車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

農機具を処分したい人は必見!故障した農機具も賢く処分する方法とは

最新情報・レポート

農機具を処分したい人は必見!故障した農機具も賢く処分する方法とは

eaf810fb17241477ac88f3664a09d7fd_s

 

農業をしている、もしくは過去にされていた人で家の倉庫に使わなくなった農機具が眠っていたりしませんか?

 

「農業を引退してしまった。」

「親から相続した農機具だけど農業をする予定もないし、処分にこまっている。」

「倉庫の中を整理したいんだけど農機具の処分って大きいし廃棄処理でスクラップにするにしてもお金かかるだろうし…」

と悩んでいる人もいるでしょう。

 

今回はそんなトラクターやコンバイン、耕うん機などの農機具について、どのような処分の方法があるのか。廃棄以外に回収や買取などの方法を紹介していきながら、おすすめの処分方法もご紹介させていただきます。

 

これを読んで、どうすればよいか悩んでいる農機具を処分してスッキリ整理していきましょう。

 

 

 

▼農機具を処分する方法はいろいろあります

 

まずトラクターやコンバイン、耕うん機などの農機具の処分方法は以下の方法が考えられます。

 

・農機具店に引き取ってもらう

・スクラップ業者に依頼して解体し廃棄してもらう

・リサイクル業者に回収してもらう

・知人やネットオークションなど個人間で農機具を売買する

・農機具専門の買取業者に買い取ってもらう

 

農機具の処分は大きく分けて考えると、「捨てる」か「売る」かのどちらかになるといえます。もちろん捨てるくらいなら売りに出したいし、売るなら高く買い取ってほしいものです。

 

この中で最も効率がよくて高く買い取ってくれる方法はどれかといいますと、それは「農機具専門の買取業者に買い取ってもらう」方法になります。

 

ではなぜ農機具専門業者に買い取ってもらうのが農機具の処分としてよいのでしょうか。他の方法について説明させていただきます。

 

▼【農機具の処分方法1】新たな農機具を購入予定なら…

【農機具の処分方法1】新たな農機具を購入予定なら…

 

農機具を処分するだけではなく、新たな農機具への買い替えを検討している場合もあります。その際は購入した農機具店に下取りに出す場合が多いです。では古い農機具を下取りに出す場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

●農機具を下取りに出す

下取りにだせば、手間もかけずに不要になった農機具を売って処分できます。新しく購入した農機具を置くスペースを、手間なくすぐに作りたい場合なこの方法が適切であるといえます。

 

農機具屋さんに下取りを出す場合、見積りで比べられることなく買い取れるので買取価格が低い場合があります。

 

買取価格が低くなってしまう理由としては、農機具屋さんは地元密着型が多いので、買取後の販売ルートの狭さや売値価格の比較がしずらいというところもあります。つまり買い取ってもその後の需要が少ないので、結果的に買取価格が下がってしまうのです。

 

下取りの場合は、搬出や輸送にかかる費用を店側が負担してもらえたり、乗り換えの手続きを代理で行ってくれるというメリットがあります。買取査定が低くなってもその分の買い替えの手間が少なくなるなら大丈夫。という人にはオススメになります。

 

▼【農機具の処分方法2】農機具を廃棄したいなら…

 

農機具を捨てる選択をする場合、その方法は3つあります。

「農機具屋に引き取ってもらう」

「スクラップ業者に解体してもらう」

「リサイクル業者に引き取ってもらう」

になります。

 

この3つの廃棄方法はどのような場面で利用するのがよいでしょうか。順を追って説明させていただきます。

 

1)農機具屋に引き取ってもらう 

農機具店に引き取ってもらうのは買い替える場合と同様、農機具店は地元密着型が多いので、身近な場所で行う手段となります。

 

農機具屋に引き取ってもらう場合、販売市場が狭い場合が多く、また見積りも相見積りにならない場合が多いので、買取価格が低くなりがちです。また農機具が故障している状態での買取りは、買取価格がつかない場合もあります。

 

つまり、引き取った農機具屋が中古販売しても買い取ってくれるお客様が少ない地域の場合は、買取価格が低くなってしまうということです。

 

