車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

その傷は自動車査定に影響するのか

最新情報・レポート

その傷は自動車査定に影響するのか

「もう、その自動車に乗る予定が無い」「新しい自動車が欲しいので、今乗っている自動車を売って購入費用に充てたい」自動車を売る理由は人それぞれですが、「高く売りたい」という思いはおそらく共通しているでしょう。しかし、自動車に乗っていれば徐々に劣化していきますし、傷や錆なども増えていきます。もちろん、このような傷は無いに越した事はありませんが、完璧に防ぐ事も困難です。このような傷は、自動車査定にどう影響するのでしょうか。
結論から言えば、傷が多ければ査定額に影響を及ぼします。買い取られた自動車は、中古車として再び店頭に並びます。もちろん、売る側も買う側も、綺麗な自動車を望みます。そのため、傷が多いほど査定額は安くなっていくでしょう。
しかしご注意ください。無理に修理しようとすれば、かえって自動車を汚してしまったり、さらに傷を増やしてしまう事があります。そうなれば、査定額は更に安くなってしまうこともありえるのです。かといって、業者に依頼して徹底的に傷を直せば、その修理費用が高額になってしまうことも考えられます。
どうすればいいのかわからないという方は、そのままの状態で査定を受けてみてはいかがでしょうか。非常に細かい傷なら査定に影響しないケースもありますし、傷の有無が査定額に大きな影響を与えないケースもあります。当サイトは複数社への一括査定依頼が可能となっていますので、ぜひご活用ください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.