最新情報・レポート

改造車は売れるのか?

今の時代、車は単なる移動の道具ではなくなっています。人によっては車内を飾ったりする事もありますが、さらに自分の好みに合わせて改造することもあります。マフラーの切断や灯火の色を変更する事は不正改造として法律違反となりますが、法律の範囲内で改造を行っていてもデメリットが発生することがあります。それは、「車を売る際にマイナス査定になってしまう」ことです。車を改造する事は、車の持ち主にとっての愛情表現の一つ。お金をかけて改造を施したとしても、それが車の売却の際にプラスに働く事は滅多に無いのです。
車を高く買い取ってもらう際、重要なポイントとなるのが「大衆受けするか否か」という点です。改造車は自分好みに改造するため、大衆向けという点では大きく劣り、結果的に査定額も低くなるのです。もしも改造車を売るのでしたら、不本意かもしれませんが、元の姿に戻すべきでしょう。そして大切なのが、元が改造車であった旨を伝えることです。改造の方法によっては、本来あるはずのパーツが外されている事もあります。そのままですと事故車の扱いを受けることもありますので、素直に説明して理解してもらった方が良いでしょう。
車を売る際にお勧めなのが、複数の業者から一括査定を受けることです。そうすることで大まかな相場を知り、高く買い取ってくれる業者を見つけることができるのです。ひょっとしたら、中には改造車の買取に強い業者が見つかるかもしれません。まずは一度、当サイトよりお試しになってみてください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.