車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

ローンが残ってる車も売却できる?残債と買取額を比較してみよう!

最新情報・レポート

ローンが残ってる車も売却できる?残債と買取額を比較してみよう!

ローンが残ってる車も売却できる?残債と買取額を比較してみよう!

ローンが残っている車でも売ることはできますが、確認しなくてはならないことがふたつあります。それは「車の所有者」と「残債」です。なぜなら、車の所有者以外の人は名義の変更などをしない限り売ることも処分することもできないからです。

 

そして残債とは支払い切れていないローン残高のことをさします。車を買い取りにだして得られる売上額よりも、ローン残高のほうが高いときは不利益となる場合があります。そのため「残債」も重要な確認ポイントです。

 

この記事にてローンが残っている車を売る方法や高く買い取ってもらう方法、名義の変更をする方法などもご紹介いたしますので、参考のひとつにしてください。

 

ローンが残ってる車でも売却可能!まずは残債の調査を!

ローンが残っている車を売るときは、その車の所有者を車検証などで確認してください。自分自身が所有者である場合はそのまま売却することが可能です。しかし、車の所有者がディーラーやローン会社など自分以外である場合は名義変更などの手続きをおこなってから売却となります。

 

そして売却手続きに進むまえに、「残債の調査」「車の売却額の調査」をおこなってください。ローンが残っている車を売る際は、売却することで得となるのか損をするのかを調べる必要があります。残債がわからないときは契約しているローン会社にて確認を取ってください。以下では残債が売却額を上回るパターンと下回るパターンのふたつに分けて、利益・不利益についてご紹介します。

 

売却額が残債を上回る場合

たとえば、ローンの支払い残高が50万円であるとします。そして車の売上額が60万円であった場合、ローンの支払いをおこなっても10万円は手元に残るためこれはお得な売却といえます。

 

残債が売却額を上回る場合

たとえば、ローンの支払い残高が50万円であるとします。車の売却額が40万円であった場合、その利益をローンの支払いにあてても、10万円分の返済が残るかたちとなります。差額が少ない場合はそのまま売却してもよいかもしれません。しかし、あまりに差が出る場合は大きな損失となる場合があります。

 

「新車への乗り換え・購入を考えている人」であるのなら、新しい車を買うときに組むローンに残高を上乗せする方法がおすすめです。こうすることで、今の車を手放すと同時に新しい車を手に入れることもできます。

 

【!】自分に所有権のない車の売却は名義変更が条件

名義が自分でなくて、なおかつローンが残っている車を売る際は、ローンを完済してから名義の変更をおこない、売却という流れが一般的になります。ローンが完済していないと名義の変更が難しいためです。ローンが残っている車の名義変更ができるかどうかは、契約しているローン会社にて確認を取ることができます。

 

こちらのパターンの場合でもまずは残債を調査して、売却額と比べてみましょう。残債と売却額の差によっては、名義の変更をおこなわないほうがよい場合があります。

 

売却額の調査なら弊社サイトをご活用ください

車の買い取り価格を調べる方法として「買い取り店までもっていき査定してもらう」か「出張査定を依頼する」または「ネットにて査定してもらう」のみっつがあります。

 

「買い取り店まで車を移動させる手間をかけたくない」「出張査定に来てもらうのも……」と悩んでいる人は「ネットにて査定してもらう」方法がおすすめです。この方法であれば、車の移動も人に来てもらう必要もありません。また、複数社の査定結果を比較して確認することができるため、よりよい引き取り先を探すことができるでしょう。

 

ローンが残ってる車を売る手続き・必要書類

ローンが残ってる車を売る手続き・必要書類

ローンが残っている車を売ると決めたら、いよいよ手続きをおこないます。自分に所有権がない車の名義変更のときに必要となる書類は以下の5つと実印です。

 

  • ・車検証
  • ・新旧所有者の印鑑証明
  • ・新旧所有者の委任状
  • ・新所有者の車庫証明
  • ・譲渡証明書

 

もし自分で手続きをする場合は「手数料納付書」「自動車税申告書・申請書」も追加で用意しましょう。これらの書類をもって管轄の陸運局で車の名義変更の手続きをします。

 

買い取り業者によっては手続きを代行してくれるところもあるので、自分でやるのが不安な人は一度相談してみてください。車の名義変更手続きが無事に完了したら売却の手続きへとうつります。

 

車の売却に必要な書類

自分名義の車を売る際に必要となる書類は以下のとおりです。普通自動車と軽自動車とでそろえる書類が違いますのでご注意ください。取得するのに時間がかかる書類もありますので、すぐに売ることができない場合もあります。事前に書類を準備しておくことがおすすめです。

 

普通自動車の場合 軽自動車の場合
・車検証
・自賠責保険証
・リサイクル券
・実印
・印鑑登録証明書
・自動車納税証明書
・車検証
・自賠責保険証
・リサイクル券
・印鑑(認印)
・軽自動車納税証明書

 

