車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

車検切れでも買取はあまり関係ない

最新情報・レポート

車検切れでも買取はあまり関係ない

車検がたっぷり残っている車と、切れている車、査定時には、多少の影響が出る可能性はありますが、「ほとんど無視して良い程度」と考えておきましょう。その最大の理由は、「業者はプロであるため、車検を安く通す方法をいくつも知っている」という点にあります。つまり、業者が新たに車検を通す場合でも、利益を圧迫するコストにはならないため、「車検が切れている=特に問題ない」と考えるのが一般的なのです。これらのことを踏まえれば、こちらが査定前に車検を通す意味もなくなってしまいます。記述の通り、業者は安く車検を通す方法を知っているため、コスト的な負担がほとんどありません。したがって、こちらが車検を通しておいたとしても、業者がそれを大きなメリットとして考えることはないのです。つまり、「査定額がアップすることはない」と認識しておくのが一般的でしょう。むしろ重要なのは、「普段からの手入れ」となります。買い取られた車は整備に回され、商品として売れる状態にまで戻す必要があります。この時にかかる時間とコストは無視できるものではなく、「状態が悪い=高額査定には結び付きにくい」となるのです。車を査定に出す前には、「状態が良いことをアピールできる武器」を多く用意しておくことに専念した方が賢い選択肢となります。ちなみに、「状態が良いことをアピールできる武器」は、「整備手帳」や「分解整備記録簿」などです。こまめに整備した記録を証明できる武器として、高額査定ゲットに大きく近づけることでしょう。お車の売却でお困りの場合は、「車買取価格君」まで、一度ご相談ください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.