最新情報・レポート

車が買取できないことも

自動車の買取価格は車の状態や買取業者によって買取価格がに高くなることも安くなることもあります。なので中には買取自体が不可能、という査定結果が出ることもありえます。あまり考えたくはないことですが、どんな車が買取不可能とされるのでしょうか。
まず買取ができないのは状態が悪すぎると判断された場合です。破損や故障の度合いが酷く、修理などを行うとかえって買取業者の負担が増えてしまうという時には買取がされないこともあります。
そして、必要な物が無いからという場合もあります。自動車検証、自賠責保険証明書といった書類の他、鍵をスペアキーも合わせて無くしてしまっている、といった時にはその自動車の査定を行うこと自体が難しくなるのでやはり買取できないと判断されることがあります。
しかし、この2つの場合にはどちらも対応策が考えられます。破損などがひどい車の場合でも、自社の修理工場を持っていたり鉄くずとしての利用が可能な業者であれば買取を行ってくれることが多くあります。必要書類についても、ほとんどの書類は発行元に問い合わせれば再発行をしてもらうことが可能ですし、鍵は購入時のディーラーに問合せるなどすれば相談に乗ってくれることもあるのです。
自動車の買取業者は時に買取ができないという査定結果を出すこともありますが、その理由は解決できることもあります。色々な方法や複数の買取業者を利用して満足いく査定結果に近づけましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.