車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

パーツやオプションによる査定への影響

最新情報・レポート

パーツやオプションによる査定への影響

事故車でないことや走行距離の少なさ、車の清潔さなど本体の状態が査定額に影響することはよく知られていることですが、パーツなども良い悪いに関わらず、査定額に影響することはご存知でしょうか。例えば、購入後にパーツを取り付ける人は当然いるでしょう。これがメーカーの純正品であるか、そうでないかでは変わってきます。というのも、そもそもパーツの取り付け自体が好みの分かれるところですよね。その段階でどうしても購入する層が「パーツを付ける人」に限られてきます。そして、パーツには個人の好みがあるため、ここからまた購入層が変化するようになるわけです。パーツをつけるといっても純正品がいいという人の方が多くいるのか、そうでないものがついているとグンと購入者が減ってしまい、結果査定額がアップしなくなるというわけです。利益となるか否かが査定のポイントということですね。とはいえ、業者によってはどんなパーツでも付いていることを評価するところも存在します。純正品じゃないからダメと諦めず、まずは自身の車の相場を確認してみましょう。また、純正品のナビや電動スライドドアなどの購入時につけてもらうようなオプションもプラスに働く他、一部のグレードにしかない限定オプションも当然有効です。あなたの車にどんなオプションがあるのか確認しておくといいでしょう。車を売る予定がある方はぜひ当サイトをご利用ください。一括のお申込みで複数の買い取り業者から見積もりをとることが可能です。あなたの車の相場確認に最適といえます。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.