最新情報・レポート

査定する時のポイント

車を査定する時、主に何をチェックしているのか気になりますよね。ボディカラー査定金額を大きく左右する要素であり人気のあるカラーほど査定金額が高くなる傾向があります。ボディの傷ヘコミや汚れ、ランプ類やアンテナの破損なども重要な査定ポイントになります。内装においては、シートやフロアマットなどの汚れは交換が必要と判断されれば査定金額が下がる可能性もあります。タバコやペット臭においては査定が下がりがちになります。走行距離においては、車の平均的な年間走行距離データをもとに、年式と総走行距離から割り出された年間走行距離が大幅に距離が上回っていると査定が下がることもあり逆に下回っている場合は査定が上がる期待ができます。エンジンにおいては、異音をはじめオイルやプラグの状態、改造パーツや修復歴の有無などを確認します。エンジンをオーバーホールしていたり載せ替えたりしている場合は申告すると査定がアップになる場合があります。定期点検整備記録簿や取扱説明書などの書類関係が有るか無いかにより査定金額に差が出ることがありますので必ず保管しておかなければなりません。これらの点に注意して査定を受けてみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.