どれも重要な書類ですが、普通自動車・軽自動車ともに必要となるのが自賠責保険証です。紛失または期限が切れている場合は車を売ることができません。再発行は可能ですので、失くしてしまったときは加入している保険会社へ連絡を取ってください。再発行には長くて2週間程度時間がかかります。

 

リサイクル券という名前に違和感をもつ人は多いかもしれませんが、車を購入した際に「リサイクル金」というものも同時に支払っています。そして、車を売却する場合はリサイクル券を渡すとリサイクル金として支払った料金が返ってくるシステムになっています。

 

書類によっては、日ごろ目にすることのないものもあるでしょう。車検証など車に関する書類はダッシュボードの中にしまってあることが多いです。一度確認しておくと、書類をスムーズにそろえることができるでしょう。

 

車の買取額をアップさせる方法・コツ

車の買取額をアップさせる方法・コツ

車を売りにだす際、少しでも買い取り価格が高いほうが理想的です。車の買い取り額をアップさせるためのコツはふたつあります。

 

ひとつめは、複数の買い取り業者に査定を依頼して、買い取り価格を比較することです。1社だけではなく2社、3社と比較してみてください。業者によって査定額が大幅に変わることがあります。

 

ふたつめは、車内をきれいに掃除することです。車の内装状態がよいというポイントはプラス評価につながります。車を売るまえにはぜひおこなってみてください。

 

車内のかんたんお掃除に必要な道具

汚れの種類や掃除箇所ごとに、車の中の掃除に使えるおすすめアイテムをご紹介いたします。

 

タバコのヤニ汚れなどを落とすアイテム
・ウエットシート、クリーナーシート
・車内専用の洗浄剤
・マイクロファイバータオル

シートの掃除アイテムを選ぶ際には大きな注意点があります。それはシートの素材にあった洗剤やアイテムを使う必要があるという点です。素材にあっていない掃除アイテムを使ってしまうと逆に傷をつけてしまう場合があります。とくに皮製品の場合はあわないものを使うとあとが残る場合がありますので、洗浄成分をよくご確認ください。

車内にある髪やほこり、砂などを取り除くアイテム
・使い勝手のよい一般的なものよりも少し小さなコロコロ粘着シート
・細かい隙間まで入るこめるハンディーモップ
・車用の掃除機

車内のかんたんお掃除の流れ・手順

車内の掃除を円滑におこなうにはまず天井からきれいにしていくことがおすすめです。スムーズに掃除をするため天井、窓ガラス、シート、内装、足元の順にきれいにしていきましょう。

 

車内の天井に洗剤をスプレーするときは目や口に入らないようにしてください。汚れが軽いものであれば、直接洗剤をふきかけるのではなく洗剤効果のあるウエットシートでふき取ります。汚れがなかなか取れないときは、薄めた洗剤を汚れている箇所にスプレーしてください。すぐにこするのではなく少し時間をおいてからふき取りましょう。

 

窓掃除に普通のタオルを使ってしまうと、繊維が付着する可能性があり余計に汚れてしまうことがあります。窓ガラスには手垢などよく見ると細かな汚れが付着していますので、マイクロファイバータオルなど窓拭きに適しているタオルをぬらし、かたく絞りよく拭いてください。

 

シートはまず、髪やほこりなどの大きなごみをコロコロなどの粘着テープを使って取り除きます。車用の掃除機を使うとより細かなゴミまで取りのぞくことが可能です。

 

内装掃除は劣化やしつこい汚れがない場合、ぬれタオルやウエットシートなどで拭いておこないます。プラスチックの部分が白くなっていれば、艶だし剤を使うと見た目がよくなる場合があります。

 

車内の中で床はもっとも汚れやすい場所です。マットの下まで掃除したいときは作業に入るまえにマットの取り外しをおこなってください。窓ガラスや内装をきれいにしたあとに汚れたマットを取りだそうとすると、ほこりなどが舞い上がりシートや内装に汚れが付着するおそれがあるためです。

 

どの掃除方法も難しいものではありませんので、車を売りにだす際はぜひ試してみてください。

 

まとめ

ローンが残っている車を売る場合は、車の所有者がだれであれまずローン残高と車の売却額を確認してください。ローン残高よりも売却額が安く、またその差が激しいときは売ってもデメリットが多くなってしまうかもしれません。売ることが決まったら、車の所有者の確認をおこないます。

 

所有者が自分でない場合は名義の変更をおこない、自分である場合はそのまま売却という流れです。車を売る際にそろえる書類の種類は普通自動車と軽自動車で異なります。取得に時間がかかることもあるため、事前にいくつかそろえておくことがおすすめです。

 

車を高く売りたいときは車内の掃除をおこなうと買い取り額が上がる場合があります。また、いくつかの店舗で査定をおこない買い取り額を比較してみると、より高く買い取ってくれる業者を探すことができます。ネットにて車の買い取り額の査定が可能ですので、車の売却で悩んでいる人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

査定額の比較は弊社サイトをご利用ください。フォームから必要情報を入力するだけで複数社の一括査定依頼が可能です。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ

.