車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

もしもガス欠になって車が黙り込んでしまったら……対処方法は?

最新情報・レポート

もしもガス欠になって車が黙り込んでしまったら……対処方法は?

もしもガス欠になって車が黙り込んでしまったら……対処方法は?

 

久しぶりの休日を迎え、気分のいいAさんは快適なドライブをしていましたが、ガソリンメーターの確認を怠っており、気づいたらエンプティランプが点灯してしまいました。急いでガソリンスタンドへと向かったものの、だんだん愛車のスピードが落ちていってしまい、とうとう動かなくなって……。

 

これは、ガソリンの補充を怠り車の運転を続けてしまったAさんの例です。事前にガソリンスタンドで補充していればと感じるエピソードですが、ガス欠を起こしたことはなくてもエンプティランプの点灯など、意外と心当たりがあることでしょう。

 

今回の記事では、ガス欠をしてしまったときの対処法をご紹介します。Aさんのように「もしも」が起きてしまったとしても、対処方法を事前に知っておくことで被害を最小限にすることができますよ。

 

 

ガス欠に対する対処法:もし近くにガソリンスタンドがあったなら

ガス欠が近づくとエンプティランプが点灯します。エンプティランプが点灯してすぐに、車が動かなくなるわけではなく、しばらくは運転を続けることができます。このときに近くにガソリンスタンドがある場合は、向かってみることもひとつの手段でしょう。

 

ガソリンスタンド目前で運悪くガス欠をしてしまったのであれば、最寄りのフルガソリンスタンドに連絡をすることでガソリンを少量運んでもらうことも可能です。

 

同乗者がおり、力に自信があるときは、車を後ろから直接押してもらう方法があります。このときに注意することは、ドライバーをひとり運転席に座らせることです。車が急に下り坂にはいり、止まらなくなってしまったときにブレーキを踏み、車を止めることができる人が必要になります。

 

ガス欠をしたとき、近くにガソリンスタンドがある状況は、すぐに助かる可能性があります。焦らず落ち着いて対処しましょう。

 

 

ガス欠に対する対処法:不幸にもガソリンスタンドがなかったら

ガス欠に対する対処法:不幸にもガソリンスタンドがなかったら

 

近くにガソリンスタンドがない場所で、ガス欠を起こしてしまったときはどうすればいいんでしょうか。

 

友人か家族を頼る

車が動かなくなってしまっては、自分で解決することは難しいです。そこで、友人か家族を頼ることで、ガス欠から助かることができます。

 

ガソリン不足でガス欠を起こした車に運んでもらうことで、少しの間車の運転ができるようになります。ガソリンは、消防法やJIS規格の条件を満たした容器でなければ、持ち運ぶことができません。そこで登場するのがガソリン携行缶です。消防法の規定を満たしたものならば、ガソリンを持ち運ぶことができます。

 

ただし、携帯缶への給油は一般的に行えません。近年セルフスタンドが普及しているので、身近に感じがちな灯油ですが、危険物であることは変わらないのです。一歩間違えると大事故につながりかねないうえ、給油缶への給油は違反なので行わないようにしましょう。

 

また、セルフスタンドの場合、店員が「給油しない」というルールになっている場合が大半です。頼んでも給油をしてもらえないケースが多いので注意が必要になります。灯油は「フルサービス」のスタンド、かつ「資格を所持した」店員にしてもらうようにしましょう。

 

ロードサービスを頼る

ロードサービスを利用することでガソリンを自分の車へ持ってきてもらうことができます。

 

ロードサービスとは、路上で突然発生する車に関するトラブルを解消してもらうことができるサービスです。任意保険にロードサービスがついていることもあります。保険によって付属の有無や、利用条件などが異なりますので、確認のうえ利用するようにしましょう。

 

けん引してもらう

ガス欠を起こしてしまい動かなくなってしまった車を移動させるために、けん引してもらう方法があります。

 

