車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

輸入車と国産車の買取の違い

最新情報・レポート

輸入車と国産車の買取の違い

最近町中を走る車を見ていると、見慣れないエンブレムを付けた車が増えたと感じる方もいるかもしれません。見たことがあまりないエンブレムの車の中には、輸入車もかなり多く含まれています。
輸入車というと、なんだか高級車のイメージがありますが、最近では日本市場にも対応できるコンパクトカーなども増えていますから、意外とお手頃な値段で購入できる車もあるようです。
実際に輸入車をお持ちの方もいるかもしれませんが、お乗りの車を売却する際、国産車と査定額が大きく違ったらどうしようとお考えの方もいるでしょう。

輸入車は一般的に、維持費が高いと言われています。修理や保険の掛け率が国産車と違う場合がありますし、日本車ほどハイブリッドシステムを搭載している車種もないので、ガソリン代もかなり掛かる車もあります。
しかし、衝突性能が高く、自動車事故の際は安全性が高いものもあるなど、輸入車には輸入車の良い点がありますので、中古車でも人気が高いそうです。

また、自動車の中古買取業者により、自動車買取り料金が違う場合がありますから、幾つかの業者を比較して、一番条件が良いところに売るようにするのも、輸入車を売却する際のコツだそうです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.