車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

査定でよく見られるところ

最新情報・レポート

査定でよく見られるところ

愛車を手放すとき、少しでも高い値段で買い取ってもらいたいですよね。実際に車を査定に出すと、どんなところがよく見られているのか、気になりませんか?ここでは、中古車の査定で主にチェックされやすいポイントを紹介します。まずほとんどの場合、最初に目に入るのが外装です。ここに傷や汚れ、へこみなどが無いかどうか、またランプやアンテナ類などに破損が無いかというところは重要なチェックポイントといえるでしょう。反対に、ボディが人気のある色だったりすると、査定の金額が上がる可能性もあります。次に、内装です。体を預けるシート、フロアマットなどが汚れていると、交換が必要になる場合があり、査定金額にも影響することがあります。また、タバコの臭い、ペットの毛や臭いが付着していないかどうか、しっかり見られているのです。続いてチェックされるものに、走行距離があります。これは普通車の年間走行距離の平均がおよそ10,000キロメートル、軽自動車ですと8,000キロメートル、と一般的な基準がありますから、この基準を大幅に上回っていないかどうか見られているのです。また、エンジン周りに異常が無いかどうかも査定の重要なチェックポイント。オイルやプラグの状態がどうなっているか、くまなく見ていきます。最後に、車の関係書類も忘れずに用意してくださいね。取扱い説明書などは、次に使う人に愛車を気持ちよくバトンタッチするためにも大切な書類といえるでしょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.