車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

ボディーカラーによって査定価格が変わる?

最新情報・レポート

ボディーカラーによって査定価格が変わる?

皆さんは車のボディーカラーが買い取り価格に影響を与えることがあることを知っていますか?現在市販されている車にはさまざまなボディーカラーが設定されています。モノトーンカラーである白や黒、銀は定番の色として幅広い車種に設定されています。会社の営業車として車を使う場合はこのようなモノトーンカラーが好まれています。赤や青も様々な車種で見ることができる色です。環境性能が高いハイブリッドカーやコンパクトカーにはエコの印である緑がよく設定されています。また、女性向けに開発された車種ではピンクや茶色など女性好みの色がよく設定されています。金色や黄色などの珍しい色が選べる車種もあります。このように、様々な色が車のボディーカラーに設定され、新車で車を買うときは自分好みの色に設定することができます。しかし、車を買い取りに出す場合、色によって買い取り価格が変わることがあります。白と黒、銀は乗る人を選ばないベーシックな色なので、中古市場では人気の色になっています。赤や青も人気の色だといえるでしょう。車を頻繁に乗り換えるようなときは、中古市場での需要も考えて色を選んでみるのも良いかもしれませんね。また、車の売却を考えるときは、買い取りを行なっている業者に査定をしてもらいましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.