車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

初めての車でも安心!購入するために必要な知識を一挙説明!

最新情報・レポート

初めての車でも安心!購入するために必要な知識を一挙説明!

初めての車でも安心!購入するために必要な知識を一挙説明!

 

車を購入するときには、どうしても本体価格だけでなくオプション料金や税金がかかってしまうものです。また、購入後にかかる維持費についても考えなければいけませんよね。

 

今回の記事では、はじめての車を購入する人に向けて注意点などを説明していきます。

 

 

車は目的と実際に乗って選ぶ!

車を選ぶときには、まずは自分がどのような目的で車を購入をしたいのかを考えましょう。通勤、遊び、旅行など、人によってさまざまなシチュエーションが考えられます。どのように車を利用するか考えることで、自分の求める条件にあった車を選ぶことができるでしょう。

 

通勤

車を主に通勤に使う場合は、燃費がよく運転がしやすい車を選ぶとよいでしょう。通勤中、市街地などの細い道が多いのであれば、車幅が狭い車を選ぶことでより簡単に運転をすることができます。

 

遊び

主にレジャーが目的で車を使う場合は、多くの荷物を積むことができ、多少整備されてない道でも楽に走ることができるような車を選択しましょう。

 

これらの条件に当てはまるものとして、流行のSUVタイプの車がとくにおすすめです。SUVはアウトドアレジャーに向けて作られた車なので、ちょっとしたオフロードでもカンタンに走行することができます。

 

旅行

旅行の際は車を長時間運転することになるので、運転をサポートする機能がある車を選ぶとよいでしょう。たとえば、「クルーズコントロール」と呼ばれる機能は、アクセルから足を話していても一定の速度をキープするはたらきがあります。

 

また、追従型のクルーズコントロールであれば、自分の車が前方を走っている車の速度に合わせて追従してくれるので、大変便利な機能です。

 

今回例にあげた3種類だけでも、車の種類を絞り込むことができます。せっかく車を購入したのに、活躍することがないともったいないですよね。

 

車の販売店をディーラーと呼びますが、このディーラーでは希望する車の試乗をおこなうことができます。試乗をおこなうことで乗り心地や運転するときの視野や角度を実際に体験することができ、購入を考えている車が自分に合うかどうか確かめることができます。

 

試乗の際はディーラーのスタッフが同乗者として車に乗ってくれるので、わからないことや聞きたいことをその場で質問できます。そのため、初めて試乗をおこなうときでも、心配することはありません。

 

 

車は本体価格だけじゃない!

車は本体価格だけじゃない!

 

車を購入するときには、本体価格だけでなくさまざまな費用がかかるものです。

 

・本体価格

・オプション代

・自動車税

・自動車取得税

・自動車重量税

・自賠責保険

・任意保険

・納車費用

・車検

・検査登録手続き代行費用

・ナンバープレート代

・リサイクル料金

・消費税

 

購入するときにかかる費用としては、上記のものがあります。中でも車を好きなようにカスタマイズすることができるオプションは、ひとつひとつに別途料金がかかってくるのです。取り付けるために数万円かかるオプションも少なくないため、追加していくたびにどんどん費用が増えていきます。

 

また、購入時だけでなく、車を所持しているだけでもかかる費用もあります。

 

・自動車税

・自動車重量税

・自賠責保険

・任意保険

・車検

・ガソリン代

 

上記のほかにも、場所によっては駐車場代がかかるときや、部品が消耗して交換する場合にはそのぶんのお金もかかります。車は維持するだけでも、多くの費用がかかってしまうのです。

 

そのため、自動車ローンを利用して購入する場合は、自分がローンを返済できそうかどうかきちんと確認をしましょう。

 

 

中古車を選ぶ場合のポイントや注意点は?

運転に慣れていない人が初めて車を購入するときは、擦ってしまうことなどを考えて中古車を購入したいと考えることもあるでしょう。

 

確かに、中古車は新車よりも安く購入することができます。しかし、パーツが弱っていてすぐに壊れてしまうかもしれない車や、事故を起こしてフレームが歪んでいる車なども中古車として販売されていることがあるのです。

 

こうした中古車を購入してしまうと、すぐに運転ができなくなってしまったり、修理にださなければいけなくなったりと、余計にお金がかかってしまう場合もあります。

 

そんな中古車を選ぶ場合に注意する点や、ポイントについて説明します。

 

走行距離

走行距離はその車が実際に走行した距離のことで、車の状態を確認する数値として見ることができます。走行距離が短ければ短いほど利用されていないと考えられるので、部品の消耗も少ないと判断できます。

 

車の部品状態が心配ならば走行距離が5万kmくらいの車を、とりあえず運転さえできれば問題ないという方は10万kmほどのより安い中古車を選ぶとよいでしょう。

 

年式

車は、年式によって仕様が少しずつ変わってきます。マイナーチェンジやフルモデルチェンジがおこなわれることで、名前は同じでも仕様が変わっている可能性があります。

 

そのため、車を購入するときには、自分が購入しようとしている車が何年式なのかしっかり確認しましょう。

 

事故車・水没車・塩害車・雪害車

中古車として並んでいる車の中には、売りに出される前に事故を起こしてしまったためにフレームなどが曲がっている車もあります。事故車の場合は修復歴が車種情報に記載されているので、必ず確認するようにしましょう。

 

事故車の他にも、水没してしまった車や、塩害にやられてしまった車、雪による被害で動作が不安定な車なども並んでいます。上記の車を見分けるためには、以下の項目の確認をしましょう。

 

