車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

この車は査定してもらえるのか

最新情報・レポート

この車は査定してもらえるのか

自分で好みにカスタマイズし、自動車に好きなキャラクターを描く「痛車」というものがあります。
これは自分の愛情表現の一つではありますが、たまに街中でみるとかなり目を引くものですよね。
しかし、さまざまな事情でこの愛車を手放さなければいけない時がきます。
そんな時に思うのがこの車は廃車にするしかないのかという考えがよぎります。
痛車とはいえ普通自動車と一緒の価値をもっていたりするので、買い取りしてくれる業者もあるようです。
査定は中古買い取りと同様の鑑定がされます。査定額が出された後に痛車という減額がされるのです。
今の痛車はカッティングシートにイラストが描かれており、それを貼ってあるものが多いようです。減額はこのシートを剥す為の金額が引かれるというわけです。すなわち痛車を普通自動車に戻す費用が減額されるということになります。
ではカッティングシートを自分で剥す事はできないのかと思いますよね。シール系のものに関しては市販のシール剥しでとれることが多いです。しかし車自体の塗装を傷つけがちなので注意しなければなりません。他に専門の業者に頼むという手もあります。
業者の中にはそのままで買い取りしてくれるところもあるようです。また痛車の多くは手入れが行き届いてることが多く、車内のステレオも評価してくれる業者もあります。
業者によって評価もかわるのでいくつかの業者で買取査定をしてもったりするのがよいでしょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.