「けん引免許」という言葉を聞いたことがある人なら、「車のけん引時は特殊な免許が必要?」と考えるかたもいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに、けん引は「750kgを超える場合はけん引免許が必要」となります。軽自動車でさえ900キロあるので免許が必要になるかもしれないと思ってしまいがち。しかし、故障車などのやむを得ない場合は、重量に関係なく普通車免許でもけん引することが可能になるのです。

 

ただし、けん引する場合、以下2つある条件を守らなくてはなりません。

 

・故障車側に普通運転免許を所有した人が乗車しなければならない

・ロープでけん引する場合、5メートル程度の長さかつ、中央付近に白い布をつける必要がある

 

けん引する車の操作は普段道路を走行するときとは異なり、難易度が格段に高くなります。1台の車が2台分引っ張っているため、ハンドルが重くなることや、曲がる際には後ろの車のことを考えて動かなければいけません。けん引中は、いつも以上に安全運転を心がけて走行しましょう。

 

 

少しでも燃費を抑える運転をするなら

残りのガソリンが少なく、エンプティランプが点灯してしまった場合は、少しでも燃費を抑えた運転をしたいですよね。そこで、燃費を抑える方法を紹介します。

 

発進はゆっくり行う

急発進してしまうとエンジンに高い付加がかかってしまうため、燃料もより一層使ってしまいます。発進をゆっくり行うことで、燃費をよくすることができます。

 

急ブレーキを抑える

急ブレーキをしてしまうと、車の動力が急にゼロになります。強制的に止まるので、本来進むはずだった距離を勧めなくなるので、そのぶんガソリンが無駄になってしまいます。赤信号を確認したときには、早めにアクセルから足を離すことでガソリンの無駄遣いを防ぐことができます。

 

クーラーを我慢する

クーラーを稼働させるとエンジンに負荷がかかってしまうので、燃費が悪くなってしまいます。車の窓を開けるなどしてクーラーを使わないようにすれば燃費がよくなるでしょう。逆に暖房はエンジンから発せられる熱を利用しているので、クーラーほど負荷をかけていません。そのため、クーラーほどこだわらなくとも問題ないでしょう。

 

以上が、燃費を抑える運転となります。どれもほんの少しだけでも気を配るだけで、気軽に挑戦できるものになります。燃費が気になるのでしたら、ぜひ挑戦してみましょう。

 

最初は燃費がよかった車でも長い間乗り続けていると、部品の摩耗やエンジンの劣化により燃費が悪くなってしまうこともあります。この場合は修理すると高額になることもじゅうぶん考えられますので、買い替えも候補のひとつに上がってくるでしょう。もし、燃費が悪くなってきたなと感じている人は、新車に買い換えてみてはいかがでしょうか?

 

 

ガス欠は車に後遺症を残してしまう

ガス欠は車に後遺症を残してしまう

 

ガソリンはエンジン内部で潤滑油として利用されていることもあり、ガス欠状態で動かしてしまうと部品が摩耗してしまうのです。そのため、なんどもガス欠を起こしてしまうと、車に後遺症が残ってしまうおそれがあります。

 

ガス欠は車の寿命を縮めてしまいますので、ガソリンがなくなりそうになったら早めにガソリン補充を行いましょう。

 

まとめ

ガス欠は急に起こってしまうトラブルのひとつです。遠出したときになかなかガソリンスタンドが見つからなかったりすると、焦ってパニックに陥ってしまう人が多いのではないでしょうか。

 

ガス欠になってしまった場合、まずは落ち着くことが重要になります。そのあと、以下の3つの方法を取ることができます。

 

・ガソリンスタンドが近くにあれば、ガソリンを持ってきてもらう

・家族に助けてもらうことができるなら連絡をする

・ロードサービスに救援を依頼する

 

ガス欠を起こしてしまうのは、ガソリンの補充をはやめに行わなかった当人の責任となります。エンジンへの負荷になり、いずれは不調を誘発しかねないので、大切な愛車を守るためにもガソリンの残量には気を配るようにしましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.