによる衝撃を和らげることができます。

 

また、ギアチェンをうまく使えるようになると、運転が思い通りになり、日常のドライブがより楽しくなります。車と一体化したかのような感覚になることができるのです。

 

 

MT車の機能面から見たメリット

まずは、MT車の機能面からメリットを探っていきましょう。

 

修理費が安い

ATとMTではミッションの仕組みが違います。

 

ATのミッションは複雑な構造となっており、コンピュータがセンサーから受け取る情報を元に、ギアの切り替えなどを自動でおこないます。部品の数もMTと比べると多いため、修理費用が高い傾向にあります。

 

MTのミッションは、ATと比べると簡単な作りとなっているため、修理費用が安く済むのです。

 

エンジンブレーキが使いやすい

エンジンブレーキは、アクセルから足を離した状態にすることで、エンジンをブレーキとして機能させることを指します。

 

MT車の場合は自分でギアを切り替えることができるので、エンジンブレーキをかけたくなったときには1段ギアを下げるだけでカンタンに機能させることができます。

 

AT車の場合はすぐにギアが下がりません。そのため、急に強いエンジンブレーキをかけるのは不得手となります。この点がミッション車の強みといえるでしょう。

 

 

今でも販売されているMT車を紹介!

もちろん、最新の車でもMT仕様が販売されています。

 

ホンダ フィット

ホンダから販売されているフィットは、5MTタイプと6MTタイプがミッション車にあたります。

 

ホンダの安全運転支援システムのHondaSENSINGが搭載されており、レーダーとカメラを用いた衝突回避機能や、車間距離と保つ機能などを利用することができます。

 

MTタイプのフィットはガソリンエンジンの他、ハイブリッドエンジンもあるため、燃費のよいMT車に乗りたいと考えている方にはおすすめの車となります。

 

 

マツダ アクセラスポーツ

axela 引用:prtimes

 

アクセラスポーツは、MT車を4つのグレードで用意しています。スポーティな外観が高級感を演出しており、優れたインテリアで快適な姿勢を保って運転に集中できる環境を作り出しています。

 

エンジンにはSKYACTIV-G1.5を搭載しています。スポーツカーならではのインパクトのある走りはもちろん、普段使いとしても問題のない燃費を実現化しています。

 

 

マツダ ロードスターRF

同じくマツダから販売されているスポーツカーであるロードスターRFは、用意されている3つのグレードすべてがMT車となります。

 

外観は高級感漂う美しいルーフラインを作っており、ドア開閉時の動作も速くなめらかな動きが実現されています。インテリアも上質な室内空間を演出するために、座席にはこだわりのレザーシートを使用しています。

 

エンジンはSKYACTIV-G2.0を装備しており、高パワーを出しながらもノッキングを防ぐための工夫が施されています。

 

 

トヨタ 86

トヨタから販売されている86も、スポーツカータイプの車となります。こちらはトヨタ自動車とスバルが共同開発した車で、スバルからは兄弟車としてBRZ販売されています。

 

アグレッシブな外観をしており、空力にこだわって作りこまれた車体は、走るために生まれたのでしょう。 インテリアにも上質なデザインが施され、心地よさがとことん追求されています。

 

搭載されている水平対向4気筒直噴DOHCエンジンは、運転状況に応じて筒内直接噴射とポート噴射の2種類を使い分けます。高い運動性能を保ちながらも環境性能にも優れた、すばらしいエンジンであるといえるでしょう。

 

 

トヨタ カローラスポーツ

カローラ 引用:prtimes

 

こちらも同じくトヨタから販売されているスポーツカーです。

 

1.2L8NR-FTSエンジンを積んでいるターボモデルにMTタイプがあります。アクセル操作からドライバーが必要としている駆動力をコンピュータが計算することで、最適な力を車に与えます。

 

また、iMTとよばれるMT車アシスト機能は、変速をスムーズにする機能です。そのため、ギアチェン時の変速による衝撃が車体に加わらないのです。

 

また、ターボガソリン車の場合はECO、NORMAL、SPORT の3種類の走行モードを状況に合わせて変更することができます。より快適な運転を楽しむにはピッタリの機能といえるでしょう。

 

 

まとめ

日本ではMT車が減少傾向にあり、AT車に乗る人が圧倒的に多い状況です。MT車が敬遠される理由としては、クラッチやギアの切り替えがめんどうなことが挙げられます。

 

しかし、めんどうだと感じるMT車の運転も慣れれば次第に楽しくなるというもの。自分の好きなタイミングでギアを切り替えることで、快適な走りを楽しめるようになります。また、MT車はAT車と比べると修理費用が安く、エンジンブレーキが使いやすいというメリットもあります。

 

新しく販売されている車にも、MTタイプが用意されていることがあります。新車購入と考えている人は、テクニカルで運転が楽しいMT車を選択してみてはいかがでしょうか?

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.