◆ シートベルトを限界まで引っ張ったときにシミがないか

◆ エンジンルームに不自然なサビがないか

◆ 車内で変なにおいがしないか

 

上記のポイントを確認することで、これらの車かどうか判断することができます。これらの車は思い通りに動かなくなる危険性が高いため、できるだけ避けるようにしましょう。

 

保証

車によっては、販売店が独自の保証を付けていることがあります。いつ壊れてしまうかわからない中古車でも保証がつくと安心して購入することができるので、保証付きの車を優先して選ぶといいでしょう。

 

車検

中古車の中には、車検が残っている車、納車をおこなう際に車検を実施する車、車検が切れている車があります。

 

車検がなければ、車を道路で運転することはできません。そのため、できるだけ車検が残っている車か、納車の際に車検をおこなってもらえる車を選ぶようにしましょう。

 

ローン金利

中古車を購入する際に、ローンを組むこともできます。実際にローンを組む際は、金利を見るようにしましょう。店舗によっては銀行などでローンを利用した方がお得になる可能性があります。お店が勧めるままローンを組んでしまうと損してしまうこともあるので、注意しましょう。

 

返品が可能かどうか

中古車は、実際に運転をしてみなければ具合がわからないことがたくさんあります。そのため、返品が可能な中古車販売店を選ぶといいでしょう。店舗によっては、購入から100日以内であれば返品可能な場合があるので、探してみてください。

 

購入時期

中古車は時期によって値段が変動します。3月にディーラーの決算がおこなわれるため、中古車の需要も新車と同様に伸びるものです。そのため、3月は中古車販売店も買取や販売に力を入れますが、どうしても売れ残ってしまう車も出てきてしまいます。

 

この売れ残った車が安くなるのが4月です。4月から5月にかけては売れ残った車が安く売りだされるため、買いどきとなります。

 

中古車は選びかたを誤ってしまうと、乗り始めてからすぐに壊れてしまう可能性もゼロとは言い切れません。そのため、購入するときには必要なポイントをおさえてしっかり確認しましょう。

 

 

初心者におすすめの車を5台紹介!

初心者におすすめの車を5台紹介!

 

それでは、初心者にもおすすめの車を紹介させていただきます。

 

トヨタ タンク

トヨタから販売されているタンクは、最小回転半径が4.6mと誰にでも扱いやすい車です。衝突警報機能やオートハイビームなど、車の運転をサポートする機能もたくさん搭載されています。

 

また、運転席からの視点を高くすることで、運転時の視野を十分に確保しています。駐車をおこなうときにはパノラミックビューと呼ばれる機能を利用することができ、4つのカメラがあなたの駐車をサポートします。

 

 

ホンダ フィット

最小回転半径が4.7mと、こちらも非常に扱いやすい車です。燃料タンクの位置を移動させることで、多様なシートアレンジをおこなうことができます。

 

安全運転支援システムとしてHondaSENSINGを搭載しており、これはレーダーとカメラを用いることで衝突回避や、標識の見落とし防止などに役立っています。

 

燃費は37.2km/Lと、ハイブリッド車の中でもトップレベルです。

 

 

スズキ ハスラー

スズキから販売されているハスラーは、遊び心満載の車です。アウトドアレジャーを楽しめるように作られており、シートアレンジによって大きな荷物を積むことができるほか、長距離のドライブをサポートするクルーズコントロールシステム が搭載されています。

 

このクルーズコントロールシステムは、走行中にアクセルから足を離しても速度を一定に保ったまま走り続けることのできるという、たいへん便利な機能です。長距離ドライブ中の疲労を軽減することができますので、よりいっそう外出が楽しくなりますね。

 

また、SUZUKI Safety Supportが装備されており、車線逸脱防止機能や、誤発進抑制機能なども充実しています。

 

 

日産 マーチ

日産から発売されたマーチは、可愛らしい見た目がポイントです。駐車アシスト機能としては珍しい、タイアアングルインジケーターを装備することができます。このインジケーターを確認することで、タイヤの向きや進行方向を確認することができるので、駐車を簡単におこなうことができます。

 

ボディカラーも11色あり、多くの色から選択することができます。

 

 

ホンダ NBOX

ホンダから発売されているNBOXは、洗練されたデザインが特徴です。軽自動車ですが車内空間は広く作られており、ゆとりある空間を体験することができます。

 

また、さまざまな位置に配置された吸音材のおかげで、静かに走行することができます。さらに、シートをスライドできる幅が広くなっているため、さまざまなシートアレンジをおこなうことができます。

 

フィットと同じくHondaSENSINGを搭載しており、さまざまな危険から車とドライバーを守ることができます。コーナリングでの安定感を高めるため、必要に応じて自動でブレーキを制御することで、安定した走りができるアジャイルハンドリングアシストが搭載されています。

 

 

まとめ

初めての車を安心して購入するためには、まず自分が車を購入する目的について考える必要があります。どのような車が必要なのかをじっくり考えることにより、失敗せずに車を購入することができます。

 

また、車を購入するときには本体価格だけでなくオプション料金や、車を維持するための費用についても考えなければいけません。税金やガソリン代がかかることも計算に入れ、必要なお金が支払えなくなることを防ぎましょう。

 

中古車を購入する際には、さまざまなポイントに気をつけなければいけません。今回の記事で紹介したポイントに注目して、中古車を購入する際の参考にしてください。

 

今回の記事を読んで、初めて車を購入しようと考えてくださったあなた。ぜひ、憧れのマイカーライフをおくるために頑張ってください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.