車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

走行距離と買取価格の関係

最新情報・レポート

走行距離と買取価格の関係

皆さんの車は、今何万kmほど走っていますか?中には10万kmの大台を超えている方も居るのではないでしょうか。昔から車の寿命は10万kmなんてことがよく言われていて、今でも中古車として購入、販売をする際には一種の目安のような物と思われる方も多いです。確かに10万kmも走れば色々な部分にトラブルが起きやすいというのも理由の一つですが、逆に考えれば、10万km走れるように定期的に点検して、部品を交換して適切な管理をされていた車ならば、その後も長く使うことが出来るかもしれない、ということです。
よく、日本で廃車になった車を海外に持って行ったら大喜びされるというのは、日本の車は部品交換をすれば、まだまだ長く使えるということが現れている実例かもしれません。実際には、燃費やライフスタイルの変化で手放す人も一概にいるのですが、10万kmを超えているからといって、決して物怖じせず、中古車として査定を取ってみるのも良いかもしれないということです。
当サイト車買取価格君は皆様からのご相談をいただければ、いつでも複数社の査定を無料で取っていただくことが可能です。ぜひお気軽にご利用いただき、愛車を少しでも高く買い取ってくれる業者を見つける足がかりにしていただければと思います。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.