農機具の買い取りは多少の値段で買い取ってくれますが、買い取る際に回収費用を請求されてしまいます。このためあまりよい売値で売れない場合が多く、農機具が古かったり故障している状況などでは、回収費用の方が高くなってしまうかもしれません。

 

2)スクラップ業者に解体してもらう

捨てる選択肢として思いつくのが、スクラップ業者への廃棄依頼です。スクラップ業者に依頼するにしても、農機具は大きな機械です。廃棄処分にする場合、引き取りに来ての移送量や廃棄処理費がかかってしまいます。

 

状況によってはスクラップ業者の中には無料で解体をおこなってくれる業者もありますが、その場合は直接持ち込まなければならず手間がかかります。農機具が全く使えない状況でない限り、いきなりスクラップにするのは考え直した方がよいです。

 

3)リサイクル回収業者に引き取ってもらう

リサイクル回収業者に依頼する場合は農機具店に依頼するのと似た状況になり、買取価格は比較的低く、また回収作業に料金が発生する場合があります。

 

またリサイクル回収業者は、農機具屋と比べて農機具の買取を専門にしていないこともあり、買取価格が低くなりがちです。農機具屋に引き取ってもらう場合と同様で、あまり買取りの値段で利益を得ようと考えない方がよいかもしれません。

 

▼【農機具の処分方法3】農機具を売りたいなら…

【農機具の処分方法3】農機具を売りたいなら…

 

農機具を捨てる以外にも売りに出す方法があります。売りに出す方法は以下の通りです。

 

「ネットオークションを利用する」

「農機具専門の買取業者に依頼する」

 

となります。ではこの売りに出す方法には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

1)ネットオークションを利用する

ネットオークションは個人間で売買するやりとりになります。出店した農機具を欲しい人がお客様となり、直接やりとりしますので、信頼性も高く、付き合い方次第ではその後の交流のきっかけにもなります。

 

ネットオークションは交渉後の手続きや名義変更等の手間がかかってしまいます。すべて個人単位でのやりとりですので、買い取ってくれた人が遠方の場合は移送費がかかってしまう場合もあります。

 

また農機具をネットオークションに出店したからといって、すぐに欲しい人が見つかる保証というのはなく、買い手が見つかるまで長い期間かかってしまうおそれもあります。

 

2)農機具専門の買取業者に依頼する

農機具専門の買取専門業者に依頼する場合はどうでしょうか。

 

まず業者に買取依頼をしたら、業者が無料査定をしに来ます。その際の査定価格は比較的高くなる場合があります。査定価格が高くなる要因としましては、以下の点が挙げられます。

 

・買取後の販売ルートが世界中にあり、日本製の農器具への需要が高い。

・見積りを依頼するときに複数の業者で相見積もりをとれるので、適正な価格で買い取ってくれる

 

世界でみると日本製の農器具は東南アジアを中心に需要が高いですので、故障している状態であっても買い取ってくれる場合があります。

 

買取り査定をしてくれるまで日にちをおくこともあるのですが、業者によってはすぐ査定してくれるところもあります。いろんな面で自分にあった業者を選ぶことができるのも専門業者に依頼するメリットのひとつとなります。

 

使わなくなった農機具の処分だけでなく高価で買い取ってくれて、農機具の引き取りやその後の手続きでやってもらえるのです。手続きの手間が負担になる人や、より高く農機具を売りたい人には方法が一番オススメになります。

 

▼まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

使わなくなった農機具の処分といってもさまざまな方法があります。専門業者に依頼するにしても、地元の農機具屋さんに依頼したり、リサイクルショップやスクラップ業者に任せるなど、自分にあった方法を選んでください。

 

自分の家に眠っている農機具を使わないままで放っておくのは、もったいないと思います。地元の農機具屋やリサイクルショップに相談するのもひとつの手ですが、ネットをご覧になっているついでに一度、農機具買取専門業者を調べてみてはいかがでしょうか。

 

きっとご満足いただける答えが見つかるはずですよ。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7648

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

車買取価格君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

.