最新情報・レポート

リサイクル料金の証明

2005年に自動車リサイクル法が施行され、これ以降に販売された自動車は購入時、それ以前に販売された自動車は車検時、あらかじめ「リサイクル料金」を支払う必要が出てきました。しかし「あらかじめ預けておくお金」という性質上、買取などで所有者が移る場合は車体価値に加えてリサイクル料金分を受け取る権利があるとされています。
では、リサイクル料金を支払っていることを証明するには何が必要となるでしょうか。
リサイクル料金を支払うと「リサイクル券」が発行されるため、それが証明用の書面とされています。この券は車検証とともに保管することが推奨されていますが、なくしてしまった場合再びリサイクル料金を払わなければいけないかというと、そうでもないようです。
リサイクル券をなくしてしまった場合でも料金が支払われていることを確認することのできるwebサイトがあり、車両情報などを入力して出てきたページを印刷することで証明に代えることができるとされています。
自動車買取を依頼する際はリサイクル料金が買取価格に含まれているかも確認して、比較をする必要があるでしょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.